忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[832]  [831]  [830]  [829]  [823]  [821]  [822]  [1326]  [1419]  [820]  [819
「いつも通りの一日」の「変な事件」。

劇場版 空の境界 5 矛盾螺旋

『劇場版 空の境界 5 矛盾螺旋』

「自分の両親を殺し街を彷徨う少年・臙条巴(えんじょうともえ)は、不良たちに襲われたところを両儀式という少女に救われる。行き場のない巴は式に匿うよう言い、あっさり了解した彼女の部屋で過ごすようになった。しかし、巴が恐れていた事件の発覚はいつまで経ってもなかった。巴の住んでいた小川マンションの不可思議な事件を知った式は、巴とともにマンションに行き、そこで繰返される臙条家の殺人の幻を見ることになる。そして式たちに死体が襲いかかり・・・」
原作/奈須きのこ----キャラクター原案/武内崇--------監督/平尾隆之-----アニプレックス------ufotable-----2009年----6604円---112分----声優/坂本真綾、鈴村健一、中田譲治、柿原徹也

奈須きのこ氏の伝奇小説『空の境界』の劇場アニメ化作品の五つ目のDVDが発売されました。
「第五章 矛盾螺旋(むじゅんらせん)」は、時間軸的に1998年の10月後半から11月前半あたりにあたる話で、一章・俯瞰風景の後、六章・忘却録音の前になりますね。
両儀式に関わった能力者たちを操り、何かの企みに式たちを巻き込んだ荒耶宗蓮(あらやそうれん)の作り上げた、魔術的な結界となっているマンションを巡る戦いが描かれます。この話は、今までの倍以上の112分もの長編となっています。実際、原作小説の方でも新書サイズでは上下巻にまたがって、文庫版では中巻がまるまるこの話になっている長めの作品です。

親殺しで式のもとに転がり込む少年・臙条巴、すべての企みの元である魔術師・荒耶宗蓮、蒼崎橙子がイギリスの学院で学んでた頃の知り合いでアグリッパ(15〜16世紀のドイツの魔術師)の末裔だという魔術師・コルネリウス・アルバといったキャラクターたちが登場。式や橙子との凄まじい超常の戦いを繰り広げることになります。またマンションに仕掛けられた魔術的な仕掛けが物語にうまーく作用して、この『空の境界』という作品の中でも重要かつ盛り上がる章となっています。
作画の凄さもそうですが、動きまくるアクションに、超かっこいい魔術戦が見所。いやー、たまりませんわい。

原作とほぼ同じ話の筋ですが、構成が入り組んだものになっていて、これはちょっと原作見てないと混乱しちゃうんじゃないかと思います。私は原作の前半だけは見てましたから解りましたが。
でも、同一行動の掛け合わせや時間軸移動の演出とかはなかなか凝ってました。

しかし、橙子さんが前回のでゾンビ一匹倒せなかったかと思ったら、この話で凄まじい実力者だということが解ってきました。コエー。
そしてこの話での一番の美味しいところは最後のミノムシになった式の可愛さじゃないかと。ちょ、あんた、何を可愛いこと言ってるんですかっ! とニヤつきまくり。もうもう、その仕草がねっ! 最後の最後に痛烈な一撃をいただきました。ありがとうございます。
よーし、原作もこの部分までは読んでおこう。

次の「第六章 忘却録音」は現在上映中です。予告見た限りではなんかこれも面白そうです。「第七章 殺人考察(後)」は2009年春に上映だそうです。DVD化はいつになるんだろ。

  

それにしても、「ロケットペンシル」って、橙子さん、あんた何歳だ。しかも、作中で一番深刻な顔したのがここかよ。
-----------------------------------------------
追記

これ何度か見てて思ったんですが、アクションシーンのあの動きって、『NARUTO』とか『忍空』とかの忍者アクションですね。回転しまくってるし。式の戦い方って、日本刀でやりあうような剣術じゃなくて忍法みたいなんですよね。違和感あるかも。あの2章での父親との訓練はちゃんとしてたのに。魔法戦も良かったけど、アルバをもうちょい活躍させてあげて欲しかったかも。魔法全然使ってないしね。それと、冒頭の空き巣の部分は描写が不自然な感じがしました。
あとこの話の原作での重要なキーワードであったはずの抑止力のことがちょっと中途半端かも。それと魔術師と魔法使いの違いの説明もしてほしかったな。これは鮮花の話と繋がるから次の章でこのシーンとか出してくんないかな。今上映しているの、観に行きたいなぁ。

