忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[485]  [484]  [483]  [482]  [481]  [480]  [438]  [455]  [397]  [453]  [452
最近はほんとに暑くなりましたね。空を見るとモコモコした雲が覆っていて、夏になってきたな~、など思ったり。
こんな日にはアイスくらい食べたいものです。

それはともかく。
意外とペースが早い『レジンキャストミルク』です。

レジンキャストミルク第7巻_藤原祐

藤原祐&イラスト+原案協力/椋本夏夜『レジンキャストミルク』第7巻

「自分こそが偽物だと知った城島晶(きじまあきら)だが、本当の城島晶である無限回廊(エターナル・アイドル)に対して反撃を試みる。そして、無限回廊が作ったコミュニティサイトを逆に利用し、隠れている彼らを見つけ出すことに成功する。失敗の可能性を抱えつつも、城島硝子(きじましょうこ)とともに向かったが、晶がそこで出会ったのは・・・」
メディアワークス-------電撃文庫------2007年------590円

最近やられっぱなしだった城島晶ですが、ヘコみまくって底辺まできたせいか、反撃のほうも調子が出てきたみたいです。
攫われた幼なじみ、森町芹菜(もりまちせりな)と、友人である敷戸良司(しきどりょうじ)は、無限回廊=本当の城島晶が使う劣化世界である『ライ麦畑の墜落死体(ナイン・ライヴス)』の力によってまったく居所が摑めないでいましたが、晶がいろいろな事件の発端ともなっているコミュニティサイトを乗っ取り、そこに情報を流すことで、彼らを見付けようとします。
圧倒的優位の父・城島樹(きじまいつき)は、その性格もあり、すでにどうでもいい存在となった晶たちに、それほど積極的ではないのですが、自分の目的のために着々と行動しているようです。放任状態をいいことに、晶に強烈な敵意を抱く無限回廊も、かつて乗っ取っていた鴛野在亜(おしのありあ)をけしかけ、彼女に虚軸を持たせることにします。

先手をとったのは晶側で、晶と硝子、そして柿原里緒(かきはらりお)のキャストの協力を得て、隠れ家と思われる場所を急襲します。しかし、そこにいたのは、一番理想だった敷戸良司と森町芹菜ではなく、無限回廊と晶たちの母・城島鏡(きじまかがみ)=久津見逆絵(くつみさかえ)の2人でした。こうして再び2人の晶の死闘が始まります。
そのころ、狭間学園(はさまがくえん)には無限回廊が向かわせた鴛野在亜が到着し、虚軸『エデンの恍惚(マニック・エデン)』によって学校は地獄となってしまいます。狂人となってしまった鴛野。自分が姫島姫(ひめしまひめ)に成り代わろうと、彼女の教室に向かうのですが、その前に舞鶴密(まいづるみつ)が立ちふさがります。彼女の「壊れた万華鏡(ディレイドカレイド)」が炸裂し、さらに、「目覚まし時計」の力のほとんどを失っている速見殊子(はやみことこ)が参戦し、夢のタッグマッチとなるのですが・・・

あわわわわ。殊子がぁ・・・・。最後まで生き残るキャラだと思ってた、速見殊子が死んでしまいましたぁ!
物語もすでに佳境といった感じなので誰か死ぬかな、とか思ってましたが、これは辛い。せっかく表紙とったのに・・・。
この代償は当然ながら「愛する(冗談じゃなく)」密のためにですよ。これも或る意味辛い。ひめひめの立場は? いや、元々本命が密なんだし、姫とは将来的に別れることは前提だったか。
ああ・・・しかし、死んじゃうとは・・。もっと活躍して欲しかった。キャストの能力ももっと全開で戦って欲しかったし、飄々とした(そしてオヤジ的にエロい)キャラを存分に発揮して欲しかったです。惜しい人を亡くしました。

しかも、ヘタレ晶の方は調子が戻ってきた感じだったけど、また決着付かないまんまでしたよ。かなり追いつめたけど、無限回廊の方はまだ何か持ってそうです。これにさらに城島パパと城島ママがいるってんだから・・・・ホント勝てるの?

今回、邪悪な保健医・佐伯ネアは、あんまり活躍無し。やっぱ基本的に『アンノウン』は使い方として受け身ですね。
次の巻に期待したいと思います。


あと、この文庫に挟まれてたチラシからの情報。

灼眼のシャナ2007プロ_チラシ

灼眼のシャナ、アニメ第2期放映決定。秋から。
さらに、コミカライズも夏からはじまります。しかも、この漫画化作品は、文庫の10巻をベースにした外伝のようで、16世紀の神聖ローマ帝国がどうこうとか、そんなマミヅクがピクンと感じてしまうようなネタが入ってるらしい。よーし、これは見逃せない。作画は木谷椎氏。


あと、支倉凍砂氏の『狼と香辛料』の漫画化の画像も。

狼と香辛料コミカライズ_チラシ

作画はあの『くじびきアンバランス』も漫画化してる小梅けいと氏。お気づきのように、この作家さんは獣耳付きの女の子について属性がありますから! さーて、これは楽しみだぞ。連載は『電撃マ王』11月号(9月27日)より。


最近、暗いうちに寝れないことが多い。もしくは、早いうちに寝ちゃって、すぐ起きて寝れなくなるとか。漫然と生きてると、もう後戻りできなくなってることにすら気付けなくなる。どうにかしよう。

-----------------------------------------------
関連サイト
埋没式フラクタル(藤原祐)
http://www1.vis.ne.jp/%7Eyu/
椋本工房(椋本夏夜)
http://home.att.ne.jp/yellow/kuramoto/
レジミル特設
http://yu.vis.ne.jp/resin1/
電撃文庫&hp
http://www.mediaworks.co.jp/users_s/d_hp/index.php
日本帝國図書館(木谷椎)
http://www.n-teikoku.com/

この記事もどうぞ。
10万3000冊の禁書目録を持つ少女と、超能力の無い少年の、できる事とできない事。鎌池和馬『とある魔術の禁書目録』
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/421/
事件後の学園祭で。藤原祐『れじみる。Junk』。『レジンキャストミルク』の最後の最後になる短編集。
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/48/
コミックマーケット72(2007年夏コミ)に行ってきました。決戦の3日目。
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/90/


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[09/03 FinanceNews]
[08/06 Ferari Poker]
[08/02 Targeted website visitors]
[07/27 Thomasreona]
[04/06 Kerry Beck]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]