忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[990]  [989]  [986]  [985]  [984]  [983]  [982]  [1922]  [1913]  [1294]  [1655
「ミオ先生 俺に女の事教えてくれ」

いやー、驚かされましたよ。小畑先生には。ジャンプ読まなくなってから半年以上経ちますが、さすがにこれは全力で見逃せません。

週刊少年ジャンプ2007年1号_ラルΩグラド

『週刊少年ジャンプ』2007年1号

集英社---------特別定価240円

巻頭カラー&新連載・『ラルΩグラド BLUE DRAGON 』小畑健&鷹野常雄
「闇から生まれる異形の存在『カゲ』。カゲの出現によってこの星の人間は窮地に立たされていた。ロイが治める土地もカゲの侵略を受け、もう城の陥落が避けられないという状況に陥る。そんな中、カゲの一種であるドラゴンに憑かれたロイの子ラルを閉じ込めた地下から解き放てば、ドラゴンの力でカゲたちを倒すことが出来るかもしれなかった。しかし、ラルがカゲによって侵食されていたのなら、逆に脅威になってしまうかもしれない。だが、教育係だったミオは、ラルを信じ、解放するように言うのだった・・・」

新連載の『ラルグラド』はX-boxのゲーム『ブルードラゴン』の漫画化で、ゲームの展開と合わせてやってるようですが、どこまでゲームと連動してるのかとかは不明。世界観の設定を冒頭にだらだら説明する部分はちょっと読み飛ばしたくなりましたが、後半からの展開がすっきりしてて、しかも非常によいです。
人の影から出現する「カゲ」を封じるため、影の無い闇の中に閉じ込められた少年ラル。15年前の赤ん坊の頃から外の世界を知らずに成長したラルは、危機をむかえた国のために・・・というわけではなく、教育係だったミオ先生が、自分とは違って「女」という生き物であることを知って興味を持ち、「女」のことを教えてもらうかわりにカゲをやっつける、ということを約束する!

・・・って、ぬおーっ、小畑先生ってば『デスノート』の成功の後、というか最中だというのに、このはっちゃけ振りはなんですか~。
『to LOVEる』やら『エム×ゼロ』が受け持ってるはずのH路線に全然負けてませんよ。いや、負けるつもりなんか無い、とでもいいたげなアグレッシブな描写です。
ラルは常識知らないとかいうことで、いきなりミオ先生の服を剥いちゃったり、胸は揉むし、「ミオ先生 俺に女の事教えてくれ」とか言ってます。ミオ先生もミオ先生で、どこで教えてくれるのか聞かれて「ベッドで」とか素直に応えちゃうあたりが、もう。
剥いたシーンは、自分的には『北斗の拳』のレイがマミヤさんを風呂場でひん剥いた時以来の衝撃を与えました。いや、ほんと吃驚しました。
レイは二度剥いたわけですから、ラルにも今後、レイに負けない活躍を期待したいものですね。(ぇー

久々にジャンプ買ったので、せっかくだから読んでみようかと思ったら、知ってる漫画がほとんど無いです。現在単行本で読んでるのは『ディーグレイマン』『to Loveる』だけ。『ブリーチ』も『ワンピース』も読むのやめちゃったからなぁ。最近噂では『ワンピ』が面白いらしい。あと、知り合いが嵌まってる『REBORN!』とか、『ムヒョとロジー』とかもいいらしい。いつか読めるかなぁ・・・。

  
「バクマン。」「ヒカルの碁」「ラルグラド」
ヒカルは新装版出ましたね。
-----------------------------------------------
参照サイト
POP webb JUMP(週ジャン公式)
http://jump.shueisha.co.jp/home.html
ブルードラゴン
http://www.mistwalker.info/bd.html

この記事もどうぞ。
なってやるマンガ家に! 少年たちは夢に向かって駆け上る。小畑健&大場つぐみ『BAKUMAN(バクマン。)』第1巻 夢と現実
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/791/
名前を書くと人が死ぬノートを手に入れた少年が目指すのは・・・。小畑健&大場つぐみ『DEATH NOTE(デスノート)』シリーズ
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/363/
ついに闇女王のいるカサビア大陸へ。小畑健&鷹野常雄『ラルΩグラド(RalΩGrad)』第2巻。あと、観月さんとルーシーが大活躍。叶恭弘『エム×ゼロ』第4巻。
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/270/


この記事へのコメント

各所で無駄にエロい、と言われてますが、そんなことはない。
まあ、ミオ先生が最後の塔の上のベッドでやけに、やる気満々な服着てたのは、なんか凄かった。

ところで、もう木曜になろうというのに、コンビニとかでまだジャンプが売れ残ってますね。この新連載に合わせてたくさん刷ったんでしょう。ホント金かけてますね〜
Posted by 管理人マミヅク at 2006年12月07日 22:12

今週出た2号も読みましたが、なんかさらにエスカレートしてますよ。エロスが。
ベッドに二人引きずり込むわ、風呂場でご奉仕してもらっちゃうわ。
この小畑健先生のエロ路線は、やっぱり原作者の鷹野常雄氏の指示なんでしょうかね。

今回登場したカゲの女王・ビラ。
なんか、どうみても、パンツはいてない、ようなんですが、あえて取り巻きのカゲどもに「パンツ下さい」と言わせて、あたかも、パンツはいている、かのように表現するという少年漫画雑誌として体面の保ち方には関心します。
Posted by 管理人マミヅク at 2006年12月13日 03:16

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[11/21 Virginia Williams]
[11/12 UGG靴 カンコク コピー]
[11/05 Andrea Gibson]
[08/04 マミヅク]
[04/10 マミヅク]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]