忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[2012]  [2013]  [1050]  [1049]  [1048]  [1047]  [1046]  [1045]  [1044]  [1043]  [1042
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

5巻が出た当時に買い始めて、記事にしよう記事にしよう、とずっと考えてたんですが、ついつい書きのがしてました。でも、この巻は表紙が不二子さんですから載せないわけにはいきませんよ。

絶対可憐チルドレン第8巻_椎名高志

椎名高志『絶対可憐チルドレン』第8巻

「ある日、チルドレンの三人組が道端で助けたモモンガは、旧日本軍の超能力実験施設から逃げ出した実験動物のエスパーだったのだ。薫はこのモモンガに桃太郎という名前をつけて飼おうとするが、桃太郎は三人に近付く朧に敵意を抱いて暴れ出す。過去の実験の非道な行いから、人間を敵視する桃太郎をなんとかしないといけない薫だったが、その姿を自分に重ねてしまい・・・」
小学館。少年サンデーコミックス。2007年。390円

特務エスパー『チルドレン』として活躍する、「レベル7」の強力なエスパーである三人の女子小学生、薫・紫穂・葵は、管理官の皆本光一(みなもとこういち)とともに超能力のかかわる犯罪や事件を解決して行きます。
超能力が当たり前となった世界の中であっても、やはり普通の人間(ノーマル)の脅威として見られてしまうエスパーたち。そんな矛盾の中でもエスパーとして、生きていかなければならない彼女たち。大好きな皆本と一緒に悩みながらも豪快に事件を解決して行くのです。

そして彼女たちの前に立ちふさがり、さらには彼女たちを仲間にしようとするのが、60年前から超一級のエスパーとして生きる兵部京介(ひょうぶきょうすけ)率いるエスパーによる闘争組織「パンドラ」。
「チルドレン」の三人が人類の最大の敵となるという予知された未来を、皆本たちは食い止めることが出来るのか?

『GS美神極楽大作戦』の椎名高志氏が送る超能力ヒロイックアクション。

これを買いはじめたのは半年くらい前ですが、既刊が出てたのを試しに一巻だけ買ってみて、凄く面白くてすぐに他の巻も買ったというパターン。買った切っ掛けは同人誌で面白いのがあったから。みりん観光王国(宮原たつみ氏)の『Meaning of love』ですね。これは良かったです。私は先に同人誌で後から原作ということがよくあります。そういえば、『マリみて』とかもそうだった。
この作品では「ザ・チルドレン」と呼ばれる超能力支援研究所(バベル)所属の特務エスパーとして活躍する三人の少女と、管理官として彼女たちをまとめる役の皆本光一が、一緒になって戦ったり悩んだり笑ったりする、とても楽しい漫画です。ノリ的には『GS美神極楽大作戦』のようなヒイコラな少し情けなめの男が力がある自侭に振る舞う女に散々(そして少し粗っぽく)扱われ、酷い目にあったり振り回される、という形に似てますが、より両者の関係が親密でパワーバランスも取れてる感じです。あと三人いるので、それぞれアプローチやスタンスの種類が違うのもなかなか楽しいです。
あと、敵役だけどかなりオイシイ敵の兵部がまたいい味出してます。はじめ、もっとシリアスなやつかと思ってました。

超能力支援研究所(バベル)関連の女性職員やら女性エスパーたちも魅力的で、そこらへんもイイ。ナオミよりかは、影の首領と呼ばれる蕾見不二子。80越えるはずなんだけど、グラマー美女。さらにキスしまくるキス魔だという。あと局長の部下の柏木朧さんとか。

今回の超能力モモンガ・桃太郎の話の最後で、パンドラ側の強そうなエスパーたち三人が登場してきて、話はさらに進んでいくようですが、どういった結末になるんでしょうね。楽しみです。
今度、『ハヤテのごとく!』がアニメ化されますが、その次はコレ、という可能性も高い気がします。(というか、もう残ってるのがそれくらいしか無い)

ちなみに超能力支援研究所(バベル)は内務省の下部組織らしい。

  
-----------------------------------------------

一昨日あたりから使ってるPCの環境を整えてたりするので、もしかしたら今週一週間は記事が滞るかもしれません。OSのバージョンを昔のに戻さないといけない可能性もあるし、そこらへんで不具合があるかも。それにハードディスクの換装の件もあるし(作業してるとハードディスクが「カショーン、カショーン」っていう、ハードディスクにあるまじき音を出すんですよ。何時止まってもおかしくない気が・・・)。
特に23日には回線の変更があるのでネット環境で何かしらの問題が出る可能性があります。問題が実際に起きて、それが長くなりそうならネットカフェあたりからの書き込みとかしてみます。

-----------------------------------------------
参照サイト
椎名百貨店電網支店(公式)
http://www.ne.jp/asahi/cna100/store/index.htm
webサンデー・絶対可憐チルドレン
http://websunday.net/rensai/set_children.html
レビログ
http://revilog.com/

この記事もどうぞ。
心や未来が解る不思議な力が彼女を追いつめ苦しめる・・・。伊図透『ミツバチのキス』第1巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/965/
ナオミちゃんの秘密を探れ! 椎名高志『絶対可憐チルドレン』第10巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/69/

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[12/05 BobbyMew]
[12/02 Lillian Davis]
[12/02 StephenQuock]
[11/29 Davidloora]
[11/28 Jamesdauri]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]