忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
最近読んだ少年漫画・青年漫画をまとめて紹介します。

伊吹ウタ『サヤビト』第5巻

伊吹ウタ『サヤビト』第5巻

「リヴィアが初めて目覚めた時の主人ゴドフリードは、地下で暮らし、そこに侵入してくる者を倒すように命じた。同じくゴドフリードのサヤビトであるアンもいたが、彼女はリヴィアに自分と親しくしたサヤビトはみんな死ぬと告げる。その言葉の意味を知らぬまま、リヴィアははじめての侵入者を退治するのだが・・・」
講談社------------アフタヌーンKC--------------2011年-----------571円

「good!アフタヌーン」で連載中のロマンティックバトルアクション「サヤビト」の最新刊。
今回は過去編で、リヴィアの暗い過去と、リヴィアとクイファの馴れ初めの話、あと、ニルと双子が再登場の話です。今回もマジいい話でした。
リヴィアになんらかのダークな面があったろうかと思ったけど、重いもん背負ってますなー。そして、このゴドフリードってのはいつかケリつけないといけないヤツでしょうね。その時、縛りのあるリヴィアがどう行動するのかが気になります。
PR
久遠ミチヨシ『ヒメゴトマタニティ』

久遠ミチヨシ『ヒメゴトマタニティ』

「付き合っていた修とひめは、とりあえずひめの両親に挨拶に行ったのだが、にべもなく結婚は許さないと言われてしまう。そこでひめは思わず、修の子供が宿っていると言ってしまったがため、否応なく結婚することに。しかし、これで新婚生活そうそう妊娠させなければならなくなって・・・」
竹書房-------------バンブーコミックスCS---------2011年----------619円

付き合っていた男女が、結婚を否定されたため、妊娠していると嘘を付いてしまい、そのまま結婚まで行って、今更妊娠は嘘でした、とは言えない状況になってあたふたしつつ、ラブラブするカップルの話。
孕ませ目的のセックスをしなければならないという羨ましい状況ですが、実際にはそれがヘタレ夫には重荷に。
エッチの方も、子作りはしないといかんのですが、するに至る時は愛情たっぷりのエロエロプレイがお楽しみいただけるいい話です。
本編8話以外に、巻末には「カラダがおぼえてる?」「律と晃の帝王学」の短編2本も収録。
巻田佳春『れすきゅーME!(ミー)』第1巻

巻田佳春『れすきゅーME!(ミー)』第1巻

「両親が海外に出張し、一人暮らしをすることになった高校生の水谷正行。しかし、両親が雇った家政婦さんは同級生の美少女・清水さんだったのだ。彼女はどういうわけか正行にエッチな感じでご奉仕してくるのだが・・・」
秋田書店---------チャンピオンレッドコミックス----------2010年--------552円

エロ漫画メインで描いてる巻田佳春氏の一般向け作品です。連載は「チャンピオンREDいちご」。発売日に買ったのに、紹介書くのがえらく遅れたなー・・・
両親不在のところにやってきた家政婦がなぜか同級生で、しかもいつでもエッチなことOKな態度をとるので、主人公の少年は困惑してしまうというエロコメとなっています。
主人公が常識的な少年でエッチを自らしようということはなく、ひたすら女の子側からのエッチなアプローチとハプニングとなっています。
ヒロインは清水さんのほかに、母親の妹で年下の叔母である結花も登場。やはりこの娘も正行が好きで、大胆なアプローチをしてきます。
明るく楽しいエロコメとしてかなりいい作品です。私好み。
巻田氏といえば「巻田音」で知られる方ですが、これはエロ漫画じゃないけど、「きゅん きゅん♡」させてますよ!(笑
最近読んだ少年漫画や青年漫画です。

村崎久都&ニトロプラス『アザナエル The Case-Book of ENA』第1巻

村崎久都&ニトロプラス『アザナエル The Case-Book of ENA』第1巻

「千秋と一緒に半田明神に行く予定だった富士見恵那は、神社で胡散臭い男・河原屋双六が井戸の中に入っていくのを見かけ、それを追って行く。しかし、そこで地下にある社を見つけ、そにあった拳銃を手にするのだが・・・」
一迅社---------REX コミックス-------2011年----------552円

