忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[822]  [1326]  [1419]  [820]  [819]  [818]  [817]  [1211]  [816]  [815]  [814
PumpkinScissorsパンプキンシザーズ第1巻_岩永亮太郎

岩永亮太郎『Pumpkin Scissors(パンプキンシザーズ)』第1巻

「永きにわたるフロスト共和国との戦いが終わり、帝国に平和が訪れてから3年後。戦禍の影響はいまだ消えず、多くの人々が苦しむ中、陸軍情報部第三課、別名『パンプキンシザーズ』に所属するアリス・マルヴィン少尉は、課のもつ『戦災復興』という目的のため、戦場に行ったことのない彼女は日々戦災と戦う意欲に燃えていた。そして、あるダムに巣食う、山賊と化した『灰色の狼』という戦車部隊を排除しようと、意気込んでいた。その時、麓の街で出会ったのは、戦場帰りの傷だらけの大男ランデル・オーランド伍長だったのだ。戦車部隊が化学兵器を使ったことで、ランデルは陸情三課と協力して戦うことになるのだが・・・」
講談社----------KCDX----------2004年---------524円

第1次世界大戦か第2次世界大戦が終わった後みたいな感じの架空の世界を舞台に、陸軍に所属していながら『戦災復興』という平和のための戦いをしている部隊・陸情三課、別名『パンプキンシザーズ』の活躍を描きます。西の「帝国」と東のフロスト共和国が戦ったのですが、この戦争の社会に与えた後遺症は凄まじく、三年たったのにまだ多くの失業者、野盗化した兵士、経済の停滞、社会格差、といった問題が、民衆を苦しめています。そんな圧倒的な問題に果敢にも挑むのが、陸軍情報部の中でも「お祭り部隊」として名目だけの存在と思われていた三課の面々で、特に名門貴族マルヴィン家の令嬢でありながら軍人となったアリスが、純真な熱意と空気を読まない元気さで頑張っていきます。
そんな三課に一人の男が加わることになります。持て余し気味の傷だらけの巨体とのぼーっとした性格の男ランデル・オーランド伍長は、ダムを根城にした山賊化した兵士たちを倒すのに協力したことがきっかけで、三課に入るのです。
しかし、いつもはまったく緊張感もないランデルですが、実は大きな秘密を抱えていました。彼はかつて帝国が秘かに組織した「インヴィジブルナイン」と呼ばれる非人道的実験的部隊のひとつ「901ATT」に所属していたのです。生身の人間が戦車を倒すために接近して大口径の銃を撃つという無茶極まりない戦い方を行う「命を無視された兵士(ゲシュペンスト・イェーガー)」の彼は、腰につけた青白い光のランタンを灯すことで恐るべき力を発揮してしまいます。
そんなランデルは、アリスと共に行動することで、徐々に三課の色に染まっていくのですが・・・

アニメ化もした人気作品ですが、内容の意外なまでの熱さには吃驚しますし、その話の質の高さは読み応えバッチリです。オタク的な要素の押さえ具合や、笑いどころが絶妙で、マニアックな需要だけではなく幅広い層にも楽しめる良さを持つエンターテイメント作品に仕上がっています。そしてなにより、何かを果たそうとする人が何を為すべきか、その決意の根幹を説くメッセージ性にはゾクゾクしますよ。

PumpkinScissorsパンプキンシザーズ第3巻_岩永亮太郎

岩永亮太郎『Pumpkin Scissors(パンプキンシザーズ)』第3巻

講談社----------KCDX----------2005年---------524円

はじめは『マガジンGreat』で連載してたんですが、現在は昇格して『月刊少年マガジン』で連載中。連載当初から注目していましたが、まさかここまでの作品になるとは思いませんでした。3巻あたりから熱い語りや深いテーマがある話が多くなってきてます。3巻からはじまるアリスが舞踏会に参加して、そこがテロに襲われるという話でガクンとシフトした感じがします。もちろんそれ以前のところでも色々語られてはいましたが。そういや2巻と3巻で語られる908の「単眼の火葬兵(アルト・シュミート・イェーガー)」の話なんか、私的にかなりツボで、泣きそうな作品でした。

