忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

プリンセス・プリンセス第5巻_つだみきよ

つだみきよ『プリンセス・プリンセス(Princess Princess)』第5巻

「金持ちの転校生・御鷹・C・統威が生徒会選挙に立候補したことで、坂本秋良当確と思われた選挙は学校を二分した戦いとなる。御鷹の高圧的な態度に腹を立てる亨と裕史郎は、秋良を応援するため姫の力まで使いはじめる。しかし当の秋良は相手の御鷹に好感すら抱いていた。そんな彼の姿を見て御鷹は戸惑うのだが・・・」
新書館------ウィングスコミックス-----2006年------530円

連載終って随分たって、今更になってしまいましたが、『プリンセス・プリンセス』を全部読み終わりました。なんか自分でも思っていたより時間かけてしまいましたね。実はアニメやってたころに単行本を3巻まで読んだ段階で、残りの単行本もすでに買っていたつもりだったので、その残りの巻がどこにあるのかが分からず、いつか見つかるだろうということで放置だったのですが、結局無いということが判明して買いました。なんだったんだ・・・。

このお話も5巻で一応の終わりということになります。『姫』の仕事は一年生の仕事なんで、二年生になることで終わり、という形です。最後のラストステージをキチっとしあげて有終の美を飾った、と見て良いのかな。4巻5巻は、文化祭編(番外編的部分含め)、生徒会選挙編、裕史郎帰郷編、ラストステージ編という感じです。
PR
フラワーオブライフ第1巻

よしながふみ『フラワー・オブ・ライフ』第1巻

「かつて白血病を煩っていた花園春太郎(はなぞのはるたろう)は、一ヶ月遅れで高校に入学する。彼はきっぷのいい性格であっという間にクラスに馴染むが、中でも近くの席になった三国翔太(みくにしょうた)と親しくなる。しかし、三国の友達でもある真島海(まじまかい)とはその強烈な個性ゆえに微妙な関係となる。どうやら三国と真島はともにオタクらしく、三国の入っている漫画研究会に入った春太郎は、彼らと一緒に漫画を作っていくことになるのだが・・・」
新書館------ウィングスコミックス-----2004年------520円

よしながふみ氏の良作。全4巻。
漫画を描く少年少女を中心に、何気ないやりとりから本当に大事なものについての話までを綺麗にまとめるその技量に驚きます。
よしながふみ氏のオタク的趣味をかなり表面に出した感じもしますが、漫画を描く事についての熱い情熱みたいのも感じました。
最近は、とらのあなに行っても漫画買わなくなりました。本当に欲しいのだけ。今は手持ちの漫画でまだ読んでないのを優先してます。

『君の優しい手』(山内規子)がいい。『Rosemystery』掲載。しかし、他の単行本の中古本が謎の高い価格になってますね。レア本なのかな? 読んでみたいけど・・・。

前の『ラブレボ(恋愛Revolution)』に載ってた『 小悪魔ヌーディスト』(岩清水りさこ)もよかった。この雑誌侮れない。

『コミックブレイド』で中島かずき&高冶星『LOST SEVEN(ロストセブン)』という作品がはじまるようです。高冶星氏は韓国の漫画家でアニメ『イノセントヴィーナス』のキャラデザの人ですね。

この前、少し古い漫画で『救急ハート治療室』(沖野ヨーコ)という漫画を読んだんですが、非常に最低でした。あまりにも陳腐な言動で主人公が大変ムカつきます。最後の方はまともに読めませんでした。しかし、この漫画なぜかテレビドラマ化までしてるという。知らなかった・・・なんでこんなのが?

ソウルキャリバー4_ソン・ミナ(Nakenashi Windom)
かっこええ。

---------------------------
買っておいて放置してた。けど早く読めばよかったよ。

お振るいあそばせ


鈴木有布子『お振るいあそばせ!』

「元女子校の聖邦に通うお嬢様のさくら。彼女はいろいろな要素のせいで振られ続けているのだが、男の子に恋することが彼女の原動力となっていたため、どうもテンションがあがらない。しかし、同性に好かれないタイプのさくらの唯一の友人の空の兄がこの学校に臨時採用でやってくるという。空から、どうせならその兄・大地を好きになってみたらと言われたのだが・・・」
新書館---------ウィングスコミックス-------2006年------530円

