忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[373]  [372]  [371]  [365]  [364]  [363]  [362]  [361]  [359]  [358]  [357
DEATHNOTEデスノート第1巻_小畑健大場つぐみ

小畑健&大場つぐみ『DEATH NOTE(デスノート)』第1巻

「死神のリュークが人間界に落とした黒いノート。これこそが人の名前を書き込むとその人物が死んでしまうという、『デスノート』だった。非常に優秀な高校生・夜神月(やがみライト)は、ある日このノートを学校で拾う。そしてこのノートの能力を知ったライトは、その力を使い犯罪者たちを殺しはじめるのだった・・・」
集英社----------ジャンプコミックス--------2004年------390円

大人気となり、映画化・アニメ化、そしてハリウッドでのリメイクと、留まるところを知らない勢いの『DEATH NOTE(デスノート)』ですが、実は私、全部読んでなかったので、今回まとめて読んでみました。
これはもうむちゃくちゃ面白いですね〜。読み出すと止まりませんでした。次から次へ繰り広げられる頭脳戦というか騙し合いの数々が面白過ぎです。
あと小畑健氏の絵が素敵でした。やっぱみんなかっこいいし、女の子たちは美人で楽しかったです。ミサこと弥海砂(あまねみさ)のイってる感じとかもよかったし、他の女性キャラもみんな魅力的でしたよ。南空ナオミとか高田清美とかも大人っぽい美人で大好きです。あとは妹の粧裕(さゆ)ちゃんがもっと活躍してくれればよかったのですが。

(注)これ以降はネタバレある内容になります。

ライト(キラ)とLの第一部は、Lが死んでライトの勝利ということになりますが、最後のケリの付け方はちょっと卑怯というか、デスノの所有者という意味が薄れてしまったので残念でしたね。死神巻き込むという飛び技ですから。あと最後の段階までライトがミサを殺すと思ってたので、これもある意味「期待はずれ」だったかも。ガイドブックによると、ミサは最終巻の後の段階で自殺したらしい。後半に出て来たヨツバのメンバーはなんか自滅感がありますが、もう少し第三勢力としてがんばってほしかったですね。意外と嫌いじゃなかった。
第二部のLの後継者、ニアとメロの参戦は第一部に負けないくらい面白かったです。まさにライトがギリギリまで追い込まれそうな部分もありましたし、絶え間ない展開でドキドキしました。いやー、あの時ライトパパがヘタレてなければデスノートも無事だったのになぁ。てか、日本の警察のヘタレ過ぎがイライラしました(まあ、それくらいボンクラ揃いじゃないとキラが自由に行動できないでしょうが)。着実にキラの力を拡大させていくライトでしたが、活動が制限された状態というのは結局最後まで変わらなかったですね。ライトパパが死亡した時点で変わるかと思ったのに。まあ、そこを縫って行動するライトの頭のキレというのも面白かったです。
ただ、ニアとメロの対立関係を上手く使えてなかったことと、あとラストの対決が結構あっさりしてたのが勿体なかったかも。

   

第一部の終る7巻と第二部のはじまる8巻と最終巻12巻。
はじめ、ニアよりメロの方が上だと思ったんだけどなぁ・・



『DEATH NOTE』第13巻 真相
13巻となってますが、ネタばれのデータベース・ガイドブックになってます。インタビューとかもあり。あと、『デスノート』の下敷きになった短編・読切版の『DEATH NOTE』や、『DEATH NOTEにラクガキ4コマ』も載ってます。
ところで、2008年の11号に掲載された特別編はどっかに収録されないのかな? 豪華版とか文庫版とかまで待たないとダメ?

 

『デスノ』の後にはじめた『ラルグラド』はゲームのコミカライズ作品でしたけど、吃驚のエロ内容で大喜びでした。早く終っちゃったのが残念。
『ジャンプSQ』創刊号
これに森田まさひろ氏と組んで描いた『HELLO BABY』が載ってます。

原作の大場つぐみ氏は公式発表では新人ってことになってますが、『とっても!ラッキーマン』のガモウひろし氏で確定らしい。実はこの作家のこと全然思い出せません。どんな漫画だったっけ?

---------------------------

「ハルヒは、いい」——米国の砂漠でアニメを語る“グランピーじいさん”に、いろいろ聞いてみた

社長秘書しょこたん 『社長 島耕作』に登場 (J-CAST)
バ、バカな! そんな頭よくねーだろ! いくら漫画とはいえy

『美味しんぼ』雁屋哲 「茶髪、金髪何とかなりませんか」
もう、なんでもいいから文句いいたいだけ。「巨匠」すぎて止める人いないのか? そういや記憶いまいち曖昧だけど、浦沢直樹に対して迷惑をかけてたっけ? あれ?違う人?

絶対衝激 プラトニックハート
これ、すげー気になります。八宝備仁氏が参加してる。

---------------------------
関連サイト
週刊少年ジャンプ公式
http://jump.shueisha.co.jp/home.html
デスノート 螺旋の罠 コナミのゲーム公式
http://www.konami.jp/gs/game/deathnote/
DEATH NOTE 実写映画版
http://wwws.warnerbros.co.jp/deathnote/
デスノート アニメ公式
http://www.ntv.co.jp/deathnote/
大場つぐみ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%A0%B4%E3%81%A4%E3%81%90%E3%81%BF
「デスノート」、ハリウッドでリメイクか?(映画のことならeiga.com)
http://eiga.com/buzz/20080605/4
ジャンプSQ
http://jumpsq.shueisha.co.jp/
森田まさのり&小畑健クロストーク
http://jumpsq.shueisha.co.jp/contents/crosstalk/index.html
一期一会
http://www.terra.dti.ne.jp/~otomo/

この記事もどうぞ。
ついに闇女王のいるカサビア大陸へ。小畑健&鷹野常雄『ラルΩグラド(RalΩGrad)』第2巻。あと、観月さんとルーシーが大活躍。叶恭弘『エム×ゼロ』第4巻。
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/270/
水泳をやめたのは巨乳のせい、というめぐるちゃん登場。河下水希『初恋限定。(ハツコイリミテッド)』第2巻 イロヅキ コミュニケーション
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/238/
リナリー可愛過ぎの新展開。アレンの過去に絡むのか? 星野桂『ディーグレイマン(D-gray man)』第14巻 みんなが帰ってきたら
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/131/
都会の天然水はニ度死ぬ。久米田康治『さよなら絶望先生』第11巻。先生はアニメ疲れのご様子。
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/33/


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
4 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[09/24 Sarah Carlson]
[09/22 ブランドコピー]
[09/21 Natalieben]
[09/18 韓国ブランドコピー時計]
[09/17 Sarah Carlson]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]