忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[997]  [996]  [995]  [990]  [989]  [986]  [985]  [984]  [983]  [982]  [1922
今日は、本屋で漫画買う時に、前の客がフィギュアの予約をしてたので時間がかかり、そのおかげで仕事に遅刻しました。(挨拶)

それはともかく。
久々に士貴智志氏の新連載ということで注目。

少年シリウス2007年1月号

『月刊少年シリウス』2007年1月号

巻頭カラー・『X BLADE(クロスブレイド)』士貴智志&イダタツヒコ
巻中カラー・『銃姫』高殿円&一文字蛍
特集・真冬の怪奇宴『木守り』木静謙二&木原浩勝、など。
講談社--------2007年----特別定価540円

>クロスブレイド
「4年前の大災害によって街の大部分が破壊され、封鎖によって立ち入ることが出来なくなっている東京。災害によって家族を失った少年ハルとその友達・カズナリと早苗。彼らの前に突如として現れたのは、銃を持った男たちと、それに刀で立ち向かう男。ハルは、その戦いに巻き込まれていくのだが・・・」
・・みたいな話です。分類的にはアクションファンタジーかな。まあ、なにせあの『外道の書』のイダタツヒコ氏と『神風』の士貴智志氏のコンビですからね。
しかし、士貴智志氏の紹介のあおり文句が「『神風』と『アイ 光と水のダフネ』の作家」ってなってたのはちょっとなぁ。『RIOT』は? 『ダフネ』の方は1巻しか出てないのに。

てか、これ読んで唐突に『アイ 光と水のダフネ』が読みたくなって買ってしまいました。

アイ_光と水のダフネ第1巻

士貴智志『アイ 光と水のダフネ』第1巻

少年画報社----2004年--------533円

マエバリは無い。
まあ、それはともかくとしても、アニメとはかなり違う仕上がりになってます。『アワーズ』で連載してましたが、途中で突然連載しなくなってしまった漫画ですね。

  

『アイ』の新装版出てます。

話を『シリウス』に戻しますが、『X BLADE』はまだ話の方向性が見えないので、今後に注目。
特集で読み切りの『木守り』は、Hな漫画をいくつか描いてる木静謙二氏が作画担当です。良い漫画描く人だったので期待してましたが、これは淡々と話が進んでしまい、話自体はあまり・・・。というか、この「真冬の怪奇宴」全体が、かなりトーンの低い、起伏の無い話ばかりで、ちょっと外し気味だったような。

なぜかこの特集のひとつに組み込まれてた『怪物王女』ですが、12月22日に3巻が発売です。

『乱飛乱外』は痴女仮面が登場。『エアギア』のスク水仮面の凄いバージョンとどっこいどっこい。・・・シリウスって、結構健全な方な少年誌なのに・・・・。

『Dear Monky西遊記』は最近凄い面白いですね。トルファンでの死闘は、ついに悲劇的な場面へと・・・。ドラマ性という点では『シリウス』随一のものを持ってるように思います。

やはり、『シリウス』は全体的に画力は非常に高いのですが、ストーリー部分がまだ弱い感じがします。

-----------------------------------------------
関連サイト
月刊少年シリウス
http://www.sirius.kodansha.co.jp/
イダタツヒコ
http://homepage2.nifty.com/tatnat/
士貴智志
http://www.wrenchstudio.gr.jp/
ダフネ
http://www.thedaphne.jp/

この記事もどうぞ。
シーナ&バケッツの活躍とシーナの謎。新井輝『ROOM NO.1301 #5妹さんはヒロイック?』
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/970/
皇子と魔剣が再び!  祝エルリック・サーガ復刻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/485/
ジュゴンに育てられた少年たちと少女・琉花の出会いが海にまつわる不可思議な物語へと巻き込んでいく。五十嵐大介『海獣の子供』第1巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/188/

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[08/04 マミヅク]
[04/10 マミヅク]
[04/10 kb]
[03/26 マミヅク]
[03/24 風の谷の名無しさん]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]