忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[1304]  [1308]  [1302]  [1301]  [1300]  [1299]  [1298]  [1297]  [1293]  [1292]  [1291
ゲッサン(月刊少年サンデー)2009年6月号

『ゲッサン(月刊少年サンデー)』2009年6月号(創刊号)

表紙・あだち充「QあんどA」
あずまきよひこ「あずまんが大王・補習編」
四位晴果「よしとおさま!」
中道裕大「月の蛇 水滸伝異聞」
島本和彦「アオイホノオ」
田辺イエロウ「バースデイ」
ヒラマツ・ミノル「アサギロ 浅葱狼」
和田竜&坂ノ睦「忍びの国」
あおやぎ孝夫「ここが噂のエル・パラシオ」
ながいけん「第三世界の長井」
荒井智之「イボンヌと遊ぼう!」
モリタイシ「まねこい」
福井あしび「マコトの王者」
木原浩勝&伊藤潤二「怪、刺す」
杉本ペロ「権力の犬 ポリスワン!」
アントンシク「リンドバーグ」
鯨統一郎「タイムメール」
吉田正紀「楽神王」
森尾正博「ザ!! ビーチスターズ」
石井あゆみ「信長協奏曲」
付録・愛と勇気のミニ読切本
付録・あだち充・エッセイコミック全集
小学館------2009年-------500円

小学館から新創刊された月刊のサンデーです。
そう、「アオイホノオ」の中でも言われていたように、「増刊少年サンデー」はあっても「月刊少年サンデー」はなかったのです。とうとうそれが作られましたよ。

連載陣は、あだち充という大物作家を看板にして、話題となりそうなながいけん氏の新連載や、サンデー系の若手たちを集めた構成。さらにテコ入れとして、なぜかコミック電撃大王で連載されていた人気漫画「あずまんが大王」の特別版がこの「ゲッサン」に三号連続で掲載されます。どういう繋がりなんでしょうね〜
ほとんどが新連載でして、他の漫画雑誌でやってたものがここで継続してはじまるというのは、掲載誌がなくなってしまった「アオイホノオ」と「ビーチスターズ」でしょうか。「ビーチスターズ」の方は、頭に「ザ!!」を入れて、仕切り直しての新連載ということになっています。(話的には続きになってます)
「のぼうの城」の和田竜氏が坂ノ睦氏と組んで「忍びの国」という忍者ものを描いてます。
あだち充氏の「QあんどA」は、なさけない少年・庵堂厚が、数年ぶりに住んでた土地に帰ってきます。兄がすでに死んでいるという展開の話。ヒロインはまだ1人だけ。
中道裕大氏の「月の蛇 水滸伝異聞」は水滸伝の新解釈アクションもの。梁山泊が悪いやつらの集団だという設定みたい。蛇矛を使う男とその主の美少女たちの話。
あずまきよひこ氏の「あずまんが大王・補習編」は、まあ、六月にある新装版の宣伝をかねたものです。あの後日談とかではなく、普通にあの単行本のどっかにでも挟めそうな話。なんでも、新装版は1年生・2年生・3年生というふうに、学年ごとに三冊に分冊するそうなんで、この特別編も三冊それぞれに入るよう、三回掲載されます。そう、この今回の話、単行本に入るのですよ。あと、なんでもアニメのDVDが安価に出るらしい。おお。今度こそ買おうかな〜
あおやぎ孝夫氏の「ここが噂のエル・パラシオ」は、記憶を失った少年が女の子五人のプロレス団体で下僕として働くことになる話。シャワーシーン覗いてしまった全裸の女の子が、具が見える状態でドロップキックかましてくれます。
四位晴果氏の「よしとおさま!」は財産相続の可能性がある貧乏少年のもとにあったことのない父親から「御庭番」が送りこまれてきて守ってくれる、という話。「メイドガイ」?

付録の「愛と勇気のミニ読切本」に面白いエッセイ漫画とかのってまして、中でもモリタイシ氏の「愛と勇気のニート生活 愛と勇気のマンガ家飲み会編」というのがよかった。モリタイシ氏が飲み会を開こうとする話なんですが、西森博之氏と藤田和日郎氏の二人を呼ぶことになって、うわー、という。ガンガン系の荒川弘氏や大久保篤氏など、25人も漫画家が来てたりとか、えらい騒ぎです。あと、福満しげゆき氏がよく自分の漫画の中でサンデー系の作家と会っている、という話をしてましたが、この人だったんですね〜。

来月号からは、高田康太郎の学園バンドもの「メタりか!」がはじまります。
あと、九月号からは、あのガガガ文庫で大人気になった「とある飛空士への追憶」(犬村小六)がコミカライズ。作画は森沢氏じゃなく、小川麻衣子氏です。

  
「のぼうの城」「あずまんが大王」「とある飛空士への追憶」
---------------------------------------------------------

けいおん!人気で業界騒然、左利き用ベース2年分を追加発注(ASCII.jp)

豪華ゲッサン創刊号、付録が2冊に特典クリアファイル(コミックナタリー)

ねんどろいどになる「けいおん!」メンバー

近所のスーパーへ買い物に行ったら「平野綾」仕様の痛チャリ発見(GIGAZINE)
前に池袋で「灼眼のシャナ」の痛チャリは見たことありますが、これはもっと突き抜けてますね。あれか。「エアギア」のベヒモスの四天王が乗ってたあれか。

仏蘭西少女~Une fille blanche~ OP

Tony氏の作画がほんと綺麗ですなー。

桜sky(PlanetMars)

相撲!(ShiBoo!)

なんとなくアスカのこんな顔が描きたかったので。(桃幻食研)

咲 のどっちたちのメイド姿(なうしの)

  
「仏蘭西少女~Une fille blanche~」「ぢごぷり」「TVアニメ かんなぎ 公式ビジュアルファンブック」
---------------------------------------------------------
関連サイト
小学館コミック -ゲッサンWEB-
http://gekkansunday.net/top.html
ゲッサン創刊号 「贅沢すぎる月刊誌、ついに創刊!」(アキバblog)
http://blog.livedoor.jp/geek/archives/50837686.html

この記事もどうぞ。
新時代の到来に乗り遅れてると焦るホノオはついに決意する・・・! 島本和彦『アオイホノオ』第2巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/1293/
小島あきらの新作「まなびや」や「夏のあらし!」「戦國ストレイズ」も掲載してます。『月刊ガンガンJOKER(ジョーカー)』2009年5月号(新創刊)
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/1260/
「マガジンGREAT」が新装刊! 超厚1054ページの大ボリューム。赤衣丸歩郎の新作「ゴルフ13(サーティーン)」もあります。 「マガジン イーノ」2009年1号
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/1256/

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[08/20 Briankaw]
[08/17 FXBrokerHet]
[08/01 hair bundles]
[07/28 adidas superstar blue and white]
[07/24 StanleyDathy]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]