忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[123]  [122]  [121]  [145]  [120]  [119]  [118]  [116]  [115]  [149]  [114
今日のマミヅクは病気がち。目がしょぼしょぼします。

『アフタヌーン』が創刊20周年記念で付録につけた小冊子『AFTEANOON THE 20TH ANNIVERSARY COMPLETE ARCHIVES OF ALL STAR AUTOGRAPHS』というのを久々にひっぱりだして見たのですが、よく見ると多くの作家さんが『寄生獣』のために『アフタヌーン』を見始めたと書いています。そう、『ああっ女神さま!』ではなく。そう書いた人はいないですし、当時にはよりインパクトがあった作品だったんでしょうね。しかし、これにイラストとコメント描いてるメンバーが豪華過ぎだな。
ちなみに『アフタヌーン』の次号五月号では、前田真宏の『巌窟王』が連載再開・完結するようです。あと、木村紺氏が『からん』という新連載をやりよるようです。

この前、結婚式に出席したのですが、食事する時とかどうも微妙な人間の隣とかに座る率が高く、なかなか厳しい。ずーっと黙ってるとか不自然なので、食事ばかりに集中したりで、なんだかなぁな感じでした。

千早のバースディ(おもいで広場)

ねこ子(fourthcape)
いつのまにか冬コミの時の新刊はとらのあなに委託中だそうです。買えなかったので、早く手に入れないと。

機動戦士ガンダム:超精密「シャアザク」と巨大「Z」登場 ガンプラ発表会
値段も凄いな。

---------------------------

たかなぎ優名四季使い第5巻


たかなぎ優名&是空とおる『四季使い』第5巻

「『森羅』として覚醒し、敵対する四季使いたちを撃退した季月あきら(きづきあきら)。しかし、彼は桜木こよみ(さくらぎこよみ)が人間ではなく季獣であると知ってしまう。そんな彼らだが、次なる戦いに備え、季獣が多数棲息する南の島で特訓することになる。そして、到着した早々向かってきた季獣の中には、人間型の季獣がいて・・・」
講談社------------シリウスKC---------2008年-------533円

四季使いたちの戦いは、夏&秋VS春&冬の真っ向勝負となってきましたが、あきらが森羅となったものの、敵側も今回表紙にもなった風祭紅葉(かざまつりくれは)が自らの父を倒し、9月の四季符をすべて揃え、サファイアの四季使いとなりました。

強くなろうと訓練を行うわけですが、季獣の棲む外国の南の島まで行って、季獣と戦うことになります。もとより、こよみのこともあって、あきらは季獣と戦うことには消極的なようですが、それでも到着すると季獣たちの方からしかけてきます。いきなりはじまる季獣たちとの戦い。一対一に持ち込んで倒していくわけですが、あきらとともに来た星鳥寺レイ(せいちょうじれい)や稲苗さつき(いななえさつき)たちもあきらに影響されてか、季獣を殺すことなく、あきらにゆだねます。
人型の季獣と対峙することになったあきらとこよみですが、こよみはあきらの考えがよく分かってないのか、よりによってあきらを拘束し自らその季獣を倒そうとするのです。

島に行ってからの会話の中で、さつきがレイにナイスバディになれないぞ、と忠告するシーンで、ナイスバディで水着姿のさつきの妄想画像があり、これがなかなか素敵な美女になってます。今のままだとちんちくりんですが、数年後にはこうなるのでしょうか。てか、さつきはあきら好きでこよみと対決という展開になるのかと思ったのですが、そうじゃない様子。しかし、あいつはあいつで姉の問題があるからなぁ。

あきらはまだまだ修行が足りないようで、戦闘後のこよみの全裸抱きつきでぶっ倒れてしまいます。何してるか、今すぐ代わr

この南の島編はまだ連載でもやってますが、これの最後は当然、海辺のプライベートビーチ(とういかこの島が桜木コーポの所有物)で海水浴=水着シーンだな!(熱望)

ところで、この巻の表紙デザイン間違ってますよね? 紅葉の上にタイトルロゴ乗せるなんて!


  
「四季使い 4」「ファイアーエムブレム トラキア776 第3集」「式神の城 ねじれた城編 8」
-----------------------------------------
関連サイト
cypress(たかなぎ優名公式)
http://www.takanagi.info/
剣聖覇皇商会(是空とおる公式)
http://zekuu.com/
月刊少年シリウス
http://www.sirius.kodansha.co.jp/

この記事もどうぞ。
そうだとしても・・・姫を守ると決意する! 光永康則『怪物王女 Princess Resurrection』第6巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/47/
よだれを舐めれば、生きる元気とニヤニヤ笑いが湧いてくる! 植芝理一『謎の彼女X』第2巻。にゃ〜ん
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/117/
みんな不器用だから、日仏どこでも意に添わないことばかり。石川雅之『もやしもん』第6巻 通常版
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/116/

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
4 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[09/24 Sarah Carlson]
[09/22 ブランドコピー]
[09/21 Natalieben]
[09/18 韓国ブランドコピー時計]
[09/17 Sarah Carlson]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]