忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[1437]  [1435]  [1434]  [1430]  [1429]  [1428]  [1426]  [1425]  [1431]  [1427]  [1424
各所で話題となっているアニメーション映画『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破』ですが、昨日、二度目を観に行ってきました。
やっぱり一度だけじゃ足りませんよ。今度はじっくりと。

ゾクゾクさせられる疾風怒濤の新展開! さらにスケールをアップさせて公開された『ヱヴァンゲリヲン新劇場版 破』を見てきました
一回目の視聴についてはこちらを。

漫画版エヴァンゲリオン既刊11巻まで

で、観たついでに漫画版の『新世紀エヴァンゲリオン』を全巻買ってしまいました。
たしか4巻くらいまでは読んだんですが、それ以降は連載の方もチェックしなくなってしまったので。
これから読みます。

しかし、ほんと映画の方は大人気ですね。
金曜日のお昼前に劇場に行って、先に20時からの上映の回をとっておいたんですが、その時点でお客がたくさん入っていて、あまりいい席はありませんって言われました。ちょいまてって! 平日だぞ。まだお昼なのに、何みんなして行く気満々なんだよ!
でもまだ二階席の方は空いてたようなんで、お願いして二階席の最前列にさせてもらいました。しかも、ど真ん中でした。いやー、二階席は思った以上に良いですね。最前列だから何も遮るものがないし、全体を見渡し易いし。
で、予想はできたけど、20時の回はほぼ満席。会社帰りの人が多いのか、スーツ姿の人がたくさんいました。

こっから先は「新劇場版:破」のネタバレを含みます。





















一度観てるので、今回はもうちょっと細部に注目してしっかり観てきました。
他のサイトの方とかイラストサイトの人とかが、「マリのおっぱい」「アスカのお尻」がエロい!と発言しているのが目立ってたから、そこんとこもちゃんとチェックしました。前の時はそこまで気がつかなかったですが、確かにマリはおっぱい発言が多く、アスカはお尻描写が多いですね。
あと臭いと食事が重要な要素となっているのも言われてたのですが、改めて観ると確かに繰り返し使われていますね。食事の臭い、土の臭い、海の臭い、綾波の臭い、母さんの臭い、LCLの臭い、他人の臭い。臭いのキーワードを使うのは、シンジとマリがメインでした。
食事は他人との関係を繋ぐアイテムとして使われ、この「破」を通しての手法となってましたね。
あと、「はじめての言葉」的なものが綾波を中心に、いくつか使われていましたね。はじめての挨拶、はじめての呼び捨て、はじめての感謝、はじめてのお願い。
そういや、アスカがシンジとレイを呼ぶ時に、「七光り」「えこひいき」ってのを使うのは、前の「ファースト」とかってのの代わりみたいですね。でも、使い方が上手い。

話の流れも改めて観てみると、凄い展開なのが感じられました。そもそも、前作テレビ版では8話から19話までのすごく重要な部分を含む、11話分もの量になるところを、二時間未満で詰め込んでありますから、いろんなのをカットしまくってます。この部分は、前は第六使徒から第十四使徒までだったのを、アスカに倒されるやつ(第6のガギエルと第9のマトリエルを合わせたような)、前と同じ衛星軌道上からの直接落下をかます第10使徒サハクィエルと同じだけどデザインの違うやつ、第13使徒バルディエルとほぼ同じ設定のやつ、そしてちょっと帯が派手になった第14使徒ゼルエルにあたるやつ、の四体にしてますし。
第七使徒イスラフェルがいなくなって、アスカとシンジの連携が強調されなくなったことと、参号機の起動実験をアスカがやってレイに協力したことで、前みたいなシンジとアスカのエンディング、という形ではなく、「破」の終わりがあんなんだったから、まさにシンジとレイのエンディングになるのかも、と推測してみたり。
他のサイトの書込みとかみてると、予告の部分に出てくるあのアスカは、「惣流」の方のアスカなんじゃないか、としてる人いますが、どうでしょうか。確かに目をやられたとかはむしろ「劇場版」のアスカですが、参号機の時の負傷で、ということの方がアリそう。使徒と融合したのはシンジ・レイたちだけじゃなく、アスカも、ということになるかも?

