忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[519]  [518]  [517]  [516]  [503]  [504]  [497]  [496]  [494]  [486]  [479
大人気のこの作品に手をつけはじめました。

LIAR GAMEライアーゲーム第1巻_甲斐谷忍

甲斐谷忍『LIAR GAME(ライアーゲーム)』第1巻

「バカ正直に生きて来た女子大生・神崎直(カンザキナオ)。彼女の元に突如一億円が送られて来た。それはそれを元手とした金の奪い合い『ライアーゲーム』のものだったのだ。しかし、あっさりとその一億円を奪われてしまったナオは、進退窮まり伝説の詐欺師・秋山深一に助けを求めるのだが・・・」
集英社-------ヤングジャンプコミックス-----2005年----505円

今度アニメ化される『ONE OUTS』の甲斐谷忍氏による騙し合いゲームのサスペンスドラマ。
ライアーゲームの「事務局」が参加者たちに送りつけた一億円からゲームがはじまり、バカ正直だけが取り柄の女子大生・ナオがそのゲームの中にどっぷり浸かっていってしまう話。助けを求めた詐欺師・秋山深一もこのゲームの主催者が何者なのかを探るため、そのままゲームに参加しつづけます。
一億円がはじめの掛け金なんですが、これを受け取った時にナオは相談できる相手がいないため、弁護士に相談し、そのまま持っておくことにします。それは警察に渡してしまうと、相手が返せといった時に返却できないから。しかし、その後対戦の相手が自分の昔の恩師だと知った彼女は相手の教師に相談してしまいます。相手は良い顔だけ見せてナオを騙し、そのままお金をせしめてしまいます。これを知ったナオは絶望しますが、弁護士が警察とかは無駄だけど詐欺師にでも相談してみたらどう、とか言うので、ナオもそのマルチ企業を騙した伝説の詐欺師・秋山深一に助けを求めることになります。秋山は鮮やかな手で相手を騙し、まんまとお金を奪い返すのですが、こうして神崎直と秋山深一はこのゲームに参加していくはめになります。

まあ、そんな話なんですが、しかし、これ、荒唐無稽というか破綻しているというか穴だらけで話に入り込めない部分とかあります。ぶっちゃけ設定からして荒唐無稽な『デスノート』の方がリアルな気がするほど。話は『賭博覇王伝 零』とほぼ同じ奇怪なゲームの勝ち抜き方式。スリリングな頭脳戦としてもそっちの方が近いけど、『ブラッディ・マンデイ』と『ハンマーセッション』もちょっと思い出した。
そもそもお金をゲームで使ったり失敗した場合などの罰金なども、それを返還しないといけないという根拠が薄いような。キャラクターたちは事務局の話を信じたり恐れたりもしてますが、そう思うようになった原因としての話が無いので、いきなりそうした話を信じたりした感じがして唐突感というか不自然。そもそも主人公のナオが馬鹿過ぎてイライラします。そういうキャラだといいたいのかもしれないけど、キャラクターとしているだけで行動が全然自発的じゃなく何も考えていない上に泣いてばかりで全て秋山まかせ。物語の要素として、秋山を無理矢理この話に関わらせるための道具程度の役割しか担えてない、いてもいなくてもいいような感じさえする存在で、あまりにもバカ過ぎて安っぽく空虚なキャラです。他のキャラや、ゲームの中のトリックややりとりはいいのですが、このナオだけはどうにも。
と、貶したりもしたいのですが、実は漫画としては読めば読むほど面白くなってきます。ムカツキイラツキ具合はそれほど減らないのですが、物語として面白くなてきてるのです。結構いいですよ。
現在4巻まで読みましたが、第三ゲームまで進んでいます。最新刊の6巻でもまだやってるみたいですが、どうなるんでしょうね。

   

『ライアーゲーム』はテレビドラマ化もされてます。今年の春に放映したんだったかな。放映はフジテレビ。『ハチワンダイバー』といい、ヤンジャンもドラマ化多いな。

---------------------------
ホットミルクさんに!!(odanon blog)
織田non氏がまた『ホットミルク』に漫画載せるそうです。

夏祭りと私(TTT)
夏コミ新刊表紙。

ワンナウツ:アニメ化決定 「ライアーゲーム」甲斐谷忍の野球マンガ
監督は「逆境無頼カイジ」と同じ佐藤雄三監督かよ。

トップ絵(Yasuomi-Craft)
バニーカレン。

暑中見舞い(幸田部屋)

---------------------------
関連サイト
土曜ドラマ ライアーゲーム 
http://wwwz.fujitv.co.jp/liargame/index3.html
ヤングジャンプ
http://yj.shueisha.co.jp/

この記事もどうぞ。
囚われの雪輝を救いに来た4人。しかし由乃の罠が待ち構えていて・・。えすのサカエ『未来日記』第6巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/378/
名前を書くと人が死ぬノートを手に入れた少年が目指すのは・・・。小畑健&大場つぐみ『DEATH NOTE(デスノート)』シリーズ
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/363/
龍神の湖畔で繰り広げられる牙と魔龍の死闘! 大暮維人『AIR GEAR(エアギア)』第21巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/322/

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[08/20 Briankaw]
[08/17 FXBrokerHet]
[08/01 hair bundles]
[07/28 adidas superstar blue and white]
[07/24 StanleyDathy]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]