忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[184]  [55]  [54]  [53]  [52]  [346]  [51]  [183]  [77]  [50]  [271
昔の記事を掘り出した。

---------------------------
20060114
一年半もの永き眠りから覚めた人気作の続編『ガウガウわー太2』!

かつて『コミックバンチ』で唯一の癒し系漫画として人気を博していた梅川和実先生の漫画、『ガウガウわー太』ですが、迷走する『バンチ』側の都合により、連載が休止され、一年半以上に渡って続きが出ない状況でした。一時は宙出版の新雑誌創刊に合わせて(もしくは何らかの形で)出るという流れができ、『ガウガウわー太・総集編』のvol.4までが雑誌形式で出され、連載再開も間近と思われていましたが、この総集編の以後ぷっつり音さたの無い状況に戻ってしまいました。
その『ガウわー』が、満を持して今月から『ガウガウわー太2』として、連載再開です! だけど、連載されるのは何故か一迅社の新雑誌『コミックREX』なんですよね。

  

『ガウガウわー太』(梅川和実・2001年~・新潮社からは11巻までが刊行済み)
社動物病院のひとり息子・高校生の社太助は、ひょんなことから動物たちに咬まれると相手の言葉が分かってしまう体質に。そんな彼がはじめて会話を交わすことになったのが、かわいい先輩・舟越みさとの飼い犬・「わー太」だった。そんな彼らが巻き起こす、不思議でリアルな人情コメディ。

『REX』は去年の年末に創刊された新雑誌で、その創刊号には『ガウわー』のあらすじを説明した漫画が載ってましたが、今月発売の第2号からはまさに「連載再開」という感じで漫画本編がはじまっています。『バンチ』で連載中に切られてしまったところは、主人公・太助たちが修学旅行に行ってる最中、しかも本命ヒロイン・みさとを喰う勢いの高得点キャラ・尾田島淳子といっしょに風呂に入ってしまうというイベント中だったのですが、まるで何事もなかったかのように修学旅行の続きからはじまります。やけに前号での解説がしっかりしてると思った・・・。
いろいろ迷走があった後での再開ですので、梅川先生もやる気満々らしく、キャラの描き方がみんな気合い入ってます。






一迅社といえば一賽社とスタジオDNAが合体した会社で名前は新しいですが、ここ最近赤マル急上昇中のところ。『REX』も新進気鋭の漫画家たちを揃えなかなか楽しみな雑誌となっています。ただ、新創刊ということもあってタイトルの弱さがあるため、『ガウわー』は、今後この雑誌の中でも代表作的な作品となることでしょう。

実は私が『ガウわー』をはじめて知ったのは総集編が宙出版で作られた時で、いろいろ苦労があったものの、最終的には全巻揃え、大変大好きな作品のひとつとなりました。いや、ホントにこれは良い作品です。「癒し系」とかはじめに言いましたが、それだけじゃない魅力が満載です。
意外なのはこの作品が『バンチ』で連載されていたこと。『バンチ』のラインナップを見てみると、雑誌の方向性とはちょっと違う作品です。『バンチ』編集部が連載を切ったのは、どこぞのペット業界あたりからの圧力があったから、と邪推してましたが、もしかしたら方向性の違いから、ということだったのかもと自分は思っています。当時はアニメ化の話もあったそうなので、非常に残念なことです。まあ、現在漫画業界では新規参入組のレベルアップの順当な手段として、アニメ化が利用されているようですから、一迅社の『REX』も、初のアニメ作品はこれ、という可能性もありますね。いろいろ期待しています。

しかし、返す返すも宙出版での連載再開が潰れたのが残念。たぶん、総集編のvol.3か4が出た時点で、出る可能性はかなり低くなってたんだろうな~。理由はさっぱり不明。

今気付いたけど、『REX』の次号から大森葵氏の『SOUL GADGET RADIANT』が連載再開されますね。同じ会社の『WARD』からの移動だから、やっぱりこれも普通に途中から?

---------------------------

関連サイト
コミックレックス
http://www.ichijinsha.co.jp/rex/
たけなしのーと
http://takenote.xsrv.jp/
ナギ様ファンクラブ公式HP(アニメ公式)
http://www.nagisama-fc.com/
A-1 Pictures
http://www.a1p.jp/

この記事もどうぞ。
暴走特急・遠藤まい。この勢いは誰にも止められない。梅川和実『ガウガウわー太2』第3巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/66/
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/62/
黒柾志西氏や文倉十氏まで登場。一迅社『百合姫S(ゆりひめエス)』2007年冬 vol.03
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/35/
その記憶を大切にしてここまできたんだ。武梨えり『かんなぎ Crazy Shrine Maidens』第3巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/17/


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[10/14 ブランド激安市場]
[10/07 psytorrpy]
[10/02 exttorrms]
[10/01 クリスチャンルブタン 財布 コピー]
[09/27 Natalieben]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]