忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
ここ最近に読んだエロ漫画をまとめて紹介します。

みやもと留美『ないしょで・しません?』

みやもと留美『ないしょで・しません?』

「高校生の高橋は、風邪で休んでいるところに、担任の牧野先生が渡さないといけないものを届けてくれる。いたわってくれる先生に対して欲情してしまい、思い切ってキスしてしまうのだが・・・」
富士美出版-----------富士美コミックス--------------2002年----------------848円

「元祖眼鏡っ娘作家」とも言われる古参のエロ漫画家・みやもと留美氏の単行本。
収録作品は、「彼女と僕」が6話、「小悪魔の条件」が3話、「STRESS」及びカットページです。
「小悪魔の条件」は三話ありますが、他の単行本からの続きのシリーズですがそれぞれ独立した話です。その8からその10まで。
眼鏡ヒロイン率が非常に高く、「彼女と僕」では先生も委員長も眼鏡っ娘でした。さすがです。
PR
最近読んだ少年・青年漫画をまとめて紹介します。

今村陽子『Sunny(サニー)』

今村陽子『Sunny(サニー)』

「兄夫婦の遺児・あきらと同居するため、18年振りに実家に戻ったハルは、そこであきらが少年ではなく少女だと知る。しかも、あきらはすでに二人の同級生と暮らしていた。こうしてハルは、16歳の女子高生三人といきなり同居することになってしまい・・・」
少年画報社-----------ヤングキングコミックス------------2010年------------543円

青年がいきなり三人の女子高生と暮らしはじめるヒューマンドラマ。実は秘かに懸想していた兄嫁の娘が相手ということもあり、ちょっと思うところありなハル。そしていきなり両親を失ってしまったあきらは、母親との関係に問題があり、そこらへんも絡んで心に傷を負っています。
この二人をあきらの同級生である二人の美少女が一緒に支えてくれることになります。
1巻ではもったいないくらいいい話でした。こういう話大好きです。
ここ最近読んだ少年・青年漫画です。

藤こよみ『このこここのこ』第1巻

藤こよみ『このこここのこ』第1巻

「苑田家と明井家。両親の再婚によって家族になった五人の子供たち。しかし、親たちは子供たちに黙って海外の赴任先に行ってしまい、子供だけが取り残される。高校二年生の千紘は、遥斗と同じ学校に通うことになったのだが・・・」
一迅社---------------REX COMICS------------2009年----------552円

駄目な両親のおかげで子供五人で暮らしていかなければならなくなった家族たちの生活を描く作品。
特に苑田家の弟・遥斗と、明井家の長女・千紘の二人が、同学年で学校でも一緒になり、メインのキャラクターとなっていきます。
親は恋愛体質の女とのんびり流され系の男だし、明井家の方はいじめを受けてた猫かぶりや人見知り、空気を読まないなど、いろいろ問題のある子供で、しかも、子供たちは苑田家の籍に入ってないとか!?(そんなことありうるの?) こんな感じで、面倒が多そうな、嬉し恥ずかし共同生活となっていくみたいです。
タイトルが、「こ」と「の」しか無いけど意味通じる不思議な感じになってて面白いですね。
最近読んだ少女マンガです。どうも少女マンガの読書量が激減してますね。

おがきちか『Landreaall(ランドリオール)』第17巻

おがきちか『Landreaall(ランドリオール)』第17巻

「王都に戻り学園生活を再開させるDXや竜胆たち。父の過去に隠された事実を知ったDXは、少しずつ王とは何かを問いはじめる。そして、DXたちを巡る王位継承問題は本格的に動きだし・・・」
一迅社---------IDコミックス ZERO-SUMコミックス--------2011年--------580円

ランドリの最新巻。16巻はまだ間章って感じでしたが、この17巻からは王位継承問題が本格化していきます。王国内のごちゃごちゃが見え始めてきました。
そして、クエンティンがたぶん押すであろう王位継承権所持者も登場。ちょい出でしたが、DXたちに容姿が似てる娘です。それをライナスとフィルが見てしまったわけですが、このことが今後どうなることか。それにその二人がイオンの頼みではじめた孤児の父親探しは、意外と重要な要素となってくるかもしれませんね。
この巻には限定版があります。ドラマCDとブックレットがついています。

ここ最近、読んだエロ漫画をまとめて紹介します。

萬蔵『ホームレス冴子』

萬蔵『ホームレス冴子』

「若く美しいがホームレスとなっていた冴子。食べ物と居場所を得るため、同じホームレスにその妊娠した体を差し出すのだが、騙され空腹を抱えることになる。河原で弁当を捨てようとしていたいじめられっ子の少年・安藤に近寄った冴子だが・・・」
オークス---------夢雅コミックス--------2004年--------------952円

萬蔵氏の作品集で、タイトル作の「ホームレス冴子」が強烈。
収録作品は、「ホームレス冴子」前中後編、「女教師 三條美紀 恥辱の生活指導」三話、「みゆき」六話、の12編です。
「ホームレス冴子」は最後の部分がうまく意外性を出して締めてる感じがします。
「女教師 三條美紀 恥辱の生活指導」は、相談を受けた教師がじつはその子供に嵌められてた、という話です。「みゆき」は、主人公の小学生みゆきの周囲の大人がだれもが酷くて、無理矢理エロいことをやらされてしまうようになる話。
話はダークな感じのが多いです。ムチっとした大人の女性の肉体の描き方が卑猥な体つきでいいですね。
最近読んだ少年漫画・青年漫画です。