『旬(いまどき)』や『罪と罰(つみとばち)』の鈴木有布子(すずきゆふこ)氏の初期短編集。表題作『お振るいあそばせ!』だけが『旬』以降で、それ以外はそれ以前の作品。「キリエの場合」「ゆうなの場合」、「夜明けまえ」、あと「お振るいあそばせ!」の番外編「ごめんあそばせ」が2本。


久世番子『ふたりめの事情』

「毎年帰る母の故郷・月里へ受験勉強のために帰省しなかった小田帷澄(おだいずみ)。そんな彼の前に現れた幽霊は自分そっくりの姿をしていた。そいつが言うには自分は生まれたその日に死んだお前の双子の兄弟・安澄(あずみ)だというのだ。月里に今年は来ないのでこっちから来てみたらしいのだが、帷澄はどうにもペースを乱されてしまい・・・」
新書館-------ウィングスコミックス-------2006年-----530円

『暴れん坊本屋さん』の久世番子氏の初期作品。デビュー作『NO GIRL, No LIFE!』も巻末に収録。
勉強も人付き合いもうまくいかない帷澄は、ユーレイだけど何事もテキパキとこなしてしまう安澄を見て、自分なんか生まれなきゃよかったんじゃないか、とか悩み出します。そのうち自分の心のカラの中に籠ってしまい、意識を失ってしまうほどに。しかし、安澄は彼の心の中に入り、はっきりと「そーゆーヤツは一生言い訳していろよ」と言い切ります。逃げ道を自分で作って逃げることを指摘されガバっと立ち直り、それ以後、この幽霊の兄弟との同棲・・じゃなく一緒の生活がはじまります。(まあ、お母さんはいますが)
この幽霊となってしまった安澄の存在がなかなか面白く、なんかまるで死んでないみたいにしっくり日常の中に入ってきています。母親の再婚に怒ったり、女の子に好きになられたり。小田家の諸問題の話になりつつも、双子の片方が幽霊であることを最大限にネタと絡ませ上手く物語を展開させています。
『暴れん坊本屋さん』とはまた違ったテイストの作品で(あえて言えば新書館的漫画)、デビュー作ともども大変楽しませていただきました。
アニメ化もしました。

プリンセスプリンセス01つだみきよ


つだみきよ『プリンセス・プリンセス』第1巻

「高校一年生の高野亨(こうのとおる)は、男子校である藤森学園へワケあって転校してきた。しかし、どういうわけか歓迎ムードの中ではじまった彼の学園生活は、なにやら変な方向に転ぼうとしていた。この学校には女装男子が『姫』として男子生徒たちを応援し、癒すという制度があるという。結構綺麗な顔立ちをした高野はこの『姫』に選ばれてしまい・・・」
新書館---------ウィングスコミックス--------2002年--------520円

つだみきよ(蔵王大志)氏の大人気漫画シリーズ。女装倒錯露出プレイ、ギリギリの恥辱プレイを受けるかわいい男の子たちの素敵な学園ライフ!
綺麗な顔の男の子たちが女装して他の男子たちを癒すという「姫」制度がある藤森学園。ここに転校してきた高野くんが、その顔のせいで選ばれてしまい、いろいろな特典をエサに前向きに学園女装ライフに取り組んでいくというお話。
今度、『ネギま!』が実写ドラマ化されるそうですが、なんか主役の女の子(ネギ役・柏幸奈)が、自分と20歳くらい違うので吃驚した。もう自分はそんな歳なんだと嫌になった。...orz

---------------------------

新シリーズがはじまった『パーム』シリーズです。とうとう30巻になりました。

PLAMパーム30巻_蜘蛛の紋様01獸木野生

獸木野生(けものぎやせい)『PALM(パーム)』30巻・「蜘蛛の紋様(Art of Spider)vol.1」

「語られるオーガス家の過去。カーターの出生とその過去が生み出した悲劇と、物語の序章でもある、JBに関わる人々の人生の話・・・」
新書館----ウィングスコミックス---2007年---530円

すでに25年もの長期にわたり連載している大河ドラマ作品『PALM』の最新刊。
「『蜘蛛の模様』が始まったらPALMは終わる」と帯にもある通り、物語の最後に向けての話がはじまったようです。終わりの始まり。この予告は20年前にされていたということで、この伸たまき=獸木野生氏の物語構成力の凄さには驚かされます。(そうだ、もうこの漫画20年くらい読んでるんだ。そりゃ歳もとるわな)

頭を横にすると頭痛がするんです。風邪? 気をつけないと。

伸たまきこと獸木野生氏の傑作漫画『PALM』の新シリーズ「午前の光」の2冊目にあたる第28巻が発売されました。だいたい一年に一冊のペースという感じになるのか?

