忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Witchcraftウィッチクラフト_大和川

大和川(やまとがわ)『Witchcraft(ウィッチクラフト)』

「ある日、イジメられっ子の持月薫は占い師・加賀美鏡子のお店へと逃げ込んだ。鏡子に自分の弱さを語る薫だが、彼女は催眠術で恐怖心を消してあげると提案してくる。だが彼女は放心状態にするためには薫が射精するのがいいのだと言ってきて・・・」
茜新社--------天魔コミックス---------2008年-----1000円

昨日から大和川氏が連載している「たゆたゆ」という漫画のことで検索してくる人が多かったのですが、肝心の大和川氏の漫画の紹介が『天魔』の記事しかないので、とりあえず現在出てる二冊を同時に記事にしてみました。
二冊の内、『AQUA BLESS』の方が初単行本で、『Wicthcraft』は二冊目。
PR
恋するプリンぱい_安藤裕行

安藤裕行『恋するプリンぱい』

「南は休日の昼間っからのHを期待しつつ恋人・光の家へと向かう。出迎えた女の子を光だと勘違いして乳をもんでしまうが、それは『姉』の由季だった。まだ寝ている光を待つ間、南は由季と話をするが、彼女がダイエットをしたいと言うと、南は彼女の体をさわりはじめ・・・」
茜新社-----TENMAコミックス-------2008年-----952円

安藤裕行氏のムチムチ女の子が堪能できる一冊。
おっぱいが大きいだけじゃなく、他の部分も多少なりプリプリしてるのがまたかわいらしい。
「たゆたゆ」単行本出ました。記事はこちら→→→●

comic天魔2008年7月号

『comic天魔(コミックテンマ)』2008年7月号

表紙・うるし原智志
ピンナップ・蘭宮涼
憧明良「Refrain」
大和川「たゆたゆ」
尾鈴明臣「いたって健全!」
APPLE「ボクのAngel」
シャチカマボコ「わいるどぷりちー」
あまゆみ「濡桔梗 更紗」
柚木N'「先生、ロリコンですか?」
まぐろ帝国「あいらんど」
神楽雄隆丸「ビガーメン」
小川マサシ「MMOにきをつけろ」
あろうれい「あの日のつづき」
戦国くん「PRETTY COOL」
かるきや「やさしい彼女はボクの保健の先生です」
越智源斗「ホット!なステーション」
悠宇樹「藤嶋医院より・・・前編」
たいらはじめ「御堂按摩院にようこそ」
みづきるうず「アイノカタチ」
茜新社-----2008年-------630円

我流痴帯のTANA氏の作品が無いので、3か月ぶりに買ったことになった『天魔』。そういやTANA氏の「キミの瞳に欲情してる」の単行本はまだかな〜(→→→記事書きました
尾鈴明臣氏の漫画が載るというので、買ってみました。内容は、生徒会室で素直じゃない彼女に悪戯しはじめて・・というような内容。絢香って娘の照れぶりがよかった。アオリにツンデレマイスターってあったけど、そういう作品が多いのかな? ハルヒの同人誌のひとつ『ふれあい』は持ってますが、あれもいい感じでした。
まぞ♥ちち_エレクトさわる

エレクトさわる『まぞ♥ちち』

「智(とも)と紫音(しおん)は高校生の恋人同士。しかし智は最近彼女とのセックスに刺激が足りないと感じていた。そこでアニ研から借りて来たのは、メイド服のコスチュームで・・・」
茜新社------天魔コミックス--------2007年-----952円

ムチムチヌルヌルに堕ちていく女の子たちが超エロいことで定評のあるエレクトさわる氏の初単行本『まぞちち』。
GrooveTubeグローブチューブ_けものの

けものの★『GrooveTube(グローブチューブ)』

「二年前に両親を事故で失って高校生の妹・メグと二人暮らしの奈津ゆずる。妹を見守らなければならないという使命感とは裏腹に、メグの方はお兄ちゃんが大好きでたまらず、これ見よがしに誘惑してくる。なんとか理性を保ってきたゆずるだったが、ついに誘惑に負けてしまい・・・」
茜新社-------TENMA COMICS-------2008年-------952円

妹メグと兄ゆずるの激甘ラブラブ近親相姦を描く「ぐる〜みんぐっ!」シリーズ六話と短編三本が収録されたけものの★氏の初単行本。(★が入るのはデフォのようです)
両親が死んで二人暮らしのメグとゆずる。兄が大好きなメグは露骨なまでの誘惑で兄を惑わしますが、その兄のほうもまったく素質がないわけじゃなく、妹のかわいさのあまりネコミミが見えるくらい。そんな二人ですから、あっという間に我慢の限界に(特に兄が)。こうしてメグの誘惑→負けてヤってしまう兄、という構図からはじまり、最終的には両者合意で愛し合うという展開になります。なんか微笑ましいような素敵なような感じですが、この二人が兄妹であるという点はなんら解決されてませんから! 華麗にスルー。「結婚しよう」ってなんだよ。
最近エロ漫画ばかり紹介してますが、別にエロ漫画ばっかり読んでるわけじゃなくて、今度まとめてエロ漫画処分するのでその前に、と思ってです。(自己弁護

