忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

赤城俊一『ブッタ斬りシスターS』

赤城俊一『ブッタ斬りシスターS』

「生徒会長の美嶋由香里は、寮では1人部屋にしてもらえるように頼んでおいたが、その願いは敵わなかった。彼女を慕う一年生・桐生由美子が理事の父を通じて裏からそうしたのだった。由美子の想いに戸惑う美嶋だが、しかたなく自分の体の秘密を打ち明ける。美嶋自身も由美子を深く想っていたため、自分のふたなりの体が由美子を傷つけ、汚すのではと思ってのことだったのだ・・・」
司書房--------TSUKASA COMICS---------2003年---------857円

赤城俊一氏の初単行本。
収録作品は表題作のフタナリ少女もの漫画「ブッタ斬りシスターS」が四話、「Varietes delectat 色々あるから面白い」「Cognosce te ipsum 汝自身を知れ」「Aureo mediocritos 黄金の中庸」はファンタジーもののシリーズ、そして短編が三編「捨てメイド」「くの一お凛妖殺帖」「CANON」となっています。
明るい学園ものや楽しいファンタジー的なもので上手くまとめた作品です。フタナリ率が少し高めだけど、Hはエロエロで楽しめますよ。
作画が誰かに似てるんだけど、誰だったかなー。あずまきよひこの昔のというか、まつもと泉系アシ風というか。
PR
最近読んだ少年漫画・青年漫画です。

中村珍『羣青(ぐんじょう)』上巻

中村珍『羣青(ぐんじょう)』上巻

「高校からの知人に暴力を振るう夫を殺してもらった女。その代償は、同性愛者の彼女に自分を体を差し出すことだった。2人は車に乗り、ともに逃げ続けるのだが・・・」
小学館--------IKKI COMIX--------2010年---------880円

もとは「モーニングツー」で連載していたレズの殺人犯たちの逃亡劇。キリキリするようなキツい状況の中で、内面をぶつけ合う本気の応酬が熱い。一種のロードムービーです。少し才気走った空回り感がないでもないですが、一歩引く前にのめり込んで一気に読むことをお薦めします。
最近読んだ少年漫画・青年漫画です。

GIANTKILLING第13巻_ツジトモ

ツジトモ&綱本将也『GIANT KILLING(ジャイアントキリング)』第13巻

「不調とはいえ、持田の入った東京Vに苦戦するETUの選手たち。なんとか同点に抑えたものの、実質的に敗北していたことに選手もサポーターもショックを受ける。そんな中、彼らの中からオールスター戦に出る選手がいるのだが・・・」
講談社----------モーニングKC-----------2010年-----------543円

アニメ化決定してる「ジャイアント・キリング」ですが、単行本じゃ、帯にすらそういうこと書いてないですね。
まあ、それはいいとして、本編の方は、前半戦最終の東京ヴィクトリーとの戦いで、持田投入のおかげでまったく押されっぱなしになってしまったETU選手たち。どうやらまだまだ課題は多いみたいです。
しかも、大口のスポンサーである企業が代替わりで、サッカーに理解の無い経営者に代わろうとしているという、密かな危機が。
さてさて、一気に連勝って感じでの展開ではなく、一進一退でなかなか軌道に乗らないですね。タッツミーの采配はいい感じなんですが、いつも一歩足りなかったり。でも、徐々に彼の指揮の影響は出てるみたいなんですよね。さーて、どっかでババーンと化けるのかな?
アニメ放映は四月から。
最近読んだ少女漫画などです。

雁須磨子『いばら・ら・ららばい』

雁須磨子『いばら・ら・ららばい』

「倉庫でバイトする度上は、営業の吉塚さんが気になるが、同じ職場で働く茨田あいの存在感に心乱される。しかも、上司の小関課長のべたつく慣れ慣れしさに困りながらも、食事を一緒にすることになり・・・」
講談社---------KCDX---------2009年----------714円

美人だけど無愛想で、受けのよくない茨田さん。実は内心いろいろ思ってる可愛い人なんですが、なかなか人生生き辛い人です。そんな彼女の周りの人たちも、彼女にいろいろ思うところがあるのですが・・・
というお話。流石、雁須磨子氏。この一歩引いた視線が感じられる作風が面白い。
「いばららららばい」って、「ら」が四つも繋がってますね。
最近読んだエロ漫画です。

つぼみな奥さん_ポン貴花田

ポン貴花田『つぼみな奥さん』

「五年前に妻を亡くした34歳の沖田徹(おきたとおる)は、好奇心からしたお見合いで二十歳を超えたばかりのつぼみと結婚する。沖田はバツイチで子連れの自分と結婚してくれたことに戸惑っていたが、実はつぼみは彼のことを前から知っていて・・・」
双葉社--------アクションコミックス-------2009年------600円

ひとまわり年下の可愛い奥さんとのラブラブ新婚生活の話で一冊になっています。
くそう、上手くやりやg・・・じゃなく、幸せそうな朗らかなエッチが見れてとてもいい作品ですよ。
ポン貴花田氏の作品は好きなんですが、意外と単行本は買ってない。なんでだろ。「天使のマシュマロ」とかもまだ未読ですねー。今度買ってみよ。
最近読んだ少年漫画です。