秋葉原を舞台にしたドタバタミステリーもののゲームを原作としたコミカライズ作品。「ガンカケADV」としてるように願いを叶える銃・アザナエルが、登場キャラたちの運命を翻弄していきます。
主人公になっていくのは、富士見恵那。
なんか、説明が少なくてちょっとわかりずらいです。村崎久都氏が前の「ノイン」を止めてこれ描いたわけですが、こっちより「ノイン」の方をやって欲しかったな。
最近読んだ少年漫画・青年漫画をまとめて紹介します。

板倉梓『あかつきの教室』第1巻

板倉梓『あかつきの教室』第1巻

「海辺の片田舎にある八泉中学校に理科教師として赴任している暁千夜子(あかつきちよこ)。彼女は、海辺や山で動物の死体を集め、標本にしているちょっと不思議な雰囲気の人だった・・・」
芳文社---------------芳文社コミックス-----------------2011年---------------590円

ほんわかでもぼんやりでもクールでも無い不思議な雰囲気の理系女教師と、彼女の周りの人たちのヒューマンドラマ。
語りの中で理科の話が出てきたりしますが、本格的な理系話とかではありません。人の心を中心に描くドラマですね。雰囲気で読ませる作品です。
1巻ではまだ先生の素性とかはよくわかりません。狂言回し的役割のままでいくのかな?
ここ最近読んだ、少女漫画・女性誌漫画です。

あき『アルオスメンテ』第1巻

あき『アルオスメンテ』第1巻

「夢の中で神託を受ける一族で、その能力の高さからエンジェルと呼ばれるレグナ。彼は若き王に仕えるが、その王に向けられる『死んでしまえ』という強い想いを感じ取る。その『犯人』を捕まえるため、伝説の賢者から知恵を授かるため『賢者の夢』という夢見の方法を使うことにするのだが・・・」
一迅社-----------ゼロサムコミックス-------------2011年--------------552円

「歌姫」のあき氏の新刊です。
ファンタジー系の話で、とある王に仕える側近の一人レグナが、「神託」という力を持ち、それによって王に敵意を持つ人間を探し出そう、という話。
相変わらず話の芯が摑みにくいむわっとした内容で、雰囲気重視で見せていきます。
この作家さん、いろいろ描いてますが、長期連載みたいのは無いのかな?
あと、「Aruosumente」ってなんだろう?
最近読んだエロ漫画をまとめて紹介します。

しのぎ鋭介『委員長の恋人』

しのぎ鋭介『委員長の恋人』

「きっちり厳しい態度と言動から学級委員長に選ばれた宮代紗香と一緒に働く副委員長をやらされてしまった高校生の小早川。その後すぐ、二人で仕事をしているときに、放課後の教室でエッチをしていた男女を見つけてしまう。だが宮代は、小早川にそれほど気持ちいい行為なら試してみるかと聞いてきて・・・」
ティーアイネット---------------MUJINコミックス----------------2009年--------------1000円

しのぎ鋭介氏の二冊目の単行本。
きつい性格の委員長と関係を持ってしまう、というお話「委員長」シリーズがメインです。
収録作品は、「リゾートガール」「隣のラヴァーズ」「委員長のおねがい」「委員長のお好み」「委員長のためらい」「委員長の恋人」前後編、「夏の香、冬の華」「非バージン先生」の九本です。
「委員長のお好み」は描き下ろしで、他は「コミックMUJIN」掲載作品です。
「非バージン先生」は前の単行本「シスプレ」に収録されている「バージン先生」の続き。
大きな目と丸みのあるやわらかな顔、たぷっとしたボディの女の子たちが魅力的。話もひたむきな気持ちの関係が多く、エロくも読ませるいい作品ばかりです。まだ二冊目だというけど、絵も上手いですね。
最近読んだエロ漫画を紹介します。

