忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[1138]  [2024]  [1137]  [2043]  [1136]  [1135]  [2047]  [2042]  [1134]  [1133]  [1132
新キャラがぞくぞく登場。『リボーン』の第2巻です。

家庭教師ヒットマンREBORN第2巻_天野明

天野明『家庭教師(かてきょー)ヒットマン REBORN(リボーン)』第2巻 いろいろ来る!

「沢田綱吉(ツナ)をマフィア・ボンゴレファミリーの次代のボスにするため、やってきた稀代の殺し屋リボーン。そんな彼らの元にイタリアから、美人で危険な殺し屋ビアンカもがやってきてしまう。彼女は毒サソリ・ビアンキと呼ばれる毒殺を得意とする女だった。リボーンに惚れているビアンキは、彼を取り戻すため、邪魔者であるツナを毒殺しようとおかしな食べ物ばかり食べさせようとするのだが・・・」
集英社。ジャンプコミックス---2004年----390円

実は『リボーン』がまとめて貰えるかも、とか思ってたので、ずっと放置してた。けど、もう待てないので、とりあえず続き買い始めました。
そういうわけで、やっと2巻。この巻は新キャラがバンバンでます。
ツナをボスとして教育するためにやってきたというわりに何もしないリボーン。そんな中、2人のところに新たな殺し屋・ビアンカがやってきます。美人だけどエキセントリックに近い危険な女。惚れたリボーンを取り返すために、ツナを毒殺しようとします。

「愛のためなら人は死ねるというのが私の持論よ」

ツナが好きな笹川京子が家庭科の授業で作ったおにぎりを、ヤバそうなおにぎりにすり替え、ツナに食べさせようとするビアンカ。しかし、リボーンが死ぬ気弾をへそに撃って、ことなきを得るのでした。
これ以降もビアンカかたびたびツナをちょろりと殺そうとしたりするようです。

さらに次は、やはりリボーンに惚れてしまった(可愛くて抱きしめたい的な)、三浦ハルが登場。彼女は頭のいい中学校の女生徒なのですが、どうにも頭がおかしいのです。

「赤ちゃんはまっ白なハートをもった天使なんですよ!! あなたはそんないたいけな純情を腐ったハートでデストロイですか!?」

リボーンを赤ちゃんだと思ってる彼女は、リボーンを助けるために決意を決め、鎧に身をつつんでツナを倒そうと打ちかかってくるのでした。

さらにさらに、京子ちゃんのお兄さん・了平や、女しか見ない医者シャマルもいますが、最後には雲雀恭弥(ひばりきょうや)が登場。なにやら悪で危険そうな風紀委員長ですよ。し、仕込みトンファーを使う風紀委員長って・・・。そんなヒバリが応接室を巡ってツナたちと争うことに。

みんな面白い話でしたが、この巻で一番良かったのは「標的13入江正一」です。私はこういう、だれもが変なのに1人その変さを主張しても誰もがそれを理解せず、右往左往してしまう話というのが大好きなんですよね~。たいへん楽しみました。

そういえば、この『リボーン』はいつのまにかアニメになってますね。もう、最近はジャンプ系はすっかりウトくなりました。この『REBORN!』もすでに15巻くらい出てます。追いつけるかな・・・

-----------------------------------------------

ついでに。幻冬舎が普通のニュースに出てたので。

幻冬舎がストップ高、今期見通しの2ケタ増益を材料視 (株式新聞)
http://news.www.infoseek.co.jp/topics/business/publishing_circles/story/kabushikis20070521103803/
「幻冬舎<7843.Q>が急騰、4万円ストップ高の29万9000円まで買われている。18日に前07年3月期連結決算を発表、前週末18日に年初来安値を更新していたこともあって、今期見通しの2ケタ増益が材料視された。」(infoseekニュース。株式新聞より抜粋。)

前にも書いたかと思うけど、「幻冬舎」と「幻冬舎コミックス」はグループ内の別会社。まあ、住所は同じですが。幻冬舎コミックスは漫画担当になってますが、単行本の奥付を見てみると、発行元が「幻冬舎コミックス」で、発売元が「幻冬舎」になってます。

記事内に「書籍やコミック関連事業では独創的な展開を推進し」って書いてありますね。まあ、確かに少し独創性を出そうという意気は感じます。なんだろう。GONZO的社風とか言えないこともない?

あと、今度の『モーニング』25号で、藤田和日郎氏が新連載をはじめるらしい。『黒博物館スプリンガルド』。この前の『邪眼は月輪に飛ぶ』みたいな中編なのかな? それとも長くやる?
そうそう、『SAMURAI DEEPER KYO』の上条明峰もそろそろ復活するらしい。どこでやんだろ。

うー、熱があがったかも。体調は回復してたんですが、どうもこの前の映画観に行ったことで、また悪化した感じ。クーラー効いてたしな。

  

-----------------------------------------------
参照サイト
家庭教師ヒットマンREBORN!.com
http://www.j-reborn.com/
リボーンアニメ公式
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/reborn/
ジャンプコミックス REBORN!
http://jump.shueisha.co.jp/reborn/
幻冬舎jasdaq情報
http://money.www.infoseek.co.jp/MnStock/7843.j/schart.html
sweetbuck
http://eca.voxx.jp/
ミスノンのしみ
http://do.halhal.net/~misnon/

この記事もどうぞ
少女に「キスしてもらいにきたんです」とか言わしてみましたよ。北崎拓『さくらんぼシンドローム』1~5巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/110/
コミケット71参加。いろいろ辛かったかも。あとリボーン読み始めた。
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/1003/




この記事へのコメント

『SAMURAI DEEPER KYO』の上条明峰氏の次の新連載は、やはり『週刊少年マガジン』でやるようです。
今週号にカラー広告が載ってましたが『くろがねの鴉』という作品だそうです。冒険・盗賊・ファンタジー、っといった内容。
この前『涼風』で涼風の純潔が汚されて、もう『週マガ』には何にも希望が持てない、と思っている方々も、この新連載には期待大のことでしょう。
私も楽しみです。
Posted by SAMURAI DEEPER MAMIZUKU at 2007年05月24日 06:34
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[10/14 ブランド激安市場]
[10/07 psytorrpy]
[10/02 exttorrms]
[10/01 クリスチャンルブタン 財布 コピー]
[09/27 Natalieben]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]