PumpkinScissorsパンプキンシザーズ第6巻_岩永亮太郎

岩永亮太郎『Pumpkin Scissors(パンプキンシザーズ)』第6巻

講談社----------KCDX----------2006年---------524円

6巻の表紙になってるアリスの上の姉二人、ソリス(豊満なおっぱいの持ち主)とエリス(生意気なおっぱいの持ち主)は大好きなキャラです。あんま登場しないけど。
5巻で登場した隣国ローデリアのセッティエーム姫もいい味出してます。ウェブナー中尉といい、姫といい、マーチスが意外と美味しいとこもってってます。

PumpkinScissorsパンプキンシザーズ第7巻_岩永亮太郎

岩永亮太郎『Pumpkin Scissors(パンプキンシザーズ)』第7巻

講談社----------KCDX----------2007年---------524円

7巻からは装甲甲列車が登場するカルッセル編がはじまります。これもよく練った内容となっていて、諜報戦と閉鎖された街と男女の愛が巧みに組み上げられてひとつの話になっています。さらにランデルとアリスの関係の転換点ともいうべき話なのです。ここで一応物語り全体の折り返し地点についたということなのかな?

PumpkinScissorsパンプキンシザーズ第10巻_岩永亮太郎

岩永亮太郎『Pumpkin Scissors(パンプキンシザーズ)』第10巻

講談社----------KCDX----------2008年---------543円

カルッセル編が9巻で終わったので、今後はランデルの過去と関わる話。ランデル・オーランドという名前が「0番地区(オーランド)」から来てるとは。あと、手紙・送金の話やセッティエーム姫が迷い込んだ時に登場した0番地区の話がこれに繋がってわけです。帝国は帝国で、西方諸国連盟(ネビュロス)の合同会議が迫っていて、それにともなって0番地区でのマフィアごとの対立もキナ臭くなるようでして・・・。これにランデルの「兄弟」たちや、ちょうど訪れたランデル、そしてランデルを追ってきたアリスちゃんが巻き込まれていきます。
この話で、ランデルの出生と彼の根本となっている何かが解ってくるのでしょうか? 901にいたころの話はまだもうちょい先かも?
それにしても、なんか、悪ガキたちの互助組織「タンブルウィード」のメンバーがたまりません。ウルスラかわいいよウルスラ。

ところで、作者の岩永亮太郎氏は、かつて西成岩男というペンネームでエロ漫画描いてました。今は描いてくれないのでしょうかね〜。

リンガリンガ_西成岩男

西成岩男『リンガリンガ』

ヒット出版社-------セラフィンコミックス-------2001年---874円

表紙はこうですが、ヘンテコ設定とお笑いが多めの明るいタイプのエロ漫画です。


  

英語版も出てるのですね。

----------------------------------------------

デーモン小暮、「麻生首相が土足で土俵に!」と激怒→よく見たらスリッパだった→記事削除→謝罪 (痛いニュース)
釣られて記事書いたスポニチはどうすんでしょうね。謝罪するのかな?

大相撲:横審の複数委員が苦言…朝青龍のガッツポーズ
日本の角界はもう外国人を叩きたくてしょうがないのか。それならはじめから入れなければいい。「日本の格闘技」とかいいたいならな。

ミス日本:グランプリは「マクロスFが好き」 アニメファンの17歳素顔
ある意味、無難な作品を挙げてますね。もっと濃いい作品名言ってくれれば、個人的に大喜びでしたが。

美希(順風満帆堂)

苺ましまろ encore(ゴロボッツ)

マーチ(マルチアーノ12姉妹)(しゃるふしゅっつぇ絵電日記)

  

-----------------------------------------------
関連サイト
マガジンGREAT
http://kc.kodansha.co.jp/magazine/index.php/04778
月刊少年マガジン
http://kc.kodansha.co.jp/magazine/index.php/04777
月刊少年マガジンとグレートは編集部が同じなのです。ちなみに週刊少年マガジンはマガジンスペシャルと同じ。
陸情3課広報室-Pumpkin Scissors
http://rikujyo3ka.com/

この記事もどうぞ。
ペンネームの使い分け。少年誌向けと18禁向けで別々の人たち。岩永亮太郎とか若山晴司とか。新
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/688/
アニメ化決定! 姫が下僕の扱い方を大公開。光永康則『怪物王女』第3巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/275/
人型の新兵器・福神に乗る者たちが我を通そうとするままならない戦い。福島聡『機動旅団八福神』シリーズ。第8巻まで
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/764/


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[07/24 StanleyDathy]
[07/23 chaussure adidas pas cher]
[07/21 Ann Weaver]
[08/04 マミヅク]
[04/10 マミヅク]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]