忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[284]  [283]  [282]  [281]  [280]  [279]  [300]  [278]  [267]  [266]  [265
おおきく振りかぶって第10巻ひぐちアサ

ひぐちアサ『おおきく振りかぶって』第10巻

「西浦対崎玉戦。エースの田島の負傷によって変わったシフトだが、西浦メンバーはピッチャーの三橋の負担を減らすためにもコールドで終らせようと果敢に攻める。しかし、モモカンはさらにこの機会を花井をキャプテンとして四番として成長させるために利用しようとし・・・」
講談社-----アフタヌーンKC ----------2008年-------514円

この巻における主人公は間違いなく花井くんでしょう! 田島という超素晴らしい選手が間近にいることで、花井が萎縮してしまっていることは今までも見た通り。自身でもコンプレックスを刺激されるてるのはわかってるみたい。そこで、花井が選手として一回りも二回りも大きくなるために、モモカンは彼にプレッシャーをかけて「自覚」を促してきます。
いやー、崎玉のメンバーたちの内面とかやり取りも面白いものがありましたが、とにかくこの試合は花井くんを活躍させてくれて楽しませてくれました! よかった〜

さて、現在連載の方ですが、今月号が今日出まして、表紙が『おお振り』でした。

月刊アフタヌーン2008年7月号

『月刊アフタヌーン』2008年7月号

表紙・ひぐちアサ「おおきく振りかぶって」
新連載・巻頭カラー・木尾士目「ぢごぷり」
中島守男「吉田家のちすじ」
北道正幸「プ〜ねこ」
新連載・豊田徹也「珈琲時間」
藤島康介「ああっ女神さまっ」
沙村広明「無限の住人」
瀧波ユカリ「臨死!!江古田ちゃん」
木村紺「からん」
幸村誠「ヴィンランド・サガ」
西本英雄「元祖ユルヴァちゃん」
柏原麻実「宙のまにまに」
樹なつみ「ヴァムピール」
新連載・今井哲也「ハックス!」
カラスヤサトシ「愛読者ボイス選手権 超拡大版」
篠房六郎「百舌谷さん逆上する」
植芝理一「謎の彼女X」
秋山はる「オクターヴ」
駒井悠「そんな奴ァいねえ!」
読み切り・市川春子「ヴァイオライト」
新連載・杉基イクラ「もえタイ」
ハグキ「ハトのおよめさん」
高田裕三「リトル・ジャンパー」
田丸浩史「ラブやん」
都留泰作「ナチュン」
魚住青時&小林知恵子「トライアルライド」
そにしけんじ「ザリガニ課長」
浜名海&中島かずき「大江戸ロケット」
くぼたまこと「ファンシーGUYきゃとらん」
吉永龍太「チノミ」
熊倉隆敏「もっけ」
高橋ツトム「爆音列島」
田中ユタカ「ミミア姫」
武田俊也&うたたねひろゆき「セラフィック・フェザー」
あさりよしとお「るくるく」
園田健一「GUNSMITH CATS BURST」
遠藤浩輝「EDEN」
講談社-----2008年-----680円

西浦メンバーは、目標が甲子園優勝でとりあえずまとまりましたが、いやー、花井をプレッシャーで追いつめるやり口といい、この号での責め方といい、モモカンこえー。

この号から新連載で『くじアン』やら『げんしけん』の木尾士目氏が復活。今度は地獄のプリンセスということで、赤ん坊育児漫画っぽいです。20歳前の双子の女の子の片方が産んだばかりの赤ん坊を自宅に連れ帰るところからはじまります。うう、大変そう。しかし、夫はどこだ?
あと傑作『アンダーカレント』の作者・豊田徹也氏の新連載『珈琲時間』もはじまりました。こっちはタイトル通り、コーヒーをめぐる短い話を次々と出してくみたいです。
新人の今井哲也氏による新連載『ハックス!』は高校生とアニメの話?
杉基イクラ氏による新連載はボクシング漫画らしき『もえタイ』。太ってる男の子がボクシングをはじめるみたいですよ。てか、杉基イクラ氏がアフタで連載って吃驚した。
この号では、とにかく『謎の少女X』と『百舌谷さん逆上する』が絶品でした。(百舌谷さんの単行本1巻は6月23日発売予定)
『EDEN』は次号で最終回。それに『セラフィックフェザー』も何気に最終回です。やっと終るのか・・・。あと、『無限の住人』はアニメが結構楽しみだ。

ところで、ちょうど今日、ひぐちアサ氏の昔の作品、『家族のそれから』を読みました。

家族のそれから

ひぐちアサ『家族のそれから』

講談社------アフタヌーンKC-------200

26歳で二人の高校生の子持ちの女性(教師)と職場結婚した男が、結婚してすぐにその奥さんを亡くしてしまい、子供たちとぎこちない距離感の取り方で暮らしていく、というお話。四話150ページくらいで終る話ですが、なかなかイイですよ。今の『おお振り』に通じる人間関係の描き方がすでにこのころから見れます。あと、デビュー作らしき『ゆくところ』という同性愛の少年の話も入ってます。

---------------------------

姉妹パンチラ(6号病棟)

リアル長門(え、があったりなかったり)
あり派。

「ごくせんは不良を讃えるな」 和田秀樹さんがコラムで異論

吉本興業、増収減益 コミック雑誌で赤字2億
それでも本業での利益は500億とはな

ソウルキャリバー4_アシュロット(ナケナシウィズダム)

優雅に大開脚でパンツ丸見えてるFE烈火の人妻ルイーズ(室戸岬ネバーランド)
優雅優雅

田中久仁彦画集発売決定(netonevisions)
2008年11月11日発売予定って、半年後やん。
でも買う予定。今からチェック。

---------------------------
関連サイト
おおきく振りかぶって アニメ公式
http://www.oofuri.com/
ひぐちアサロングインタビュー(CAXの日記)
http://d.hatena.ne.jp/CAX/20070504/higuchiasa

この記事もどうぞ。
一年生しかいない野球部の成長物語。野球漫画の新境地。ひぐちアサ『おおきく振りかぶって』
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/147/
卜部の全部を独り占め! ちょっと舐めるのもOKです! 植芝理一『謎の彼女X』第3巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/118/
講談社から低年齢向け月刊少年誌『月刊少年ライバル』創刊! ライバルがいるから強くなれる!
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/195/
「無限の住人」のアニメ化が発表されましたよ! 『月刊アフタヌーン』2008年5月号
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/170/

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[08/20 Briankaw]
[08/17 FXBrokerHet]
[08/01 hair bundles]
[07/28 adidas superstar blue and white]
[07/24 StanleyDathy]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]