忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[1546]  [1541]  [1540]  [858]  [857]  [1536]  [856]  [855]  [775]  [1522]  [1521
ヤングガンカルナバル05_深見真

深見真『ヤングガン・カルナバル(Young Gun Carnaval) ドッグハウス』

「師匠である虚(うつろ)を失った木暮塵八(こぐれじんぱち)。虚脱してしまった塵八だったが、仲間の鉄美弓華(てつよしゆみか)は、犯罪を平気で行う豊平重工の1人娘・琴刃によって連れ去られ、巨大施設の地下で、命を賭けた闘技場で戦わされようとしていた・・・」
徳間書店------徳間ノベルスEdge------2006年-----819円---------イラスト/蕗野冬

殺人をこなす犯罪結社ハイブリッドの若き殺し屋「ヤングガン」たちの活躍を描いた作品の続き。
とりあえず、読んでみましたが、凄いスピードでむちゃくちゃになっていきます。キャラクターも魅力的なヤツでもどんどん死にます。
見所のガンアクション、格闘シーンは、ますますヒートアップですよ。アップするのはいいのですが、残酷シーンもしっかりアップしてて、そこらへんを受け付けない人とかはキツいかもね。

5巻では、地下の殺し合いを見せ物にした施設「ドッグハウス」で、弓華が酷い目に。琴刃は圧倒的強さをみせますが、復活した塵八たちハイブリッドの精鋭が施設を襲撃して、ついに豊平の社長を殺します。しかし、そこらへんも琴刃の思惑通りらしく・・・

主要メンバーが通う光善寺高校のほうとも話が徐々にリンクしてきて、殺し屋やってんのバレていきます。
そして、弓華の百合描写もしっかり展開。こいつ、ケダモノだ!(戦いでも百合でも

この5巻が一応前半の区切りという形なのかな?

ヤングガンカルナバル06_深見真

深見真『ヤングガン・カルナバル  そして少女は消えた』

徳間書店------徳間ノベルスEdge------2006年-----819円---------イラスト/蕗野冬

豊平との休戦はしたものの、鳳凰連合との戦いはとまりません。
劉北学園というところへの襲撃とか、事件はさらに派手になっていきます。

ヤングガンカルナバル07_深見真

深見真『ヤングガン・カルナバル  愛しき日々、やがて狩の季節』

徳間書店------徳間ノベルスEdge------2007年-----819円---------イラスト/蕗野冬

豊平とも協力関係にあるロシアの巨大麻薬組織・ヴェルシーナの日露ハーフの四人兄弟の殺し屋が登場。こいつらがむちゃ強い。修学旅行で行った韓国での話。

ヤングガンカルナバル08_深見真

深見真『ヤングガン・カルナバル  前夜祭・標的は木暮塵八』

徳間書店------徳間ノベルスEdge------2007年-----819円---------イラスト/蕗野冬

弓華の異母弟・ギャルザウもつえー。伶が連れ去られてしまいます。鳳凰連合が実は母親・聖火の組織だとわかりますが、もちろん互いに殺し合うことに。カルナバルについての話が明らかに。
あと、どうでもいいけど、漫研の話もまだ絡んでくるというのは、どうするんだ。

ヤングガンカルナバル09_深見真

深見真『ヤングガン・カルナバル  開催・バンケットの死闘』

徳間書店------徳間ノベルスEdge------2007年-----819円---------イラスト/蕗野冬

とうとうはじまったカルバナル。場所はメキシコです。いきなり海外かよ。こっからがこの話の最終章みたいなもんです。
殺しの競技会みたいな「カルナバル」。メキシコの陸軍大将を殺すのをいくつかの組織で同時にやって、ちゃんと仕事したやつらが優勝となる。犯罪組織間の疑似決闘。代表者としてもちろん塵八たち五人が送り込まれ、鳳凰連合や豊平、飛竜会、ヴェルシーナなど七つの組織が競合します。
しかし、将一は奇襲を受けるし、反政府組織との提携は上手くいかないし、難題だらけ。
伶を人質にされた弓華も窮地にたつことになるのですが・・・・

次の10巻「後夜祭・ラストマンスタンディング」でエンディングです。まあ、外伝はこの前出ましたが。

深見真氏の作品の中で『ドラゴンズヘブン』(笠原夕生・作画)というのは、小説なしで、漫画として作られたやつですが、これの漫画化作品があります。現在2巻まで出ています。

   
「ヤングガン・カルナバル 後夜祭・ラストマンスタンディング」「ヤングガン・カルナバル・スペシャル―ファイトバック・ホンコン」「ヤングガン・カルナバル 漫画版 2」「独蛾」
---------------------------------------------------------

   
「硝煙の向こう側に彼女」「ワイルダネス 1」「銃器使用マニュアル 愛蔵版」「僕の学校の暗殺部2 たぶん個人的な事情 」
---------------------------------------------------------
関連サイト
深見真のものかき日記
http://fmkkoe.blog27.fc2.com/
エッジdeデュアル王立図書館(トクマ・ノベルズEdge&徳間デュアル文庫公式サイト)
http://www.tokuma.co.jp/edge/
ヤングガンカルナバル製作日誌
http://www.tokuma.co.jp/edge/08enquete.html
蕗野冬(ふきのとう) strawberry+field
http://strawberry.mods.jp/

この記事もどうぞ。
飛竜会の裏切りで罠にハメられてしまうヤングガンたち。深見真『ヤングガン・カルナバル(Young Gun Carnaval)』天国で迷子
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/416/
ちびっ子女子高生殺し屋が撃ちまくる。高橋慶太郎『Ordinary±(オーディナリープラスマイナス)』
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/294/
極東の独裁政権が崩壊し、大量の難民が日本へ。木内一雅&夏元雅人『CHILL(チル)』6巻まで
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/1177/
『ヤングガンカルナバル』第1巻とか『魂姫』1巻とか、読んだ漫画の中で紹介しきれないのを、まとめて簡単に紹介。20090111
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/797/

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[11/21 Virginia Williams]
[11/12 UGG靴 カンコク コピー]
[11/05 Andrea Gibson]
[08/04 マミヅク]
[04/10 マミヅク]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]