みたくるみ『誘惑したいカラダ』

みたくるみ『誘惑したいカラダ』

「クールだと思われてたけど、実はオタクでコスプレまでしてたことをクラスメイトの男子・小泉に知られてしまった沢城。教室でメイド服をきてフェラさせられていたところに、クラスの委員長がやってきて・・・」
富士美出版----------------富士美コミックス-----------------2008年----------------848円

2008年に出たみたくるみ氏の初単行本です。
収録作品は、「隠れた私」「脱げるトコロ」「内緒の相談」「お掃除はお口マンコで」「シャツをください」「慰め手」「美味しいの欲しいっ」「召しませ」「採精さ・せ・て♡」「素直になれば」「待っててくれる?」の11本。
みたくるみ氏の女の子は可愛らしくていいですね。内容もバラエティに富んでいます。
そういや、作者の名前を「みたみるく」と間違えてたことがあった。
ここ最近読んだライトノベルです。ほんとライトノベル読まなくなりましたが、なんとかちょっとずつは読んでいきたい。

三雲岳斗『ストライク・ザ・ブラッド』第1巻 聖者の右腕

三雲岳斗『ストライク・ザ・ブラッド』第1巻 聖者の右腕

「人と魔族が混在する特区で日本の遠洋に浮かぶ人工島・絃神島(いとがみじま)。そこのただの高校生が最強の吸血鬼のひとり『第四真祖』だという情報をもとに、政府の獅子王機関よりまだ十四歳の剣巫(けんなぎ)である姫柊雪菜(ひめなぎゆきな)が送り込まれる。真祖になったばかりの暁古城(あかつきこじょう)は、自分の置かれた状況をわかっておらず当惑するのだが・・・」
アスキー・メディアワークス-----------電撃文庫-------------2011年-------570円-------------イラスト/マニャ子

三雲岳斗氏の新作です。今度は魔族たちが普通にいるパラレル近未来という設定。主人公の高校生は世界でほとんどいないヴァンパイアの真祖のひとり「第四真祖」というものになってしまっています。そこらに至る説明はまだされてませんが、そんな彼を監視するためとして、政府系の霊能組織である獅子王機関から可愛い女の子が派遣されてきます。しかし、監視のために同じ学校に転校どころか、隣の部屋に引っ越してきたり、いろいろかき回されてしまいます。吸血鬼は魔力で出来た生物みたいな「眷獣」というのを体内に宿していて、第四真祖は12匹も持っている最強の真祖。他の三人の真祖はそれぞれの帝国を持っているので、今後彼の存在が知られることでちょっかいを出してきたりする、という展開なんでしょうか。
しかし、高校男子と中学生女子という組み合わせとは・・・もうエロい展開の想像しかできませんな! すでにいろいろやってるし。
三雲岳斗氏の作品は、主人公が変態だと誤解される確率が高いような気がしますが、ちゃんと統計とってみたいくらいだ。
最近読んだ少年漫画・青年漫画です。

弐瓶勉『シドニアの騎士』第1巻

弐瓶勉『シドニアの騎士』第1巻

「滅ぼされかけた人類が乗る、宇宙空間を放浪する播種船・シドニア。その中で隠れるように住んでいた少年・谷風長道(たにかぜながて)は、祖父の死により他の住民たちがいることを知り、この船を巨大な襲来者・奇居子(ガウナ)から守る衛人(モリト)という巨大人型兵器に乗る候補生となる。常識を知らないで育った長道は、いきなり人類の存亡をかけた戦いの最前線へと送り込まれることになり・・・」
講談社-----------アフタヌーンKC--------------2009年-------------552円

「BLAME!(ブラム)」などでハードSFを独特な作風で描き続けてきた弐瓶勉氏の作品です。現在「アフタヌーン」で連載中。
これ、第一話見たとき、弐瓶勉氏ってこんな漫画も描けるのかー、とちょっと驚いた記憶が。巨大で異形なクリーチャーなどはいつも通りなんですが、ダークでハードなあの雰囲気が薄らいで、むしろライトで、なんだか学園ものかなんかを読んでるような今風なノリがあるんですよね。それが結構ハマってて、なかなか楽しいです。
現在4巻まで発売中。
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]