となりの精液さん_上連雀三平

上連雀三平『となりの精液さん(となりのスペルマさん)』

「鷲崎沙弥香(わしざきさやか)ちゃんはフタナリのお姉ちゃんと二人暮らしの普通の女子小学生。いつものように姉妹でセックスをしていたある日のこと、隣の家に伊福部さん一家が引っ越してきた。その家の息子でさわやかな近親相姦者の悠くんは丁度同年齢で、沙弥香ちゃんの同級生となる。保護者が同じくフタナリの二人は急速に親しくなるが、悠くんのママと沙弥香ちゃんのお姉ちゃんの方がひと目で魅かれ合い子供たちより先にセックスしてしまう。そんな二人に混ぜてもらった悠くんと沙弥香ちゃんは・・・・」
茜新社--------TENMA COMICS----------2006年-------895円

小野敏洋こと上連雀三平氏による刺激的かつぶっ飛んだ作品群の中でも、その台詞が常識の範囲外のものばかりとなったエロ漫画史に残るような怪作。作者の偏った性癖と愛が、余す所なく表現されています。
ドラえもん:堀北真希が女王役で登場 劇場版「のび太と緑の巨人伝」新シリーズ初のオリジナル長編
意外と見落とされがちだけど、『ドラえもん』の新情報の活用・時代の流れの取り込みは凄いですよ。

ウェイトレス(WiNDY WING)
このトップ絵、ウェイトレスさんだけどなんかかっこいいな。

---------------------------
なんか、最近18禁の本でむっちり系ばかり紹介してましたので、今度は逆にツルペタで。

ろぉーれぐ朝木貴

朝木貴行『ろぉーれぐ』

「美沙と涼は水泳部員。二人で先生といつもいいことしてもらってるけど、ある日新入部員の笹川あずきちゃんが入ってきた。先生は三人にポケットマネーで新しい水着を買ってくれたのですが・・・」
茜新社---------TENMA COMICS LO---------2006年------952円

「ローレグぱんつ界の麒麟児」が贈るつるぺた少女たちの小型三角愛好漫画。
亜麻木硅『愛玩隷嬢』

亜麻木硅『愛玩隷嬢』

「二人で山奥にやってきた理沙と奈々美。そこにあった水場の水が生温かったので、ついつい裸になって入ってしまう。そのうち二人の気分は盛り上がり・・・」
茜新社----------TENMA COMICS---------2006年--------895円

エロ漫画界の重鎮・亜麻木硅氏の作品集です。
収録作品は「えろ姉」「えろ姉2」「えろ妹」「えろT」「えろ電」「密会」「TRIPLE」「MILKY JUICY」「WATER」「HEATDOWN」「FRUIT」の11本。
十羽織ましゅまろ『PATRIOT(パトリオット)』

十羽織ましゅまろ『PATRIOT(パトリオット)』

「親に愛される弟・司が憎く、五歳のころからイジメてきた姉。しかし、弟も彼女を憎み、ついに暴走して彼女を犯しはじめる。罵りながら交わる二人の姿は・・・」
茜新社--------TENMA COMICS------2004年------895円

十羽織ましゅまろ氏の作品集。この単行本は読んだこと無いなー、と思って手に取ったら、実は読んだことあるような気がする。記憶がハッキリしないけど。
水無月十三『我が肉に群れ集い、喰らえ。』

水無月十三『我が肉に群れ集い、喰らえ。』

「放課後の文芸部の部室で行われる秘密の会合。そこでは英語教師の榎本先生が数人の男子生徒と交わっていた。その会合を手引きした女生徒・姫川は、榎本が望んだモノを実現させただけだった。だが姫川もまた・・・」
茜新社-----------TENMAコミックス------------2007年-----------895円

水無月十三(みなづきじゅうぞう)氏の4冊目の単行本。
収録作品は、少女と男のプレイを描くフルカラー漫画「毒を食らわば...」、姉妹との近親相姦ものの「嗚呼、仲良きことは美しき哉。」、兄妹ものの「落花流水」、姉弟ものの「お姉ちゃんはボクの虜」、幼い息子と母親の話「裏ママ」、兄弟と同時にする話「ゆずれない想い」、そして輪姦(というか複数プレイ)ものの「我が肉に群れ集い、喰らえ。」前後編の8編。
はじめの「毒を〜」だけが「コミックLO」で、他は「TENMA」に掲載されたものです。
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]