忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[3727]  [3726]  [3736]  [3732]  [3735]  [3731]  [3733]  [3729]  [3734]  [3728]  [3718
五十嵐大介『ディザインズ』第1巻

五十嵐大介『ディザインズ』第1巻

講談社---------アフタヌーンKC--------2016年--------620円

「海獣の子供」の五十嵐大介氏の新作SF。
連載は「アフタヌーン」。
ディザインズ 1(DMM)



遺伝子操作によって半人半獣の肉体を持つ少年少女たちの物語。ヒロインのクーベルチュールはカエルの足を持ち、その能力を使って超絶的な戦闘能力を発揮していきます。
彼女らを作り上げたサンモント社は、オクダという科学者を使いこうしたものを作り上げていくわけですが、その目的やらなんやらはまだいろいろ不明。
前の「海獣の子供」にも増して壮大なスケールの作品になりそうな感じですね。続きがたのしみです。

   
「人魚のうたがきこえる (こどもプレス)」「五十嵐大介: 世界の姿を感じるままに (文藝別冊/KAWADE夢ムック)」「五十嵐大介画集・海獣とタマシイ 」「リトル・フォレスト 夏・秋 Blu-ray」
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

   
「海街diary Blu-rayスペシャル・エディション」「碧き青のアトポス 5」「螺旋じかけの海(1)」「だーがしゅか 1 」
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
関連サイト
五十嵐大介周辺日誌
http://d.hatena.ne.jp/iga-ren/
アフタヌーン公式サイト - モアイ
http://afternoon.moae.jp

この記事もどうぞ。
琉花は生き物たちが集う海で壮大な何かを見ることになり・・・。五十嵐大介『海獣の子供』第5巻(完結)
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/2918/
消えた子供たちを巡って人々は世界の謎へ迫り、生き物たちはある場所を目指す・・・。五十嵐大介『海獣の子供』第4巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/1486/
ジュゴンに育てられた少年たちと少女・琉花の出会いが海にまつわる不可思議な物語へと巻き込んでいく。五十嵐大介『海獣の子供』第1巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/188/
それは海からの問いかけなのか? 魅入られし者たちの彷徨い。五十嵐大介『海獣の子供』第3巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/473/
東北の田舎で猫といっしょにのんびり生きる中のなにげないひとコマ。五十嵐大介『カボチャの冒険』
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/606/
幻想的な短編を集めた一冊。五十嵐大介『そらトびタマシイ 五十嵐大介作品集』
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/1317/
独特のセンスと空気感を持つ、賞をとった良作短編集。市川春子『虫と歌 市川春子作品集』。あとアフタヌーン2010年9月号では新作「25時のバカンス」が
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/2113/
最も凶暴な小動物ラーテルの獣人となった美少女が獣人たちの闘技会に・・・。隅田かずあさ&村田真哉『キリングバイツ』第1巻から4巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/3610/
可愛いラフィールと世界観描写の凄さが並立する米村星界。米村孝一郎&森岡浩之『星界の紋章』第1巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/3122/
巨大列車の上で繰り広げられるスピードアクション。椎葉周『アルティメット・ファクター』第1巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/776/
26世紀末。火星で進化した虫が人類の敵となる。貴家悠&橘賢一『テラフォーマーズ(TERRA FORMARS)』第1巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/2877/



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[06/26 カルティエ 結婚指輪 店舗]
[06/26 n品とは]
[06/26 Ann Weaver]
[06/25 Tomasevato]
[06/21 how to open hermes bracelet faux]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]