忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[1425]  [1431]  [1427]  [1424]  [1423]  [1422]  [1420]  [1421]  [1418]  [1417]  [1416
ヱヴァンゲリヲン新劇場版_破_上映館シネサン

2009年6月27日に封切られた『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版 破 (EVANGELION:2.0 YOU CAN (NOT) ADVANCE.)』を、日曜の夜の回で見てきました。はじめは初日に行こうとしたけど、仕事とかあって無理だったので。一度お昼に映画館まで行って、席を予約しておきました。行ったのは池袋東口にあるシネマサンシャイン。ここは席は予約制なんで楽ですね。でも、私が行ったのは11時くらいだったのに、すでにもう一階席は埋まってしまっていて、人生数度目の二階席ということに。20時の回は席が空いてたけど、他のやつはほとんど埋まって立ち見とからしかったです。

夜の8時になってからまた来ると、思った以上の盛況振り。お昼の時とかは凄い入っているのがわかりましたが、夜までこんな入るとは。満席で、立ち見とかが二階席にまで居ました。二階の前から2列目でしたが、非常に見やすくてよかったです。

私は他の人がネットとかで土曜に見た感想とか書いてるのを見そうになって、このまま行くと絶対早いうちにネタバレ情報とか聞いたり見たりしてしまう・・・と思ったので、とにかく早く行く事にしたので日曜のうち行くことになったのです。
で、見た上で言うのですが、「TV版を見た上で観た方が楽しめる。けど、TV版とはもう別物の話です。そして、その上で、これは面白いと言えます」。
皆さんも、ネタバレして観に行くよりか、しないで観た方が絶対面白いので、早く行く事をお勧めしますよ。

ちなみに私が観た回では、予告編の時にどよめきが! 見終わった後に拍手がわき起こりました!!
それだけのものだったんですよ。私も観てる時はドキドキワクワクでしたし、展開の凄さにブルブルしてました。それに最後の方なんか少し涙出ました。こんな中年にそんなことさせるアニメ。やっぱ「エヴァ」すげーなぁ。当時テレビのを必死に真剣に観てたこともあって感慨深いのです。

これ以降はネタバレ有りの話なんで、観に行くつもりの人は見ないように。いや、ほんとネタバレしちゃうともったいないんです(だからこそ早く観たほうがいいですよ)。
少し空間をあけて書きます。




















事前情報はなるべく入れないで行ったので、全然どうなるか解りませんでしたが、これほどまでに変更されるとは思いませんでした。
話としてはアスカの登場から最強の使徒によるネルフ本部への侵攻の危機までです。本来なら数時間かかる部分ですが、怒濤の展開で次から次へと使徒を倒していきます。なんかダイジェスト版を見せられているような展開の早さとも言えますが、話の基本構造は変えないでいくつかの逸話とかを変更・削除しつつ、新しいテーマ・事象・行動を肉付けて、新たな話に作り上げています。
話と萌え要素を詰め込み過ぎという気がしないでもないですが、新たなストーリーの魅力と、2時間の中に数回の迫力ある戦いが、一度観た話のはずなのにまったく飽きさせません。第三新東京市の戦闘施設とか、ギミック・アクションのスケールが凄い上に、こっちをワクワク・ハラハラさせるような展開で目が離せませんよ。それに使徒・エヴァとかの凄まじさが上がってて、これだけでも楽しめます。いうなれば、古い劇場版のバトルシーンを短時間に何度も観てるような感じ。
アスカが式波という違う名前になったことは、ああも違うキャラクターとなって現れているのでしょう。同様に、シンジもレイもさらにはゲンドウさえも、キャラクターとして違う要素を見せています。これは凄いことですよ。あの綾波レイが・・・
新キャラの真希波・マリ・イラストリアス(声優は坂本真綾氏です)ですが、こんなキャラだったとはと驚かされました。すごい軽妙でポジティブ。何か彼女なりの秘密の目的を持っているようですが、それについてはまだ謎のまま。
このマリを入れたことでキャラの役割がいろいろ代わってたりして、そこらへんも驚くところかと。なんといっても、アスカのあの結末は!! うおー、そんな!
そして、ヱヴァの機体がなんと試作5号機とかだけじゃないことも判明。え? 八号機? 誰が乗るんだよ。てか、7号機は? 6号機とカヲルくんも次で活躍しそうです。

今回、ご飯の話が組み込まれてましたね。これが今回のテーマのひとつだったとは今更ながら気づきました。
やべえ、俺もポカポカしたい!

私はもう一度観に行ってもいいかな、とか思うくらいです。いろいろ新展開・新設定・新用語とか多過ぎて、消化しきれない部分とかあったので、そこらへん確認したい。うーん、BDとか出たら買ってみようかな〜。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 予告編 youtube

ニコニコ動画でだとネタバレをコメントされる可能性があるので危険。youtubeで。

そういえば、次のタイトルが「Q」だってことで、思わず笑っちゃいました。場内でもなんか生温い笑いがわき起こってました。「なんだよQって(笑」みたいな。
けど、「序破急」の「急」を「Q」にもじってるということはこれでは終わらず、「Q&A」で最後は「A」とか?

