忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[1805]  [947]  [1790]  [946]  [944]  [945]  [942]  [943]  [941]  [1786]  [940
最近、洗濯のしすぎなのか、手持ちのTシャツがどれもボロボロになっていきます。洗濯機の乾燥させるための時間がいやに長いから、そのせいかと。うーん、また微妙に壊れてる?

それはともかく。
藤田貴美『EXIT(エグジット)』の10巻が出てます。
とうとうブレイクか?とかいう段階までやってきましたよ、『EXIT』というかVANCA(バンカ)が。

藤田貴美『EXIT(エグジット)』第10巻

藤田貴美『EXIT(エグジット)』第10巻

「イベントでESKとともに歌った熱もさめやらぬまま、VANCAの面々はとうとうテレビ出演が決まる。緊張しながらも徐々にステップアップする彼らには、さらなるステージが待っていた。盛り上がるメンバーたち。そんな中、メンバーのひとり、凡河内だけは何か心にひっかかることがあるようで・・・・」
幻冬舎----2006年---590円

いやー、この漫画は十数年も前から読んでますが、とうとうVANCAが陽の目を見る日がやってきましたよ。この10巻の107ページの1ファンの台詞が、この漫画をずっと見守ってきたファンとして心情を端的に現してますよ。

「こっちはデビュー前から見てたっつの・・・」

ああ、そうだよ。その通りだよ。
もちろんここで言う「デビュー前」ってのはVANCAのデビュー前ですよ~。
この成功物語の中でもしかしたら1番(自分が)嬉しい時期かもしれない。ああ、いいよう。認められてく姿がたまりません。あのはじめの方の酷い扱いを見てた! あのはじめの方のギリギリの姿を見てたんだ!
大きな声でそう言いたい。
紆余曲折ありましたし。白泉社と別れてからいろいろ迷走しましたが、それでも描き続けてくれた作者に感謝を。

ともかく、また1巻から読み直さないと。すでに古い巻は全部揃えて準備してありますよ。読む時間をなんとか捻出せねば。


他に紹介しそこなった漫画など。

水波風南『蜜×蜜ドロップス』第1巻

水波風南『蜜×蜜ドロップス』第1巻

「ホテル付きのプールでウェイトレスのバイトをする少女・萩乃柚留は、態度の悪い客たちに飲み物の代金を払うよう言うが、プールに突き落とされてしまう。こうして知り合った錬夏可威(れんげかい)は同じ蜂城学院に通う生徒だった。可威に気に入られた柚留は金持ち生徒たちに許された特権的クラス・九華科に入って、パートナーの世話をする『HONEY』という役目に就くようしむけられる。嫌々ながらHONEYとなった柚留は、可威からさまざまなことを強いられるのだが・・・」
小学館--------2005年--390円

傲慢で無神経な高校生にセクハラされる柚留。キスされるは脱がされるは、さらには下着の中まで手を入れられてしまったり。素直じゃないというより、ただ単に性格が悪いだけの可威が、金にものをいわせて柚留に襲いかかる! 柚留の方も敏感すぎるのか抵抗力なさすぎ(特にキスに弱い)。さっさとやられてしまえば話は簡単なんでしょうが、なかなかいたしてしまうところまでいかない内容。イライラ感が高いですが、そこがいいのかもしれない。
アニメ化されたので読んでみました。ネタ的には『桜蘭高校ホスト部』と『金色のコルダ』と似たようなもの。性格の悪い双子、ってホスト部のほうにもいたな。



岡崎呼人『わんの実』01

岡崎呼人『わんの実』

「犬のイヌノミは犬ギライの少年海涼に引き取られる。イヌノミはそんな新しい飼い主に反発するが、海涼は必死にイヌノミの世話をしようとする。それには深いワケがあり・・・・」
白泉社。2006年-----410円

もう何年も前からデビューし、何作も描いてきたのにずっと単行本が出てなかった人物のひとり、岡崎呼人氏の初単行本。
表題作『わんの実』は、子供の姿で表現される犬のイヌノミくんと、高校生の少年のハートフルストーリー。これは何話かあるし、続編も連載してるみたいです。
他に読み切りのひとつ『ぼくが妊婦だった頃』がはいってます。
自分としては初期の読み切り作品のほうが好きでしたが、初期短編集ということで出してくれないかな~。

『遥かなる時空の中で』知られるようになった水野十子氏は、はじめたくさんの読み切り作品を描いていたのですが、ずっと単行本がでませんでした。で、『遥時』の単行本が出るようになると、巻末にちょっとずつ載せるようになりました。何故か、白泉社(花とゆめ系、ララ系)はこの手の方法が好きみたいで、よくあります。自分はこういったのあんま好きじゃない。読み切り作品には読み切り作品の、連載ものには連載もののそれぞれの良さがあると思います。初期作品だから、とかいうことで細切れにして、こんな適当な「穴埋め」的使い方されてしまうというのは、売り方としても、作家さんたちにとっても、あまりよいものではないのではないでしょうか。ああ、水野十子氏の作品ってほんと大好きなんですが、ずっと単行本にならないのでまいってましたが、あのやり方はちょっとどうかと思いました。読み切りだけの短編集出してくれたらちゃんと買い直すのになぁ。
完全な正解はこれだ、とはいいきれませんが、これの良い方法の手本として、エンターブレインが『群青学舎』(入江亜季)や『エマ』(森薫)で見せた売り方があるかと。



高屋奈月『フルーツバスケット』第21巻

高屋奈月『フルーツバスケット』第21巻

白泉社。2006年。410円

最後にちょっと遅くなりましたが、『フルバ』の最新刊。とうとう、慊人とのラストバトルの時が? とか、とにかく主要キャラクターたちの様々な思いが収斂して臨界突破してくようなシーンが立て続けです。もうこの巻で最終巻じゃないかと少し疑ったほど。『フルーツバスケット』は、あと一~二巻で終わるかもしれない。連載の方はチェックしてないけど、どうなってんだろう。

 
-----------------------------------------------
参照サイト
蜜×蜜ドロップスアニメ公式
http://cd.softgarage.com/contents/mitsu/mitsu_anime/
フルバ公式
http://www.hakusensha.co.jp/furuba/

この記事もどうぞ。
諸君!委員長は好きかーっ! 秋風白雲『いいんちょ。(iincho)』第1巻。眼鏡・おでこ・貧乳まで揃ってるゾ。
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/296/
皇子と魔剣が再び!  祝エルリック・サーガ復刻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/485/
憧れの人を追って芸能界に入ったのに振られてしまい・・・。将貴和寿『狂犬のかわいがり方』
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/598/


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[10/14 ブランド激安市場]
[10/07 psytorrpy]
[10/02 exttorrms]
[10/01 クリスチャンルブタン 財布 コピー]
[09/27 Natalieben]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]