忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
けいおん! highschool_かきふらい

かきふらい(kakifly)『けいおん! highschool(K-ON! ハイスクール)』

「軽音部の先輩四人が卒業し、平沢憂と鈴木純とともに部を引き継いだ中野梓。相変わらず部室でお茶を飲もうと部室に入ったが、そこには金髪碧眼の新入生がティーセットの入った棚を動かそうとしていて・・・」
芳文社----------まんがタイムKRコミックス--------2012年-----819円

大ヒット作「けいおん!」は全4巻で完結していますが、続編として卒業後大学に入った四人を描く「けいおん!college」と、残された軽音部の梓たちを描くこの「けいおん! highschool」があります。連載は「まんがタイムきららキャラット」。
PR
椋蔵『ユーフォリアジュース』

椋蔵『ユーフォリアジュース』

芳文社-------------芳文社コミックス----------2012年-------------590円

椋蔵氏の一般向けのエッチな恋愛漫画です。
収録作品は、「ノン・ア・ラ・モード」「ラッキーキャンセラーズ」「トリップトリップ」「ラブレイター」「リアイバリア」「ラバーフォーム」「ファーストレンジ」「ラブレイダー」「ハッピーキャンセラーズ」の9本。掲載は「らぶチュ」。
平つくね『ラッキー・ブレイク』第1巻

平つくね『ラッキー・ブレイク』第1巻

「父の会社の倒産の影響で芸術大学に通っていられなくなった野々川陸(ののかわりく)は、バイト先で出会ったデザイン会社の美人社長に拾われる。図らずも一足飛びで夢みたデザイナーに近づけた陸だったが、会社の同僚は個性的な人ばかりで・・・」
芳文社--------まんがタイムKRコミックス--------2011年--------819円

最近では「アンスリウム」の表紙や、「アイマス」「セーラームーン」の同人誌などでも活躍中の平つくね氏の四コマ漫画「ラッキー・ブレイク」です。
デザイン会社に入ることになった元女子大生が、面白いけど過酷なデザイン業界の中で揉まれて(性的な意味ではなく)行くお話です。
連載は「まんがタイムきららキャラット」。
けいおん!college_かきふらい

かきふらい(kakifly)『けいおん! college(K-ON! college)』

「みんないっしょに同じ大学へと入学した放課後ティータイムの唯・律・澪・紬の四人。慣れない寮暮らしをしながら大学でも軽音部へと入ることになるのだが、やっぱりみんなはゆるゆるで・・・」
芳文社----------まんがタイムKRコミックス--------2012年-----819円

大ヒット作「けいおん!」は全4巻で完結していますが、これはその続編です。大学へと進学した放課後ディータイムの四人が、。連載は「まんがタイムきらら」。
二輪乃花_宇河弘樹

宇河弘樹『二輪乃花(にりんのはな)』

「戦争で母親を失った少女・エリ。婿養子だった父は、母親の親族たちの勧めもあり、母親の妹であるミヤコを後妻としてもらうことになり、エリも母親の実家で暮らすことになった。しかし、幽霊屋敷と陰で言われているそこで出会ったのは、あまりにも母親に似た同い年の少女で・・・」
芳文社------------まんがタイムKRコミックスtsubomi series-----------2012年----------933円

「朝霧の巫女」の宇河弘樹氏の新作百合短篇集が出ました。
収録作品は、「コブリアワセ」前後編、「ニリンソウ」、「Walk wit me」前後編の5本に、それに描き下ろしの「コブリアワセ」後日談と、「after Walk wit me」です。また巻末にはラフ絵と簡単なプロットが描かれた「アイディアノート」が収録されています。掲載は「ニリンソウ」だけがつぼみwebコミックで、他は「つぼみ」です。
東山翔『prism(プリズム)』

東山翔『prism(プリズム)』第1巻

「星野恵(ほしのめぐみ)は、小学生の頃、海岸で出会った少年・光との思い出が鮮烈に残って引きずり、恋もせずに数年が経った。高校に入学した恵は、その初日に同じ新入生の美少女からいきなり抱きつかれ驚くのだが、実は彼女こそがかつて出会い、少年だと思っていた少女、藍原光だったのだ・・・」
芳文社------------まんがタイムKRコミックスつぼみシリーズ--------------2012年---------------848円

非常に質の高いストーリーとエロスで魅せる作家・東山翔(ひがしやましょう)氏の新刊が発売になりました。これまでの三冊は、幼い少女たちを描く18禁の作品でしたが、今回は少女同士の恋を描く百合作品となっています。連載は「つぼみ」。
黒田bb『Aチャンネル』第3巻

黒田bb『Aチャンネル』第3巻

「ユー子の家の近くのデパートの屋上にできたカフェに行くことになったみんな。そこは山盛りパンケーキが有名なお店だったのだが、なんとトオルのクラスメイトのミホがバイトしていて・・・」
芳文社------------まんがタイムKRコミックス------------2012年------------819円

OVAが同時に出る「Aチャンネル」の第3巻です。待ちに待ちました!
連載は「まんがタイムきららキャラット」。表紙絵は、ナギちゃんです!
少女素数第3巻_長月みそか

長月みそか『少女素数』第3巻

「友達が無断で応募したことでファッション誌『ティーンベリー』の読者モデルに選ばれたあんずとすみれ。しかし、すれみはそのことをパッ君が知っても興味なさそうだったことに少し気落ちしてしまい・・・」
芳文社-------------まんがタイムKRコミックス------------2012年--------590円

東北大震災の影響で発売が少し延ばされていた長月みそか氏の「少女素数」の第3巻が発売になりました。搗栗(かちぐり)家の二卵性双生児の姉妹・あんずとすみれが、可愛く楽しく青春する作品です。
この巻では、二年生の夏から秋まで。収録されているのは19話から28話までで、双子が読者モデルになったりする話とともに、すみれとあんずの恋愛絡みの話が描かれていきます。
蛇足せんたろう『ヒメとトノ』第2巻

蛇足せんたろう『ヒメとトノ』第2巻
(完結)
「告白はしてないけど、互いに好き合ってるヒメとトノの二人。でも、進路が決まれば離れ離れになるだろうとトノは予感して・・・」
芳文社-----------MANGA TIME KR COMICS KIRARA MENE 594---------2011年-------819円

蛇足亭の蛇足せんたろう氏の「ヒメとトノ」の第2巻です。ドーナツ大好きな女の子・トノと、ちょっとスケベだけど仲良しな男の子・ヒメの、互いに好きなのにじれったくなるほど微妙なバランスで保たれる関係を描いた四コマ漫画です。この第2巻で完結となります。
玄鉄絢『星川銀座四丁目』第2巻

玄鉄絢『星川銀座四丁目』第2巻

「悪質な店員がいるスーパーで万引き犯にしたてあげられそうになっていた那珂川湊(なかがわみなと)を助けた松田乙女(まつだおとめ)。乙女が登校拒否児だと知った湊は、乙女の家を訪れることになるのだが・・・」
芳文社--------まんがタイムKRコミックスつぼみシリーズ------2011年------848円

小学生の教師と、その教え子だった少女の恋愛を描く、「星川銀座四丁目」の第2巻です。
六話から13話まで、二つのエピソードを収録。あと巻末にはまた描き下ろしの短編があります。
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]