忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[1309]  [1290]  [1289]  [1288]  [1287]  [1286]  [1285]  [1284]  [1282]  [1281]  [1280
紅kurenai第1巻_片山憲太郎

片山憲太郎『紅 kure-nai』(第1巻)

「揉め事処理屋をやっている紅真九郎(くれないしんくろう)のもとに、柔沢紅香(じゅうさわべにか)がやってきた。彼女が連れてきた小学生くらいの美少女・九鳳院紫(くほういんむらさき)が狙われているから守って欲しい、と言われた真九郎は、それを引き受けることにするが、彼の住む五月雨荘で紫と一緒に住むことになってしまう。大財閥の令嬢の紫は、常識知らずなところを見せるのだが・・・」
集英社-------スーパーダッシュ文庫--------2005年--------619円-------イラスト/山本ヤマト

この前コミック版を読みましたが原作は読んでなかったので、この機会に読むことにしました。一応買ってはあったのですが・・・もう一年以上放置してたことになりますね。
裏社会を相手に表に出てこないような事件を処理する揉め事処理屋をする高校生・紅真九郎と、日本の真の支配者ともいえる九鳳院家の娘・紫の二人の関係を中心にした物語です。シリアス&ダークなストーリーに、萌え所いっぱいの要素を織り込んであります。

話の内容はほぼ漫画版と同じでした。この原作小説を読んでみてはっきりと確認できましたが、この作品は簡単に言うと覚悟を決めてないヘタレが覚悟を決めたヘタレになろうとする話でした。
あと思ったのが、これはオリジナル部分以外は相当に忠実にコミカライズしているのだと解りました(多少アレンジしたり短くしてる部分もありましたが)。しかも原作の雰囲気が非常に上手く出てるわけです。いいコミカライズの例のひとつと言えるでしょう。
最も驚いたのが、この小説が思っていた以上に上手く、面白いことでしょうか。もっとダメな厨二ラノベを思い浮かべてましたから意外でした。確かに突っ込みどころはいろいろありますが、それでも面白く勢いもありガッと読める魅力があります。ふーむ、これは評価を改めないとなー。

  
「紅 ギロチン」「紅 醜悪祭」
この作品、なんとまだ四冊しか出てないのか〜。シリーズ累計100万部って言うから一冊あたり25万部も売れたのか。今度アニメ化する「電波的な彼女」と同一世界もの、アナザーストーリーにあたるらしいけど、あっちも読まないとな。
---------------------------------------------------------

ベルルスコーニ伊首相が誕生日に駆けつけ、離婚騒動の原因となった18歳女性
「紅」とはロリコン繋がりでこのニュースでも。

新作ゲーム紹介:「グローランサー」 PSの名作ゲームがPSPで復活 新ヒロインも登場

ワッショイワッショイ練り歩くのですよ(スロットルフォー)

オリジナル。着色中にダレてしまいgdgdに・・・(クロイチゴ)

  
「グローランサー」「CV 03 巡音ルカ」「いちゃラブ」
---------------------------------------------------------
関連サイト
紅(スーパーダッシュ文庫)
http://dash.shueisha.co.jp/-kurenai/
紅 kure-nai
http://www.samidareso.com/
SOYBEAN(山本ヤマト公式)
http://soybean3.s60.xrea.com/

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%85_(%E5%B0%8F%E8%AA%AC)

この記事もどうぞ。
高校生揉め事処理屋がロリっ娘連れて悪戦苦闘。山本ヤマト&片山憲太郎『紅(kure-nai)』第1巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/297/
ふるえるぞハート! 萌えつきるほどフラット! 紫ちゃんの銭湯シーンあり。山本ヤマト&片山憲太郎『紅(kure-nai)』第2巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/675/
九鳳院家の次男によって真九郎の目の前で紫が連れ去られてしまい・・・。山本ヤマト&片山憲太郎『紅(kure-nai)』第3巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/1275/


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[10/14 ブランド激安市場]
[10/07 psytorrpy]
[10/02 exttorrms]
[10/01 クリスチャンルブタン 財布 コピー]
[09/27 Natalieben]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]