パーム第28巻

獸木野生(けものぎやせい)『PALM(パーム)』第28巻「午前の光2」

「ジョイと婚約したことでカーターを悩ますジェームスだが、ネガット関係のマフィアとの繋がりがまたまた問題となることに。証言のことも含めカーターはジェームスに普通の生活を送って欲しいと考えるが、ジェームスは本格的に対策を打とうとしていたのだった・・・」
新書館------ウィングスコミックス------2006年-----530円


パームシリーズもやっとネガットとの関係に言及しだしてきました。な、長い。この漫画のことを知ったのは比較的遅くて十数年前なんですが、シリーズ自体がえらい古くからやってますから初めて買った時にはすでに何冊も出てたんですよね。それでいながら今でも面白いというのはホント凄いです。
うう、最近喰いすぎで見たこともないくらいお腹が張れてます。

それはともかく。
長編漫画『パーム』シリーズの最新刊、『午前の光3』が出ました。

獸木野生(伸たまき)『パーム 29 午前の光3』

獸木野生(伸たまき)『パーム 29 午前の光3』

「女刑事キャラハンの前に現れたマフィアの幹部ネロ。ネロはキャラハンに、マイケル・ネガットことジェームス・ブライアンとの面会を設定するように要請する。彼が言うにはマフィアのボス、アーサー・ネガットが死の床についているという。しかし、ジェームスとの面会をするのはネガットではなく、ジェームスの父親ではないかと疑われている別の幹部ゴアとだった。これにジェームスは応じるが、カーターはこれに反対し・・・」
新書館-----2006年---530円

とうとうパームシリーズもここまで来ましたよ。ちなみに今回で「探偵篇」が完結だそうです。
ずっとジェームスを苦しめてきた、叔父のアーサー・ネガットが死にます。しかし、物語はまだ続きますよ。アーサーが最後のボスというような単純な話じゃなかったんですよ。
むしろ、アーサーが死んでその影響で、もう「探偵の助手」程度の存在でいられなくなったジェームスが、この後どんどん大変なことに巻き込まれてきそうです。スケールがさらにでかくなる予感。今までの前振りである、さまざまなイメージシーンや未来についての情報が、どうやってクリア・発展されてくるのか、楽しみです。
部屋の中にあまりにも本がありすぎて、平積みがそこかしこにしてあるわけですが、このPCのある机から、敷いてある布団のところのある所まで行くには、平積みした本で出来た「壁」(高さ70センチくらい)を、またぎ越えないといけません。
・・・なんだこの部屋。

それはともかく。
たぶん、ウンポコの中で1番名の通った作品がこれ。

暴れん坊本屋さん第3巻

久世番子『暴れん坊本屋さん』第3巻

新書館---------2006年----640円

本屋で働く漫画家・久世番子のドタバタ本屋エッセイ。
今度は配本・パブリシティ・イベント・スリップ・分冊百科・帯・乱丁落丁・増刷・ランキング・営業といったネタ。相変わらず笑わしてくれます。
帯の話は非常に笑えました。自分も、帯取ったらえらい驚いたもの見たことありますし。『鉄車帝国』もそうだった・・・。やはり隠すのは尻か。

パブリシティの話でテレビの力は凄いな、とか思いますが、配本はなかなか厳しそう。よく、ラノベの感想ブログとかで、書店員さんが書いてる場合があるのですが、そういった人たちも配本されなくて辛い、みたいな話書いてます。本の流通の問題で、売れるべき時に売れず、売れない時に余るとは。
番線_本にまつわるエトセトラ_久世番子

久世番子『番線—本にまつわるエトセトラ』

「かつて本屋で働いていた漫画家・久世番子。本を愛するが故に人はこうも、奇行に走るのか? 作者が本に関するさまざまな事柄について描く!」
新書館--------ウンポコ・エッセイ・コミックス----------2008年-----------640円

「暴れん坊本屋さん」で一躍知られるようになった久世番子氏。本屋で働いていた経験もいかしつつ、本に関するさまざまな現実に迫る。
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]