アルバをやっつけるシーンで橙子さんがなんかJoJoっぽいポーズとってますな。
「赤色」の異名と蒼崎の名前の掛け合わせなら、名前は「紫」になるべきじゃないかと思いましたが、「傷んだ赤色=橙」というのはしっくりこない。色が濁ったということか?

原作だと黒桐の怪我は頭じゃなく脚なんだけど、やっぱりあれで脚が駄目になるから無しになったのかな? しかし、奈須氏は不具者好きだな。

そういや、原作の中で、地下下水道から巴がマンホール開けて侵入するところ、マンホールを「スパナ」でこじあけて入るのですが、アニメだと「バール」を使ってましたね。なんか原作でのスパナでってのはバールとの勘違いなんじゃないかと。

-----------------------------------------------

おおた工業フェア」開催へ−蒲田の町工場描く漫画作家の講演も(羽田経済新聞)
「下町鉄工所奮闘記 ナッちゃん東京編」のたなかじゅん氏も参加。この人のがOKなら『イブニング』でやってる『とろける鉄工所』もOKじゃないか。

  

女子学生の間で「誰が最も若い少年とセックスできるか」ゲームが流行…タイ (痛いニュース)
いったいどうなっているんだ。なんで私が子供のころに流行らない!

総額2億円超!孫社長は不景気でも太っ腹

髪切りたい(室戸岬ネバーランド)

茉莉花さんに給仕されたい。(だれだわん)

  

『428』は奈須きのこ氏が関わってます。

  

『邪視』はエルワージの本。小説ではなく民俗学の本。
根源・アカシックレコード
-----------------------------------------------
関連サイト
劇場版『空の境界』公式サイト
http://www.karanokyoukai.com/
TYPE-MOON(タイプムーン)公式
http://www.typemoon.com/
竹箒
http://www.remus.dti.ne.jp/%7Etakeucto/
竹箒日記
http://www.typemoon.org/bbb/diary/
空の境界 矛盾螺旋DVD発売 「デレた式はまさに直死の威力w」(アキバblog)
http://blog.livedoor.jp/geek/archives/50798777.html
空の境界(講談社)
http://shop.kodansha.jp/bc/books/topics/nasu/
ハインリヒ・コルネリウス・アグリッパ(はてなキーワード)
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%CF%A5%A4%A5%F3%A5%EA%A5%D2%A1%A6%A5%B3%A5%EB%A5%CD%A5%EA%A5%A6%A5%B9%A1%A6%A5%A2%A5%B0%A5%EA%A5%C3%A5%D1

この記事もどうぞ。
奈須きのこの小説を全7章の劇場版アニメにした大作。劇場版『空の境界(からのきょうかい) the Garden of sinners』。三話まで見ました
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/750/
アホなノリと可愛さが相まってえも言われぬ面白さを醸し出してます。武梨えり『TYPE-MOON作品集 TAKE MOON 2(テイクムーン)』
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/437/
故郷で語られる案山子の秘密と子供たちの過去。やまむらはじめ『神様ドォルズ』第3巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/612/
ここは地獄なんかじゃない! 追いつめられた者たちの決意。長谷敏司『円環少女(サークリットガール)』第9巻 公館陥落
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/720/
悪魔憑きと呼ばれる奇病にかかった狂った人々の狂った世界。奈須きのこ『DDD(Decoration Disorder Disconnection.)』第1巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/793/
昏睡から目覚めた式は「直死の魔眼」を手に入れたが・・・。奈須きのこ原作『劇場版 空の境界 第四章 伽藍の洞』
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/754/

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[11/12 UGG靴 カンコク コピー]
[11/05 Andrea Gibson]
[08/04 マミヅク]
[04/10 マミヅク]
[04/10 kb]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]