忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。昔は毎日更新してましたが最近は月に数回になってしまいました。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロでのブログだと記事がエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでも、なんでも扱います。現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『月刊モーニング・ツー』『MCあくしず』『ホットミルク濃いめ』『メガストアα』『快楽天』『ExE』という感じでエロマンガ雑誌が多め。最近、ラノベはかなり少なめ。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[480]  [438]  [455]  [397]  [453]  [452]  [441]  [440]  [439]  [421]  [420
カップラーメンに赤味噌をといて食べてることを話したら友達に怒られたマミヅクです。
関東出身ですが、味噌まみれの名古屋にちょっと居たことがあったりもします。

今回読んだのは小松左京氏のSF大作『日本沈没』のアンソロジー。

日本ふるさと沈没_アンソロ

原作/小松左京&作画/鶴田謙二・他『日本ふるさと沈没』

北海道/吾妻ひでお、あさりよしとお、唐沢なをき、東北/遠藤浩輝、関東/伊藤伸平、西島大介、東海/鶴田謙二、恋緒みなと、北陸甲信越/米村孝一郎、近畿/ひさうちみちお、トニーたけざき、空ヲ、中国/いしいひさいち、寺田克也、TONO、四国/宮尾岳>、九州/安永航一郎、ヒロモト森一、幸田朋弘、沖縄/ロマのフ比嘉、全国/とり・みき
徳間書店------2006年-----1200円-------担当/大野修一

実は『日本沈没』を読んだことはない。映画も観たことない。
けど、だいたいの筋は「日本が沈むことになり、日本人が他のところに逃げたり逃げなかったり」とのこと。

内容的には、各作家さんが、自分の出身地をネタにして、好き勝手に『日本沈没』の漫画を描く、というもの。ほとんど同人誌のノリで、みんな本当に好き勝手に描いています。統一感はそれほど無し。一人一人の持ちページが少ないこともあってか、九割方がギャグで通す。しかし、どの作家さんも抜群の力量の持ち主なだけあって、たいへん面白かったです。どの人もこの作品が好きなんだなぁ。選りすぐりだ。
けど、これを読んで、「じゃあ、原作の『日本沈没』を読まなきゃな」とかは思わないかと。むしろ、これが『日本沈没』の基本イメージとなりましたとさ。

ところで、これの恋緒みなと(こいおみなと)氏の漫画を読んでて思い出したのですが、名古屋ではスプーンとフォークが合体したような食器をよく見たような覚えが。むこうではデフォルト?

このアンソロジーは、2006年に徳間書店が『comicリュウ』を出す前に作ったもので、巻末に『リュウ』創刊の広告が載ってました。『日本ふるさと沈没』に描いてる作家さんの中の数人が『リュウ』でも描いてますね。

関連サイト
日本ふるさと沈没
http://comicryu.com/fchintop.html
日本沈没(映画)
http://www.nc06.jp/
徳間書店
http://www.tokuma.jp/
月刊comicリュウ
http://comicryu.com/top.html

注目サイト
佐々木少年HP
http://www004.upp.so-net.ne.jp/sumicco/

---------------------------

  

昔のコメント

「日本沈没」は読んでおく事をお奨めしたい。漫画のほうじゃなくて。「首都消失」もセットでひとつ。後者は映画は見てはいけないかも。
ある日突然、環七の内側だけ消滅してしまったらどうなる?、とか、そういうしてもしようの無い妄想に近い思考実験が好きです(笑)。
そういう意味では「小説吉田学校」の故・戸川猪佐武氏とか、日経新聞に喧嘩売ってる(売られた?)高杉良とか、ああいう政治小説とか企業小説を書くような人が、ねっちりとそういうSF的状況下におかれた日本のあれやこれやを描いてくれるとたまらんのですがハァハァ
小松左京は私をそのような変態的嗜好の持ち主にした張本人であり、日本沈没はまさにその凶器であったのです・・・・

>首都消失
たぶん、映画だけ観てます! .......orz
私の記憶違いじゃなかったら、これって、最後に自衛隊が作った変なレーダー(電子兵器?)で首都に向かって終わり、てな感じの作品じゃなかったでしたか?

> たぶん、映画だけ観てます! .......orz
観た、という記憶さえ捨て去ってしまえばノープロブレムです。
れっつ消去。
間違っても思い出そうとしたり、確認してはいけません(笑)
思えば「さよならジュピター」も、あまりにもあんまりな出来に日本ではSF映画は「作らず、見せず、売らせず」の非SF三原則を閣議決定すべきではないかと思ったほどです。

>非SF三原則
いいアイデアです!
なんというか、いたたまれない日本SF映画、とでもいうような作品が結構あったりしますからね〜。
---------------------------
この記事もどうぞ。
超絶の戦いは新たな局面へ。『ヘルシング』他、特濃連載陣!『ヤングキングアワーズ』2008年1月号
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/38/
溝口は死んだ。だが、執行法を取り巻く情勢に変化が。松本次郎『フリージア』第10巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/372/
表紙が気になって買ってみました。『月刊comicリュウ』2008年7月号
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/304/

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[05/13 RogerNem]
[08/04 マミヅク]
[04/10 マミヅク]
[04/10 kb]
[03/26 マミヅク]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]