キミイロフォーカス第1巻_千明太郎

千明太郎『キミイロフォーカス』第1巻

「幼馴染みの花園大路と、隣の寺に住んでいる大嶽菫。大路は新しく買ったカメラで菫を撮っていて怒られるが、聞けばいきなり報道写真家になりたいといいだす始末。どうやら写真部部長で美人の蘭先輩に出会って、いきなり写真部に入部したということらしい。そんな大路に、蘭先輩は菫の写真を撮ってくるようにいいつけるのだが・・・」
秋田書店-------------チャンピオンコミックス----------------2009年-------400円

「プリプリ」の作者が送る最新作。写真部に入部した少年が、その才能を開花させていく、という話。てか、その才能ってのが、女の子を魅力的に撮影する「アイドルメーカー」としての才能だったのです(笑
カメラの前の女の子たちに、いろいろ褒め言葉を発してその気にさせてしまうという!
撮影に夢中になっている時の大路少年も、なんか美少年になってキラキラしちゃったりしちゃいます。
何度も脱がされて撮影されてしまうツンデレ少女スミレちゃんも可愛いところを見せてくれて、なかなか楽しいラブコメになってますよ。

どうでもいいことですが、実家が寺になっているのに山伏って変じゃないですか?
最近読んだ少女漫画などです。

藤田貴美『ゼロ(ZERO)』

藤田貴美『ゼロ(ZERO)』

「『二の国』へ『六の国』のビビエナ姫が嫁いでから13年。『二の国』は『六の国』によって滅ぼされ、監禁されていた姫は救い出された。しかし、彼女はすぐに『四の国』へと再び嫁がされることが決まる。そのため、運び屋のザンクが秘かに呼ばれ・・・」
幻冬舎コミックス--------バーズコミックスデラックス-------2009年--------900円

藤田貴美氏の新作。てか、「EXIT」の方はどうなった。
それはともかく、この新作もいつものキリキリした感じを持つ良作でした。異国に嫁ぐため秘かに運ばれる姫。その案内を勤める謎の男ザンクのやりとりがとてもよかった。
「とある飛空士の追憶」とは違う切ない感じとか、話がぐるりとまとまってる、よく出来た作品です。
最近読んだ少年漫画を集めてみました。

コンビニDMZ第1巻_竿尾悟

竿尾悟『コンビニDMZ』第1巻

「内戦中のとある国。その三つの勢力の中間地点にある中立地帯・コンビニDMZ。普段はニコニコ顔なのに時には迫力のある店長・川口洋一や、巨乳店員の雨宮淳が、困ったお客さんたちにどこまでも『コンビニ』として対応する!!」
少年画報社---------YKコミックス---------2007年------562円

「DMZ」、つまり、「Demilitarized Zone(非武装地帯)」という店名のコンビニが舞台の、かなり危険できな臭いドタバタコメディ。連載は「ヤングキングアワーズ」です。
前にやってた「迷彩君」とコンセプトは同じかと思うのですが、こっちのほうが好きですね〜。
ここ最近読んだ少年漫画です。

シスタージェネレーター_沙村広明

沙村広明『シスタージェネレーター 沙村広明短編集』

「女子高生の久誓院馨(くぜいんかおる)は父が自分を偏執的に愛してるのは知っていたが、父が家政婦の佐帆と親しげにしているのが気に喰わなかった。そんなある日、馨は家である場面を見てしまい・・・」
講談社---------アフタヌーンKC---------2009年--------550円

「無限の住人」の沙村広明氏の短編を集めた本。短編上手い人なんですよねー。
収録作品は「久誓院家最大のショウ」「制服は脱げない」8話、「ブリギットの晩餐」「蔵出しイラスト 本を読む少女」「シズルキネマ」「下層戦略 鏡打ち」「青春じゃんじゃかじゃかじゃか」「エメラルド」。
西部劇の「エメラルド」の上手さは手を叩きたくなりました。「久誓院」も秀逸。変態です。しかし、「ブリギット」は意味不明でした。
最近読んだ18禁漫画です。

全裸の王女_かかし朝浩

かかし朝浩『全裸の王女(はだかのおうじょ)』

「ある日、鉄太郎の家の隣に突然越してきたのは、ゼンランド王国の王女・ネヴリアーレだった。性産業が発達したゼンランドの国民性と日本文化への勘違いから、彼女は挨拶がてらに鉄太郎とセックスすることになるのだが・・・」
司書房-------TSUKASA COMICS-------1999年------900円

最近、「暴れん坊少納言」でいい味だしているかかし朝浩氏が昔描いていたエロ漫画のひとつ。
性的にやりたい放題な国の王女が引っ越してきて、やってしまった青年が、中出ししたために彼女の国の風習から、ドレイと主人の関係になってしまうという話。
評判がいい漫画だったから、前から読みたかったんですが、やっと読めた。この本、潰れちゃった司書房のだから、入手困難かと思ったけど、この前あっさりと安く手に入りました。よかったよかった。
軽妙なノリが凄くいいです。
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]