忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[1]  [2
石川マサキ『13GAME』第1巻

石川マサキ『13GAME』第1巻

「手品が得意な高校二年生・雨宮晃太(あまみやこうた)は、ついに決意をかためて片思いを続けていた美空日和(みそらひより)に告白することにした。しかし、自分の額に不思議な数字が現れ、自分が謎のゲームに巻き込まれたことを知る。一度死んで刻印者(ナンバーズ)となった晃太は、生き返るため襲いかかる刻印者と超常的な能力を使って戦うことを余儀なくされ・・・」
マッグガーデン---------------ブレイドコミックス------------2012年-------------571円

ひぢりれい(ヒヂリレイ)こと石川マサキ氏の一般向け作品の新作が発売になりました。現在「コミックブレイド」で連載中の作品で、別世界の存在たちによってゲームの駒とされてしまった少年少女たちが、蘇るために戦い合う異能バトル漫画です。
PR
別天荒人『トーキョー・ガールズ・デストラクション(TOKYO GIRLS DESTRUCTION)』第1巻

別天荒人『トーキョー・ガールズ・デストラクション(TOKYO GIRLS DESTRUCTION)』第1巻

「21世紀がはじまって20年。乱れきった日本の若者たちを憂いた初代女性総理大臣の提唱によって太平洋上の人工島に作られた、外部と一切隔離された女子高『天尊(あまぞん)学園』に、一人の少女・雨洲九未(あめすくみ)が転校してきた。彼女はこの学園で死んだ雨洲十和の妹で、知ることのできない姉の死の理由を探るためやってきたのであった。しかし、淑女を育てるエリート教育を標榜しているこの学園が、実は異常な状況にあることを知り・・・」
マッグガーデン-------------MAC Beat's SERIES----------2012年------------571円

「web comic Beat's」で連載中の別天荒人(べってんこうと)氏の新作「トーキョー・ガールズ・デストラクション」の第1巻です。
松本規之『南鎌倉高校女子自転車部』第1巻

松本規之『南鎌倉高校女子自転車部』第1巻

「坂ばかりの街・長崎から、鎌倉へと引っ越してきた女子高生・舞春ひろみ。彼女はこれから入学する高校に通学のため久々に自転車に乗ったものの、まったく上手く運転することができずに転んでしまう。その時知り合った同級生・秋月巴に手伝ってもらいながら練習するのだが・・・」
マッグガーデン----------BLADE COMICS---------2012年---------571円

松本規之氏が「月刊コミックブレイド」で連載中の女子高生自転車漫画「南鎌倉高校女子自転車部」の単行本第1巻が発売になりました。もともとは同人誌で描いていたイラストだけの自転車レビュー本が連載漫画となった作品。同人誌の頃から買ってたので、こういう展開は嬉しいですね。
たなかのか『タビと道づれ』第1巻

たなかのか『タビと道づれ』第1巻

「とある路線に乗って終点駅の緒道駅へと降り立った少女タビ。そんな彼女にいきなり話かける警官ニシムラと少年ユキタ。彼らはタビにここにどうやって来たのかを訪ねる。はじめは意味が解らなかったタビだが、この土地が不思議な現象により閉ざされた空間だと知り・・・」
マッグガーデン------------ブレイドコミックス-------------2007年---------562円

「月刊コミックブレイド」で連載していた作品「タビと道づれ」を読んでみました。作者はたなかのか氏。全六巻。
flat(フラット)第1巻_青桐ナツ

青桐ナツ『flat(フラット)』第1巻

「お菓子好きな高校男子・平介は、他人に興味の無い超マイペース人間。ある日、調理実習が無くなったため、やる気を無くして早退した彼は、自宅に帰ったのだが、そこで彼は、無口ででおとなしい幼い少年に出迎えられる。それは久々に会う従兄弟・秋くんで、秋の家の用事でちょっと預かることになったのだった。だが、翌日には母親も用事とかで出て行くことに。秋の世話を任された平介だったが・・・」
マッグガーデン------BLADE COMICS avarus------2008年------571円

身勝手でKYな他人に興味の無い高校生・平介と、従兄弟で超忍耐児のかわいい小学生・秋くんの、ラブラブな関係を描く作品。あ、ラブラブといってもBL系じゃないですよ。
秋君は全然しゃべらないし、はしゃがない非常におとなしい子供で、すごいマジメでいい子です。そんな子なもんで、任された平介もはじめは放っておいたんですが、趣味のお菓子をあげたら、なんか餌付けに成功しちゃったみたいでして、秋くんが懐いちゃったんですよね。純真な秋くんの態度にたじろぎつつも、徐々に仲良くなって面倒をみはじめる平介。こんな二人のやりとりを、たっぷり堪能できる漫画となっています。
Baggatawayバガタウェイ第1巻_古日向いろは

古日向いろは『Baggataway(バガタウェイ)』第1巻

「離島に暮らしていた空木雫(うつぎしずく)は、高校から本土の筑紫学園高等部に通うことになった。青春を謳歌しようと張り切る雫だが、勧誘で見かけたラクロス部に入部することになる。ラクロスそのものを知らなかった雫だが、実家のラーメン屋で鍛えた身体能力で素晴らしい動きをすることになるのだが・・・」
マッグガーデン------ブレイドコミックス-------2009年------571円

