忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[329]  [309]  [368]  [369]  [332]  [370]  [380]  [340]  [375]  [384]  [386
前にも書いたけど、会社に新しく入った女の子の顔が特徴的で、どうも目をあわせにくい。もうしわけないが、説明する時は説明対象の方を見ることにしている。返事のしっかりしたいい子なんですがね。明日からはちゃんと見て話してみようかと。

IYASHIKEIって何ですか(その1)(Askjohnふぁんくらぶ)
意外と説明が難しいな・・・・

小説・秒速5センチメートル発売 「─あの人がいる場所にくると、胸の奥がすこし、苦しくなる」(オタロードblog)
いつの間にか発売してた! てか、今日本屋行ったときになんで気づかなかったんだ自分。

---------------------------

未来のゆくえ_やまむらはじめ



やまむらはじめ『未来のゆくえ やまむらはじめ短編集』

「田舎に住んでいた中学生の時、ほんの二ヶ月だけ東京から引っ越してきた転校生の住友まつり。遠野史は、彼女と大学生になった時に東京で再会した。彼女は昔の陰のある雰囲気をまったく持たない明るい女になっていたのだが・・・」
少年画報社--------YKコミックス---------2000年-------495円

やまむらはじめ氏の短編集。収録作品は、紹介文を書いた「まつりの景色」、挫折した陸上選手の屈折を描く「最後の夏」、親戚の隠し子を預かることになった青年の話「よるのむこうに」、病気の女の子とその彼氏の話「肩幅の未来」、大人になってひさしぶりに田舎に戻ってきた女の話「OUR DAYS されど我等が日々」。
この単行本は、すでに買っては売り買っては売りで、数回繰り返したくらい何度も読んだ。やまむらはじめ氏の作品好きだけど、これはリピート率が高いです。

基本的にどの作品も暗い面を持つ内容で、展開とヒキがこの人らしいものになっています。やまむらはじめ氏の基本的な作風はこれなんだろうと思います。明るい部分(たとえば今の神様ドォルズで前面に出てるようなの)ってのは、それにかかったカバーみたいなもんかと。でも、中を含めて全部好き。
この単行本の中で一番よかったのは、断然「肩幅の未来」ですね。また売るだろうけど、また、これだけのためにでも買うよ。

  
「夢のアトサキ」「神様ドォルズ 1」「陽炎日記」

『未来のゆくえ』と似た感じの作品がこの『夢のアトサキ』。
現在、『神様ドォルズ』を連載中。
あと、この前、ちょうど木尾士目氏のデビュー短編集『陽炎日記』を読んだんですが、久々に読むと、やまむらはじめ氏と作風が似てる気がした。あと遠藤浩輝氏も似てるような気がするんですが、どうでしょう。あー、なんていうのか、小難しいこと考えてる大学生みたいな内容。というか、木尾士目氏が『陽炎日記』描いたのは学生時代だという。まんまじゃねーか。それがあのいただけない留年漫画『五年生』を経て、『げんしけん』となるんだから、その昇華(消化?)の過程を思い起こさせた。

--------------------------------------------
関連サイト
ヤングキングアワーズ
http://www.shonengahosha.jp/ours/index.php
サンデーGX
http://websunday.net/gx/
アフタヌーン公式
http://www.e-1day.jp/afternoon/news/

この記事もどうぞ。
村に伝わる不思議な神様・玖吼理を連れて、少女が街にやってくる。やまむらはじめ『神様ドォルズ』第1巻。ロリ×巨乳で二度おいしい(たぶん)
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/152/
もう一人の隻は詩緒? そして何故か襲われることになり・・・。やまむらはじめ『神様ドォルズ(KAMISAMA DOLLS)』第2巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/153/
迷う治基たちの前に、A-NESTからの来訪者が。やまむらはじめ『蒼のサンクトゥス』第3巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/126/
狗たちの出会い。三輪士郎『DOGS BULLETS & CARNAGE(ドッグス バレッツ&カーネイジ)』第2巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/80/


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[08/20 Briankaw]
[08/17 FXBrokerHet]
[08/01 hair bundles]
[07/28 adidas superstar blue and white]
[07/24 StanleyDathy]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]