試作五号機が爆砕し、四号機も北米ネルフで消滅、六号機だというマークシックス(Mark.6)は渚カヲルがちゃんと乗り、七号機は不明だけど、八号機は出るらしい。となると、今回マリのぶっ壊した2号機は復活しないで、八号機・七号機はマリ・アスカたちが乗るとか? あー、でもレイとシンジがどうなるか解らないけど、レイがまた乗るような事態になった場合には乗る機体がもう一台必要か。
そもそも、前のEVA5号機から13号機は、あの白いEVAでしたが、今回はどうなるんでしょうね。すでに前みたいにたくさん最後に出す展開は無さそう。
それよりも、やはりマリの動向が気になりますね。この娘が何を目的としてるのか、誰と組んでいるのか、とかが全然解りません。とりあえず加持とは繋がりがあるみたいですが(そのかわりか加持とアスカの関係が無くなりましたね)。
あと、テレビ版では巧妙に直接会っている場面を避けられていた碇ゲンドウとアスカですが、この「破」でも会うシーンは無さそうですね。

ともかく、謎は尽きないし、いろいろ想像させる気になる展開は健在で、またも乗せられてしまってるのですが、なんだかそれがまた嬉しい感じです。
早く「Q」が観たいです。でも、一年以内にやってくれはしないだろうなぁ・・・

この二回目を観た時は、最後に拍手は起こりませんでした。ざわつきはありましたが。
真後ろあたりに座ってた数人の青年たちは、まだ完全に終わってないのに、「語り」はじめちゃいまして、五月蝿かったです。
観てる最中にグミ食べたりお茶を飲んだりしてたのですが、飲み過ぎたのか、最後のバトルのあたりでちょっと気持ち悪くなって吐きそうな感じなったのには参りました。今度は気をつけよう。てか、あと一回くらいは劇場で観る気でいるという。
あー、もう、これはDVDかBDを買うことになるかなー?
そんくらい面白かったです。サイコーですよ。
しかし、作風がほんとに変わりましたね。鬱展開とか無いし、エンターテイメントとして非常に優れています。サービスシーンが多いのも手の内かと。キャラクターたちの性格も変更があって、あのシンジの熱い展開には驚きました。まるでロボットアニメの主人公みたいじゃないか(もとからそうです)。
この変化は、やはり庵野秀明氏の変化なんでしょうか? それとも摩砂雪、鶴巻和哉という監督たちの影響なんでしょうか? GAINAXからカラー(χαρα)となった影響とかは解りませんが、そこらへんもどうなってるんでしょうね?

鬼頭莫宏がなんかのデザインで協力してるみたいですが、何をやったんでしょうね? はじめにアスカとやり合う使徒がなんとなく鬼頭っぽかったけど。

  
「Megami MAGAZINE (メガミマガジン) 」「月刊Newtype」「ヤングエース Vol.1 2009年8月号」

レイト5番S-10

追記

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 Blu-ray」「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 DVD」
すでに予約できるみたいです。

-----------------------------------------------------------------------------------

今回、予告のところで、八号機が・・・と出たときに思ったんですが、「エヴァ」が大好きだった作家さんCHOCO氏は(自分のサークル名を「包帯少女」とするぐらいですからね)、同人誌で自分的エヴァの6号機以降をデザインして漫画にしてましたが、あれみたいに、各国がチルドレンを出してのバトルに・・・という展開はどうなんでしょうか。ああゆうのもイイと想いますが、劇場版じゃ時間が無いからないかな。


そうそう。amazonでこんなのが売ってました。

  

「新世紀エヴァンゲリオン 綾波レイプラグスーツ 男性M号」「新世紀エヴァンゲリオン アスカ・ラングレープラグスーツS号」「新世紀エヴァンゲリオン 綾波レイプラグスーツ 男性100kg号」
おもしろ倶楽部株式会社ってとこから、こんなの売ってるんですが、これ使って何しろと?(SMLサイズの他に、100kg号とか、サイズもやけに大きいのOKみたいだし、そもそも「男性」って?)(笑
あと、顔が潰されてるのもありますが、顔出てる画像もありますね。これって、美人みたいだけど合成っぽいですね。

新劇場版の真希波・マリ・イラストリアス(4HANDS)

エヴァ破観てきた!(エレさわサブぺージ)
アスカ絵

   
「福音の少年」「イグナクロス零号駅」「ひぐらしのなく頃に」
----------------------------------------------------------------------------------
関連サイト
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 公式
http://www.evangelion.co.jp/
株式会社カラー 公式
http://www.khara.co.jp/
GAINAX NET
http://www.gainax.co.jp/
シネマサンシャイン
http://www.cinemasunshine.co.jp/
新世紀エヴァンゲリオン(旧)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E4%B8%96%E7%B4%80%E3%82%A8%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%B3

この記事もどうぞ。
ゾクゾクさせられる疾風怒濤の新展開! さらにスケールをアップさせて公開された『ヱヴァンゲリヲン新劇場版 破』を見てきました
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/1422/
『新世紀エヴァンゲリオン』がリメイクじゃなく、新しい物語として登場。三部作の1つ目。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/643/
子供ながら、そして子供だから抱く、強い意志の力。鬼頭莫宏『ぼくらの』第2巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/918/

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[08/20 Briankaw]
[08/17 FXBrokerHet]
[08/01 hair bundles]
[07/28 adidas superstar blue and white]
[07/24 StanleyDathy]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]