たぶん初のラクロス漫画。連載は『月刊コミックブレイド』。
棒の先に網がついたものでボールを投げ合い、ゴールにシュートするというマイナースポーツ・ラクロス。カナダの国技でもあります。元はアメリカ先住民の狩りのための練習ゲームだったとか。
棒(クロス)でボールをぶん投げるため遠心力のせいで最速の格闘球技という結構荒っぽいもの(鼻骨を粉砕することもあるとか)。そんなスポーツを可愛い女の子たちがはじめるという漫画です。そういや、ラクロスというと女子のスポーツというイメージがあります。大学からはじめる人が多いそうですが、マイナースポーツなだけあって、高校でラクロス部そのものが少ないみたいですね。
虐殺魔法少女ベリアルストロベリー第2巻_倉藤倖

倉藤倖&日日日『虐殺魔法少女ベリアル☆ストロベリー』第2巻

「虐殺魔法少女という犯罪者として追いつめられた京(みやこ)は、かつての英雄マリヴェルの孫・和美に助けられた。和美は京の行動に疑問を抱くが京はそのこと自体を気にもしていなかった。そして助けられたことの恩義を返すため、何を考えているのか、よりによって和美の学校を襲撃するのだった・・・」
マッグガーデン-----ブレイドコミックス-----2008年------562円

う・・・打ち切り? 現在大人気のラノベ作家・日日日氏を原作に、倉藤倖氏が描く破天荒魔法少女漫画『虐殺魔法少女ベリアルストロベリー』が全2巻で完結です。
そういや、あんま話題になってないけど、『ナツノクモ』の最終巻が今月出ますね。やーっと出たよ。どう決着つけるのか楽しみでしょうがないです。

あと、最近の『週刊少年マガジン』はスポーツ漫画がやけに多く感じますね。最新号ではじまったアイスホッケー漫画『鉄腕ブレイク』。これで、スポーツ漫画は、「新約巨人の星花形」(野球)「ダイヤのA」(野球)「スマッシュ!」(バドミントン)「あひるの空」(バスケットボール)「はじめの一歩」(ボクシング)「エリアの騎士」(サッカー)「Over Drive(オーバードライブ)」(自転車)「ベイビーステップ」(テニス)「ウミショー」(水泳)の10本ですよ。全体の5分の2くらい? 一昨年から去年まで積極的だったようなファンタジー路線の開拓が失敗して、やりやすいスポーツ漫画に方針を変えたのかもしれませんね。

クリスマスプレゼント 当日 続きの続きの続き(TTT)
もうもう、やきもきしながら見てます。

ことよろ集合絵(HITMANS WEB SITE)

ピロテース(トウヒコウ)

謹賀新年(DAW)
この賀正絵はエロかっこええ。


あー、なんか虚言癖のあるカスみたいな知り合いとどうしたら会わないで済むのか考えてるんですが、今日はもう少しで会うはめになりそうですた。ドキドキ。嫌なら嫌とはっきり断ればいいのですが、強く言えないマミヅクとしてはなんとか穏便に・・・とか思ってるうちにたぶん会わざる得なくなるのでしょう。不愉快なその状況を考えるだけでソワソワしてくる。そんな休日はまったく落ち着かないですね。

---------------------------

なんか、ショップ特典がたくさんついてた。

虐殺魔法少女01


日日日&倉藤倖『虐殺魔法少女ベリアル★ストロベリー』第1巻

「悪魔が地上に出て来て人を支配する世界。そんなこの世に疲れた高校生・恐山京(おそれやまみやこ)は、自殺しようと薬を飲んだところで妖精ジンと出会う。ジンはこの世の悪魔を懲らしめるため、魔法少女候補として京に目をつけ、契約書にサインさせてしまう。死神と勘違いして署名した京は、願ってもないのに魔法少女にされ、エロ恥ずかしいカッコで悪魔と戦うはめに。しかも、それは少々やりすぎてしまったようで・・・」
マッグガーデン-----ブレイドコミックス-----2008年------562円

この画像。おみ足を見るためカバー広げてみました。
天才とも言われる日日日(あきら)氏が原作(シナリオ担当)。作画は『わたしたちの田村くん』のコミカライズでも素晴らしい技量を見せてくれた、倉藤倖(くらふじさち)氏。
魔法少女ものの王道を押さえつつ、魔法少女がかなり性格に問題ありなので、むしろ魔女? とか言いたくなるような感じで、暴走系ギャグとも言えるけど、意外にシリアスな場面もあったりして、楽しませてくれました。
この前2巻買いました。

山田J太『あさっての方向』第2巻

山田J太『あさっての方向』第2巻

マッグガーデン-------2006年----580円

登場する人たちがみんな思い切った行動をとらなくて、ひどくもどかしいです。
へたれ兄貴は当然ですが、からだちゃんももうちょっとハッキリ言わないと・・・。

この2巻を買ったということは、アニメの方は見ないことに決定したということでもあるのですが・・・
他にも見なくなった現在放映中のアニメはこれ。
FATALIZERフェイタライザー_小林立

小林立『FATALIZER(フェイタライザー)』

「中学生の士栗(しぐり)は、図書館近くの公園で出会った少女・宥利(ゆり)と友達になる。それから三ヶ月後、宥利を探す男たちが士栗に声をかけ、不審に思った彼女はそのことを宥利に伝えようとするのだった。しかし、友達のウィルマのもとへ逃げ込んだものの、執拗な追跡は彼女たちを追いつめる。だが、その後現れたのは先の男たちではなく、不思議な力を持つ若者たちで・・・」
マッグガーデン-----------BLADE COMICS-----------2004年-------552円

「咲 -saki-」で大ブレイクした小林立氏ですが、その前に描いていたのがこの「フェイタライザー」です。「コミックブレイド」で連載していました。
カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]