忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
DEATHTOPIA(デストピア)第8巻_山田恵庸

山田恵庸『DEATHTOPIA(デストピア)』第8巻 (ポストカードブック付き 特装版)
(完結)
「唐突にUDを殺され、母と言われたものも死に、呆然とする藤村洸(ふじむらこう)。しかし、東京を壊滅させるという『先生』によるクーデター計画は着実に進行していた。それを阻止するべく、6係は敵の懐へと近寄る術をとるのだが・・・」
講談社---------------イブニングKC-------------2016年-------------1296円

「エデンの檻」の山田恵庸(やまだよしのぶ)氏の「デストピア」最終巻です。この表紙の巻はポストカードブックがついた特装版の方です。
連載は「イブニング」。
DEATHTOPIA(デストピア) 8 特装版(DMM)
PR
光永康則『アヴァルト(AVARTH)』第1巻

光永康則『アヴァルト(AVARTH)』第1巻

「宇宙飛行士のロイド・コスギは、コールドスリープから蘇生されたが、なぜか乗組員はおらず、地球は様相を激変させており、宇宙船のコンピューターは時間が一万年が経過したことをカウントしていた。この異常な事態のヒントは、自分や死んだ乗組員がやっていたゲームかと思われた。そしてゲームにログインしたロイドだったが、そこはかつてのゲームとは違い、異形と神に苦しめられる人々の世界となっていたのだった・・・」
講談社----------シリウスKC-----------2016年---------540円

人々が異形と神に苦しめられる世界にやってきてしまった宇宙飛行士の奮闘を描きます。作者は「怪物王女」の光永康則氏。
連載は「月刊少年シリウス」。
アヴァルト 1(DMM)
光永康則『南Q阿伝』第6巻

光永康則『南Q阿伝』第6巻
(完結)
講談社---------シリウスKC---------2014年-----------600円

光永康則氏の描く「怪物王女」のスピンオフ作品の最終巻。
「怪物王女」に出てきた蜘蛛の姿の神・南久阿(なくあ)が、日本を侵略する外来の神々と戦う話です。
南Q(く)阿伝 6(DMM)
『GUNSMITH CATS BURST(ガンスミスキャッツ バースト)』第1巻_園田健一

園田健一『GUNSMITH CATS BURST(ガンスミスキャッツ バースト)』第1巻

「銃砲店を営むラリー・ビンセントは凄腕の賞金稼ぎ。そんな彼女が仕事で絡むことが多いのは、シカゴいちの運び屋『ロードバスター』ことビーンだった。彼を追ってやってきたパーシー刑事がビーンを付け狙うのだが・・・」
講談社------------アフタヌーンKC-----------2005年-----------514円

園田健一氏が「アフタヌーン」で連載していた名作ガンアクション漫画の続編です。全5巻。
GUNSMITH CATS BURST 1(DMM)
及川徹&貴志祐介『新世界より』第7巻

及川徹&貴志祐介『新世界より』第7巻
(完結)
講談社----------------別マガKC---------------2014年----------------429円

貴志祐介(きしゆうすけ)の小説「新世界より」のコミカライズ全7巻、やっと通しで読み終わりました。買ってはあったけどなんとなく連載の方でだいたい読んでたから放置してた。作画は「インフェクション」の及川徹氏。連載は「別冊少年マガジン」。
(DMM)
五十嵐正邦&宮島雅憲『凸凹アニメーション』第1巻

五十嵐正邦&宮島雅憲『凸凹アニメーション』第1巻

講談社-------週マガKC--------2015年------463円

「週刊少年マガジン」で連載されていたアニメ制作会社を描く作品です。原作は宮島雅憲氏、作画は五十嵐正邦氏です。
凸凹アニメーション 1(DMM)
小川亮&大部慧史『赤橙』第3巻

小川亮&大部慧史『赤橙(せきとう)』第3巻
(完結)
講談社---------マガジンKC--------2016年--------------463円

異能を持つ少年のサスペンスドラマ「赤橙(せきとう)」の最終3巻です。作画は小川亮(おがわりょう)氏、原作は大部慧史(おおべさとし)氏。
連載は「別冊少年マガジン」。
赤橙 3(DMM)
Cuvie『籠女の邑(カゴメのむら)』第1巻

Cuvie『籠女の邑(カゴメのむら)』第1巻

「オカルト研の大学生・岩松俊也(いわまつしゅんや)は、仲間の川名芳人(かわなよしと)とともに北関東の山間にある心霊スポットを訪れていたが、道に迷い、寂れた山奥の村へとたどり着く。そこで出会った美しい姉妹に誘われて、彼女たちの家に泊めてもらうことになるのだが・・・」
講談社-------------シリウスKC-----------2011年---------630円

Cuvie(キュービー)氏が講談社の「NEMESIS(ネメシス)」で連載していた「籠女の邑」です。全3巻。前に「NIGHTMARE MAKER」の記事に一緒にして書いたけど、こちらに記事を独立させます。
籠女の邑 1(DMM)
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[07/24 StanleyDathy]
[07/23 chaussure adidas pas cher]
[07/21 Ann Weaver]
[08/04 マミヅク]
[04/10 マミヅク]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]