忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
艶姫_チバトシロウ

チバトシロウ『艶姫(つやひめ)』

「高校の現国教師の洋子は、自分に気がある生徒・東がなかなか口説いてこないことを指摘し、誘惑する。東は拘束具をつけた彼女に『私の隙間を埋める勇気があるか』と聞かれ・・・」
富士美出版-----富士美コミックス-----2005年----952円

チバトシロウ氏の初単行本。掲載誌は『桃姫』?
収録作品は紹介文に書いた「匣(はこ)」前後編に、「ふしだら」「背反」「裏腹」「血縁」「反芻」「不遜」「人材派遣会社FLY」の9作品。
どれも巨乳で色っぽい女性達がHする作品で、年上系も多いです。SMチックな内容(縛りが多い)や、背徳的でハードなものを魅せてくれます。この画力で初単行本というのですから凄い。
どうやら、アシスタント経験やエロゲ会社を渡り歩いたという経歴があるようで、そこらへんで培われたものなんでしょう。現在、注目すべき作家さんの一人だと思います。

表紙や折り返し、カラー口絵の洋子先生のカラーイラストがエロくていいですね。
PR
放課後乱交クラブ_佐藤登志雄

佐藤登志雄『放課後乱交クラブ』

「同級生の山下と付き合っている長谷川茜は、学校でセックスしているところを同じ委員会の竹内にビデオに撮られてしまう。一週間だけ体を好きにさせるならビデオを返すと言う竹内の提案に従い、彼氏の山下に悪いを思いつつも体を許す長谷川。しかし、竹内の上手さは彼女の体と心を溶かしていき・・・」
富士美出版-------富士美コミックス------2008年-------876円

待ちに待ったサークル「虚無の歌」の佐藤登志雄氏の初単行本です。『桃姫』に掲載された漫画が収録されています。収録作品は、「一週間」「お、ねだん異常」「星に願いを」「DAWN OF THE IMMORAL」「妄想超特急」「胡蝶の夢幻 右舷左舷ようそろ」「CONTRAST」「CONTRAST2」「それゆけっ!! エロ漫画研究部」「お、ねだん異常50%UPセール」の10作品。最後の「お、ねだん異常50%UPセール」は描き下ろしで、がっつりエロくて10ページもあります。
タイトルが『放課後乱交クラブ(After School Group Sex Club)』とあるだけあって、学校もの、複数プレイものが多いです。同年代の子供たちとのが多く、先生は出てきません。
紹介文にも書いた「一週間」は寝取られもの。「お、ねだん異常」は、使ってない時の学校のプールに彼氏に連れられてエロい水着で来たら、友達のカップルもやはりエロ水着で来てて、セックスしているところを見ていて欲しいと言われ、乱交に突入しちゃう話。かなりエロいです。これも寝取られもの。巻末の描き下ろし「お、ねだん異常50%UPセール」と話が繋がっています。こっちはみづきちゃんが「電話の向こうに彼氏がいる」というシチュエーションでセックスしてます。
W-HIP-(ダブルヒップ)LINDA(リンダ)

LINDA(リンダ)『W-HIP-(ダブルヒップ)』

「結婚して一年の咲子は、昔の男の借金を支払うはめになってしまう。しかしそれを夫に言うわけにもいかず、黙ってソープランドで働いていた。しかし、それを夫の会社の部下たちに知られ、客として通ってくる彼らを拒否するわけにもいかず・・・」
富士美出版------富士美コミックス-------2008年-----1048円

超美麗絵で淫媚な女体を描き尽くすLINDA氏の最新単行本。
先月出た『W-PAI-』に続き二ヶ月連続の発売となります。これも辰巳系雑誌で掲載されたものが中心のようです。収録作品は「人妻・藤崎ゆきこ」「ハネムーン」「meet again」「クリスマスの夜に」「筆おろし」「お姉さんとお風呂」「お尻の穴」「図画女神徒然袋1」「すごろく」「隣のテクニシャン」「セレブがダメ男を好きな理由」「広美」「繕い」前後篇「ウワキな彼女」「木漏れ日」「図画女神徒然袋2」「ルームシェア」「描き下ろし愚痴日記」「あとがき」となっています。
W-PAI-(ダブルパイ)LINDA(リンダ)

