忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[794]  [793]  [792]  [791]  [780]  [779]  [778]  [777]  [810]  [772]  [768
理論少女第1巻_つじ要

つじ要『理論少女 (LOGICAL GIRL)』第1巻

「津隠市に転校して来た高校生・若野佑。この街では何事も互いに問題を出題して解き合い勝負を付ける『津隠問答』が行われていた。先輩にハメられてお金を巻き上げられてしまった若野だが、生徒会長の芝いつきが取り戻すため登場する。それは若野が朝に出会った変な少女だったのだ・・・」
講談社-----シリウスKC-----2008年------533円

『少年シリウス』で連載中の謎解き合戦漫画。作者はこれが初単行本となるつじ要氏。
少年・若野くんが転校して来た学校は(というか街が)変なところで、その場にあるものを使って作るクイズみたいな「津隠問答」というのを出しあって、勝負をつけるというのが当たり前になっている世界です。
これはクイズといっていいものなんですが、何事も「論理的」でなければならないわけです。だからその出題もその解も論理的に説明できなければならない。考えれば必ず解けるはずの問題を互いに解き合うわけです。けど、それはその出題に対して論理的に付け入る隙があるのなら、いくらでもつけるわけです。イカサマ有り(ただし論理的な!)。

そういうわけで、少年少女たちが頭を使ってやり合うわけなんですが、転校生の若野くんはまだ慣れないという以上に隙の多い子で、負けてばかり。それを知り合った生徒会長の芝いつきちゃんが助けることになります。いつきちゃんは、前髪パッツンでおさげのメガネ少女の生徒会長という素晴らしい女の子で、しかも頭がよくて口癖が「意味がわからない。もう少し論理的に話しなさい」という非論理的言動が許せないタチのお人。若野くんをはじめ、他のみんなもタジタジです。さらに、ただ横から出て来てパっと解決するというようなものではなく、若野くんにも参加させて問題を解決させることになります。若野くんもなかなか見所があって、カンがよく、物事の本質を見抜いて問答に勝利することになるのです。彼はその勝負のせいで生徒会に入ることになってしまうのですが・・・
この2人のデコボココンビのやりとりと、理論的謎解きのなりゆきが面白いです。『数学ガール』はちょっと難しいところありましたが、こっちはかなり判り易いです。初心者にも安心!

  

-----------------------------------------------

痛車:ガンダムがないのは「萌えないから」 オーナーに聞く人気の秘密
メカにメカの絵描く人間はいないだろ。

ニコニコ動画の明後日はどっち?(前編) - ひろゆき・夏野両氏が互いを業績評価

背景が白いと銀色に糸を引く粘液表現がむつかしいなあ(イニシャルG)

今年は丑年、あのモーモーさんの年ですよ。(室戸岬ネバーランド)
HPではめずらしめの丑ちちー(AskRay)
年頭のお約束(ラッキーアースラボラトリー)
丑⇒ミルクタンク?…安直ですが(低出力JET)

あけましておめでとうございます。(だれだわん)

  

-----------------------------------------------
関連サイト
少年シリウス
http://www.sirius.kodansha.co.jp/
紹介ページ
http://www.sirius.kodansha.co.jp/contents50.html

この記事もどうぞ。
理系最強の萌え! 数学と青春を組み合わせた大人気web小説のコミカライズ。結城浩&日坂水柯『数学ガール』上巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/706/
謎のゲームに巻き込まれ、嘘をつき、相手の金を奪いとることになった正直者と詐欺師の話。甲斐谷忍『LIAR GAME(ライアーゲーム)』第1巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/504/
名前を書くと人が死ぬノートを手に入れた少年が目指すのは・・・。小畑健&大場つぐみ『DEATH NOTE(デスノート)』シリーズ
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/363/
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
4 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[09/24 Sarah Carlson]
[09/22 ブランドコピー]
[09/21 Natalieben]
[09/18 韓国ブランドコピー時計]
[09/17 Sarah Carlson]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]