作中で何度かなつかしい日本の緩いタイプの歌を緊迫した場面で使ってましたが、使い過ぎのような気も。観た人のそこらへんへの反応はどうなんでしょうか。

  
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版 序 BD」 「真希波・マリ・イラストリアス」「マリ プラグスーツver.」

レイト5番T-5

追記
『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破』の二回目を観てきました。そしてまんまと漫画版単行本を買ってしまうことに
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/1428/
二回目観てきました。感想はこちらに。


「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 Blu-ray」「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 DVD」
すでに予約できるみたいです。

------------------------------------------------------------------------

「東のエデン」劇場版前売り券は羽海野チカの小冊子付き(コミックナタリー)
テレビ版は終わった「東のエデン」。これも完結編は映画にて。
ちなみに今日、『ヱヴァ 破』観た時に近くの映画館でこれのポスター貼ってありました。
東のエデン劇場版ポスターがあった
まあ、公開は冬なんですが。

今週のマガジン、ヱヴァポスター&CODE:BREAKER 1周年(コミックナタリー)

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」公開、アスカフィギュア付き数量限定コンボセットなどレビュー(GIGAZINE)
これ、凄い行列作ってたんで買いませんでした。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」公開直前の各映画館前に並ぶ徹夜組の様子(GIGAZINE)

  
「emotion style 綾波レイ」「ヱヴァンゲリヲン 新劇場版 綾波レイ プラグスーツver.」「式波 アスカ ラングレー」

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:仲村みう、綾波「プラグスーツ」で登場 第2弾「破」公開でコスプレイヤー続々登場(まんたん)
ごめんなさい。これは怖い。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』いよいよ、リフトオフ!(ファミ通.com)
むしろこっちの方は怖くない。

破みてきた(イニシャルG)
ややネタバレ、ですが、その捻りは上手い!

  
「コンティニューvol.46」「ヤングエース Vol.1 2009年8月号」「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 オリジナルサウンドトラック SPECIAL EDITION」

  
「Megami MAGAZINE (メガミマガジン) 」「月刊Newtype」「新世紀エヴァンゲリオン」
-------------------------------------------------------------------------
関連サイト
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 公式
http://www.evangelion.co.jp/
株式会社カラー 公式
http://www.khara.co.jp/
GAINAX NET
http://www.gainax.co.jp/
シネマサンシャイン
http://www.cinemasunshine.co.jp/
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」公開後、気がついたらリボルテックエヴァが品薄に(アキバblog)
http://blog.livedoor.jp/geek/archives/50853198.html
「今、エヴァが熱い!そして俺の股間も熱い!」(アキバblog)
http://blog.livedoor.jp/geek/archives/50853154.html

この記事もどうぞ。
『新世紀エヴァンゲリオン』がリメイクじゃなく、新しい物語として登場。三部作の1つ目。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/643/
壊したくないものを取り戻すために。原作/筒井康隆&監督/細田守『時をかける少女』
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/101/
奈須きのこの小説を全7章の劇場版アニメにした大作。劇場版『空の境界(からのきょうかい) the Garden of sinners』。三話まで見ました
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/750/
『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破』の二回目を観てきました。そしてまんまと漫画版単行本を買ってしまうことに
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/1428/






PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
その回で、自分も見ました。
見終わった後の拍手はホントに良かったですね。
感動しました。

童謡の件は自分的にはアリです。
「今日の日はさようなら」と「翼をください」アスカとレイがそれぞれ歌っているのに対してあのシーン。鳥肌物でした。

また見に行こうと思います。
satera URL 2009/06/29(Mon)22:32:04 編集
まさかの拍手
>satera さま
コメントありがとうございます。
おお。同じ回だったようですね。
あの童謡はアリですか。ギャップゆえの鳥肌ものということでしょうか。もしかしたら、自分はいままでのエヴァ=クラッシックというのがガッチリ擦り込まれてるのかもしれません。
自分的にはあの童謡がどこかのシーンでキャラに使われたあとに、アレがくればより良かったです。ちょっと唐突な感じがしたので。でも、一番はじめのマリの歌はイイと思いました。
管理人・マミヅク 2009/06/30(Tue)22:41:24 編集
ほかで感想を見て
見た感想を記事にしてる方が他にもたくさんいますが、みんな細かいとこまで凄いよく見てるなぁ、と関心します。
比較的判り易い、トウジがアイス食べた時のセリフとか、全然気付きませんでした。

>Q
友達と話した時、ヱヴァ新劇場版はもともと四部構成だって話を教えてもらいました。最後は「A」だという読みもあたってるとのこと。

それにしても、リピートする気のコメントをそこらじゅうで見ました。実際すでに二度目に行った人とかもいるようです。エヴァってやっぱりそういう作品ですよね〜。
あと、多かったコメントでは、観れてよかった、この時代のオタクでよかった、というのが目立ちました。私もそう思います。

来週くらいに自分も二度目行くかな〜
管理人・マミヅク 2009/07/02(Thu)00:18:21 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[10/14 ブランド激安市場]
[10/07 psytorrpy]
[10/02 exttorrms]
[10/01 クリスチャンルブタン 財布 コピー]
[09/27 Natalieben]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]