LINDA(リンダ)『W-PAI-(ダブルパイ)』

「会社員として働く桜田直之は、昔から女を憎んでいた。それには彼の母親の行いがトラウマとして残っていたからだった。同僚・客の妻・そして姉。桜田は次々と女たちを貶めていき・・・」
富士美出版------富士美コミックス-------2008年-----1048円

NTR(寝取られ)もので知られるLINDA氏の最新単行本。
辰巳系雑誌で掲載されたものが中心のようですが、『ペンギンクラブ』以外の雑誌のものも多数のようです。掲載雑誌が書かれてないので、詳細は不明。収録作品は「夏遊び」「カーセックス注意報」「ヤリコン24時」「修学旅行は夜こそ本番」「直人がんばる!」「スポーツ」「きもだめし」「秘め心」「イヴ」「お兄ちゃん」「卒業まで一週間・・・」「委員長」「deep」が三話、「図画女神徒然袋」「学生のホンブン」「夕焼け」「ビデオレター」「描き下ろし愚痴日記」「あとがき」となっています。
カラーページがハンパなく多く、全部で80ページもあるそうです。大幅加筆も有り。それでいて1100円って安い。安すぎるよ! これは買って損は無しです。
みうらたけひろDOMINANCEドミナンス02囚われの絶島編

みうらたけひろ『DOMINANCE(ドミナンス)』囚われの絶島編

「謎の組織・淫夢会を探るため、緒奈島さゆりと入れ替わって潜入することに成功した女弁護士・部々崎京子(ぶぶざききょうこ)。しかし、淫夢島にはすでに同僚の真備川久美と南条咲耶が捕われていた。淫媚なショウが行われる中、京子は正体がバレないよう自ら淫らな行為に没頭していく・・・」
富士美出版株式会社-----富士美コミックス-----2007年------848円

『PS(ペンギンクラブ山賊版)』で連載していたみうらたけひろ(三浦武寛)氏のハードエロス漫画。
製薬会社セラフと王玉総合医院を支配する淫夢会の陰謀を暴くため、他人になりすまして薬がもたらす「淫乳症」の治療とやらを受ける美人弁護士・京子。しかし、敵は仲間の人妻弁護士・久美や、知り合いの少年・咲耶を捕えていました。そして、体内に強力な媚薬「D(ドミナンス)」を入れられたのを取り出し、証拠として押さえたものの、薬によって淫乱になっている振りをしなければならず、自ら恥辱の行為に身を委ねていくことになります。特に恥ずかしい台詞を言わなければならないところとかは凄い屈辱感が。
生ママしぼり_内々けやき

内々けやき『生ママしぼり (DRY MOTHER MILKING)』

「近所付き合いもなく、夫もあまりかまってくれないスドーさん。気を晴らすためにコンビニでパートの仕事をしはじめたのだが、バイトの男の子たちと飲み会に行くことに。しかし、その子たちの目的はスドーさんの体で汚い手を使って彼女を堕とし・・・」
富士美出版-------富士美コミックス-------2007年-----848円

ママ大好きフリスキー!(なんだそれ。
とにかく人妻・ママ・お母さん・奥さん・大人の女・年上の女ものが大好きな作家さん・内々けやき(内々欅)氏の初単行本。
収録作品は、「特選!大人の幼稚園」「私の先生はフィーバー!」「妹よお前は要領が悪いのだから」「家賃取れ取れ取るならば」「姉が戻れば道理が引っ込む」「EXチェンジ☆ツインズ(三十路の)」「ひみつの石原さん」「般若VSブラ水」「課長宇作志摩子と息子とピーマン」「コンビニ奥さんは夜間も営業中だったのだ」「コンビニ奥さん細腕発情記」です。掲載誌は描いてないけど、たぶん『COMIC桃姫』。
日本ユニセフ協会の謎(野良里蔵狸)
どうやら、かなりうさんくさい団体のようです。皆さん騙されないように。

ミクトップ絵(Opaque)

マコちゃん@エロ衣装(馬耳東風東奔西走)

Candyboy(4040)
非常に楽しみです。

---------------------------

教えて姉てぃ~_ゆうきつむぎ

ゆうきつむぎ『教えて姉てぃ~♥』

「別所葉(べっしょよう)が通う高校の数学教師・紗夜子(さよこ)は、学校のマドンナ的存在であり葉の実の姉だった。ある日、学校から帰ると、入浴中の姉の脱いだ下着が見えていて、姉を密かに想っていた葉は我慢できずに・・・」
富士美出版-------富士美コミックス------2007年-----848円