たまきひさお『トランス・ヴィーナス』第1巻

たまきひさお『トランス・ヴィーナス(TRONS VENUS)』第1巻

「高校で使いパシリにされていた須藤タケヒロは、ある日、いつの間にか学校の裏山の中にいた。そこで淫らな声に誘われるように進んだタケヒロは、全裸の女性たちがムカデのような巨大な化物によって捕えられていたのを見る。そして化物に追われる中、巨大な全裸の美女によって救われ、この地球で活動するため身体を貸せと言われ・・・」
徳間書店---------------RYU COMICS------------2009年-----------562円

ハードSFに通じる作者による、宇宙人と人間の合体、襲来宇宙人退治ものの漫画。
宇宙人・愛と豊穣の女神たる、ヴァナモンドのセルダによって、パートナーとして選ばれた高校生・須藤タケヒロは、女体化してしまい、地球にやってきた情報寄生体を退治することになるのですが、その過程でセルダがエッチしまくるので、タケヒロは精神的に酷いダメージを(笑
ダイナマイトボディの金髪美女に自分がなってもしょうがないという!
大変面白いです。2巻で完結だそうなので、さっそく続きを買ってみます。
最近読んだ少年漫画・青年漫画です。

あわ箱『浪漫三重奏』第1巻

あわ箱『浪漫三重奏』第1巻

「八王女中学にある浪漫部は、りく、あまな、みずほの三人が所属するクラブ。その目的とは、心の琴線に触れるトキメキな行為を追求すること。最近この近辺で、幼女たちに露出した下腹部を見せるという事件が起きていることを聞き、行動を開始する・・・・」
講談社----------講談社コミックス---------2010年-----------419円

「別冊少年マガジン」で連載中の可愛らしい女子中学生たちが、変態ども相手に下ネタ満載でお送りするギャグ漫画です。作者はこれが初単行本となるあわ箱氏。
絵がかなり上手くて、女の子たちが可愛いだけに、この下品なギャグの連発とのギャップが楽しいですね。
マガジン系の漫画は下品なギャグに行くとスベりがちなんですが、これはしっかり受けるノリの良さがあります。今後に期待が持てる新人さんですね。
最近読んだ18禁の漫画をまとめて紹介します。

華沢れな『恋という名の病』

華沢れな『恋という名の病』

ワニマガジン社-------------ワニマガジンコミックス-----------1999年-------505円

かつて「快楽天」とかで描いていたエロ漫画家・華沢れな氏。最近はとんと見なくなってしまいましたが、どうしているのでしょうか。
私的に当時印象に残っている作家さんでした。女性の描き方が好みでした。
収録作品は「恋という名の病」「残像の破片」「夏休み」「月光回廊」「虚空の果て」「楔」「幻影の中の少女」「色情願望」「そこから始めよう」の九編。
この中では特に、「恋という名の病」が記憶に残ってます。なんだろう、今で言うとcuvie氏的なセンスというのかな〜。
最近読んだ少年漫画をまとめて紹介します。

曽野由大&クラップス&矢立肇&富野由悠季『機動戦士ガンダム アッガイ北米横断2250マイル』

曽野由大&クラップス&矢立肇&富野由悠季『機動戦士ガンダム アッガイ北米横断2250マイル』

「宇宙世紀0079年、ジャブロー攻略に失敗したジオン軍にいた兄弟ノルトとベルデ。陸路でキャリフォルニアベースまで移動する軍のシンガリを勤めることとなった二人は、アッガイに乗って北米大陸を横断しなければならなくなり・・・」
角川書店--------角川コミックスA--------2009年----------560円

これ、すげー、バカだ!!(笑
「ガンダムエース」で連載していたガンダムものの漫画ですが、兄弟でMSパイロットをやっている二人が、アッガイに乗ってアメリカ大陸を横断するというアホな話でして、ノリもオカシイ。この前読んだ「生ガンダム」とかと同類ですね。
毎回ストーリーのネタに絡んでの笑える戦いのやり方とかなんなんだ・・・。そもそも、アッガイって水中戦用じゃねーか!
なんか、いろいろ間違ってるようでいて、その悪ノリが見事にハマってて、面白く描かれています。
最近読んだエロ漫画をまとめて紹介します。

長谷円『先生だって女なの』

長谷円『先生だって女なの』

「生徒の前では笑わない女教師・尼崎。息がつまりテレクラで男を漁るということをしていた中で、偶然自分の生徒・池田と出会ってしまう。強気に出る池田と関係を持った尼崎だが、その快楽に堕ちていき・・・」
蒼竜社-----------プラザCOMIX----------2006年--------543円

長谷円氏が2003年に富士美出版から出した同名作品のB6サイズ化新装版。
収録作品は、「笑顔のゆくえ」「さびしんぼう鬼先生」「はじめちゃんがんばる」前中後編「鏡の部屋のとくこ」「セクシャルスーパーウェポンあやねちゃん」「母娘肉しぼりリローデッド」「魔女っ子スレイブまゆ」「ちはや」「ミルキーズへようこそ!!XP」の11本。
肉感的でムッチリつまった感じの美人が快楽にめためたにされる描写がいいですね〜。丸みのある顔と大きな目が魅力的。アナルプレイは結構多め。幼女もアリ。
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[09/23 Shana Marley]
[09/03 FinanceNews]
[08/06 Ferari Poker]
[08/02 Targeted website visitors]
[07/27 Thomasreona]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]