忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[1300]  [1299]  [1298]  [1297]  [1293]  [1292]  [1291]  [1309]  [1290]  [1289]  [1288
はじめに。
昨日、とうとうこのブログのカウンタが20万を越えました。来てくださった皆様ありがとうございます。
やっぱ、blogをやるからにはたくさんの人に来てもらったほうがモチベーションがあがりますからねー。カウンター見るのいつも楽しみです。最近は少し多めですが、普通の日だと200〜300くらいの間でうろうろしてますが、とりあえずの目標として、一日あたり1000越えを目指したいと思います。まあ、目標は高めに設定ということで。
今後ともよろしくお願いします。

---------------------------------------------------------
GIANT KILLINGジャイアントキリング01_ツジトモ

ツジトモ&綱本将也『GIANT KILLING(ジャイアント・キリング)』第1巻

「元サッカー選手で、イギリスでアマチュアチームの監督をしていた達海(たつみ)。彼のもとに日本で昔自分が所属していたチームETU(イースト・トーキョー・ユナイテッド)の監督をしないか、とGMの後藤たちがやってきた。『弱いチームが強い奴らをやっつける』のが最高に面白い、と言う達海は、監督を引き受け東京に戻るのだが・・・」
講談社-----モーニングKC------2007年------543円

サッカー漫画の原作をいくつかやっている綱本将也氏が、ツジトモ氏と組んではじめたサッカー漫画。サッカー選手がメインではなくサッカーの監督がメインというか・・・フットボールチーム(とその周辺)が主役ともいえる漫画です。

弱小チームを勝たせることを楽しむ監督・達海(タツミ)が、日本のプロクラブのひとつ、ETU(イースト・トーキョー・ユナイテッド)の監督となり、飄々とした態度と奇抜に見えるが的確な方法で、負け続けのチームを勝たせていきます。弱いやつが強いやつに勝つ、それこそが「GIANT KILLING(ジャイアント・キリング)」というわけですよ。やはり、その逆転劇というか、勝つまでの物語がとにかく盛り上がります。うわーっ、と言うような興奮と、あとスカっとする爽快感もあって、勝利することをテーマとした話の一番大事なものがしっかりとしてて読んでて気持ちいいですよ。
これ、勝利の方法論について延々語るだけというものではなく、そことかも大事だけど、とにかくプロクラブというものが、選手だけとかだけで構成されているものじゃないと、周囲の要素、繋がっていく人々の関係が、チームの勝利というものを考える上で不可分の存在であると感じさせますね。
漫画の絵は「国民クイズ」の加藤伸吉氏に似てるなー、とか思ってたけど、久々に「国民クイズ」の絵をみたら、そんな似てなかった。ツジトモ氏は、どうやらこれの前には短編くらいしか描いてない、ほとんど新人みたいな作家さんみたいですね。どのキャラクターも魅力的に描いてまして、サッカーの試合のシーンとかでその動きの描写がメチャクチャ上手いというわけじゃないのですが、やけに活き活きとしてますね。


GIANT KILLINGジャイアントキリング10_ツジトモ&綱本将也

ツジトモ&綱本将也『GIANT KILLING(ジャイアント・キリング)』第10巻

講談社-----モーニングKC------2009年------570円

現在、10巻まで出ています。
いくつかの勝利を手にし、徐々に信頼を得ながら、チームも強くなってきたところに、強敵・ネルソン監督率いる川崎が立ちふさがります。ETUは有力選手が抜け、ベテラン選手がメインとなって、若手チームと対戦することに。しかも、チームのキャプテンとして臨時で若手の椿が抜擢されてしまいます。戸惑う椿とチームメイトたち。ピンチになってしまったりしますが、まだまだこれからですよ。次の巻が気になります。

  
「U-31 完全版」「オシムの言葉」「Goal Den Age」
---------------------------------------------------------

どうでもいいことですが。
今日、ちょっと電車で遠出したのですが、その時に乗った電車にたくさんの女子高生が乗ってきましてね!(嬉しそう)
しかも、何かの運動部らしく、ジャージの女の子がたくさんいまして(超嬉しそう)、しかも私の座った席の周りは女子高生だらけ!(超々嬉しそう)
こりゃ、たまりませんなっ! (おちつけー
と思ったら、それだけじゃなかたのです。その女の子たちは時間的にどうも部活帰りらしくて、なんか汗臭いんですよ!(くんくん)
いやー、このことブログに書くかどうか迷ったんですが、運動部じゃなかった私としては、忘れ得ぬ想い出として書いておきます。(そろそろ私は死んだ方がいいかもしれない)

きもち良すぎて汗だくなの 小宮ゆい 吉沢みなみ 乱丸 [DVD]


そういや、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」の予告編が公開されてますね。

劇場公開は2009年6月27日。今度は見にいくぞー。

へうげもの展
明日、12日までです。

コミックエール!最終号にて連載作品の今後が発表(コミックナタリー)
ほとんどが芳文社系で続くみたいですが、山田J太氏の「ぎふと」がなぜか「ドラゴンエイジ」に。

たくあん(油屋)

それよりどう見ても野球の練習着パンツ(エクレアスタジオ)

八坂神奈子さんと 八雲紫 さんです(仮歯)

  
「エリアの騎士」「クラック!!」「俺たちのフィールド」
この「クラック」(本名啓介)はエリアの騎士の前に週刊少年マガジンでやってたんですが、あまり盛り上がらず、打ち切られてすぐさま「エリアの騎士」がはじまった経緯が。ちょうど日本でのワールドカップがあったこともあり、編集部としてはそれに便乗できるだけの実力が欲しかったんでしょうね。「売れる漫画メーカー」である伊賀大晃(=安童夕馬・青樹佑夜・天樹征丸・有森丈時・亜樹直)をつけた時点で力の入れようがわかるというもの。
---------------------------------------------------------
関連サイト
モーニング公式サイト
http://morningmanga.com//
綱本将也
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B6%B1%E6%9C%AC%E5%B0%86%E4%B9%9F
ツジトモウェブ
http://air44.com/tsujitomo/
ツジトモ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%82%B8%E3%83%88%E3%83%A2

この記事もどうぞ。
週マガ2006年11号などのイベント合わせ漫画のそつの無さ。瀬上あきら『ICE SCREAM!(アイスクリーム)』とか
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/860/
フットサルとエロと露出の組み合わせ。女体がエロい。尾崎晶『レヴォリューション.No.12』全2巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/638/
ついに因縁の準決勝の決着が。それぞれの超克と解放と赦し。羅川真里茂『しゃにむにGO』第30巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/652/
バッシュを履けば空を飛べる。隠れた大人気作品。日向武史『あひるの空』第1巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/1048/


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
4 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[09/24 Sarah Carlson]
[09/22 ブランドコピー]
[09/21 Natalieben]
[09/18 韓国ブランドコピー時計]
[09/17 Sarah Carlson]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]