ゆうきつむぎ氏初単行本。
水木しげるも納得、“気持ち悪い”5代目『鬼太郎』主題歌

人気コミック『三代目』映画化、秦 基博初の映画主題歌

キャラそっくり?「20世紀少年」豪華キャスト続々
確かに似てるかも。似ててもそんな意味ないかと思ったけど、これならイイ。

しかし、最近はほんとうに漫画のドラマ化ばっかりだな。そういや『おせん』もドラマ化だとか。『喰いタン』に続きってか。でも、あの雰囲気は出せないんじゃないかな?

この前、『ドラゴノーツ』をはじめて見ましたが、あの乳はいいですな。初回からあんなたくさん巨乳が出てくるというのも流石うのまこと。

--------------------------------------------

大和撫子007


野上武志『大和撫子〇〇七』

「スパイ防止法も無い国・日本。そんな中、とうとうスパイ行為に対応できる特別な組織が創られた。それが女ばかりの諜報機関・大和撫子〇〇七である。彼女たちは色仕掛けでさまざまな組織と渡り合うのだった」
富士美出版-----------富士美コミックス---------2007年--------848円

『萌えよ!戦車学校』や『月の海のるあ』の野上武志氏のエローい諜報戦漫画。
DOMINANCEドミナンス01みうらたけひろ

みうらたけひろ『DOMINANCE(ドミナンス)』紅い唇編

「弁護士の部々崎京子(ぶぶざききょうこ)は、あるセクハラ裁判で原告側の弁護をしていた。しかし、心神耗弱状態の原告の女性が、夫でない男性と王玉総合病院で淫らなことをしているのを目撃してしまう。彼女が言う淫夢会とは? そんな、悩む彼女の事務所に訪れたのは、被告側の弁護士・南条知沙子(なんじょうちさこ)の弟・咲耶(さくや)だった・・・」
富士美出版株式会社-----富士美コミックス-----2007年------848円

すっごい久々のみうらたけひろ(三浦武寛)氏の漫画。『PS(ペンギンクラブ山賊版)』連載の作品。
病院内で行われる忌まわしい凌辱の数々。薬を使って美しい女性たちを服従させていく謎の組織「淫夢会(インムカイ)」。美貌かつナイスボディ(そして多少露出過剰気味)の女弁護士・部々崎京子が、王玉総合病院がからんだ事件の真相に迫ろうと、密かに動きはじめます。
けしからん体の女性たちが、これでもかあれでもかといやらしいことをされてしまう、大変素晴らしい漫画でして、久々に見たみうらたけひろ氏の画力には私も息子も大満足(おい
ホントにみうら氏の描く女性たちは魅力的・蠱惑的で凄いですね。昔より少しラインがシャープになってますが、たゆたゆ感は昔よりアップしてるかと。
この「紅の唇」編は、第1巻で、次に続きます。非常に楽しみですね。
最近、近くのコンビニに凄い美人のバイトがいるのに気付きました。凛々しい感じのモデルみたいな美人。なんでコンビニバイト? こんなところでバイトしてるくらいだから、まだ高校生とかかな? マミヅクは人の年齢ってほとんど読み取れない人間なのでよくわからん。なんというか、この娘には、執事喫茶とやらでバイトしてみて欲しい気がします。身近に美人がいる確率は、そうそう高くはない。現に私の知人にはいませんし。だから、こういう機会に美人を見れるならラッキー。そういうわけで、顔を見にいったりします。全然会えないけど。

---------------------------
それはともかく。
どこで描いてもハイパワーの山本貴嗣氏の『弾(アモウAMMO)』です。

弾アモウ第2巻


山本貴嗣『弾(アモウAMMO)』第2巻

「銃や格闘が凄腕の女刑事・天羽弾(あもうはずみ)。彼女が倒した姉弟の殺し屋の片割れが復讐のために、暴力団・鬼頭組と中国の新興麻薬組織・海童(カイドウ)の抗争を煽る。そんな中、天羽が尾行中に痴漢に襲われる。しかし、それはある罠の準備にしかすぎなかったのだが・・・」
蒼竜社----プラザCOMIX----2001年----543円

前の巻のあと、入院やら雑誌の移転やらがあったようですが、それはともかく。
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]