忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

発売されてからちょっと間があきましたが、これを見ました。

KITE LIBERATOR(カイトリベレイター)vol.01

梅津泰臣監督『KITE LIBERATOR(カイトリベレイター)』vol.01

「夜の東京に出没する殺し屋『死の天使』。それはレストランのウェイトレス・野口百南花(のぐちもなか)が密かに行うもう一つの仕事だった。そんなある日、彼女の父で宇宙飛行士の野口折外(のぐちおるど)が、宇宙での活動中に奇怪な病状を示しはじめる。肉体が変化し、宇宙ステーションの人員たちを殺しはじめたその怪物は、脱出艇とともに地球へとやってきて・・・」
アームス--------2008年---------6090円

梅津泰臣氏が原作・監督・脚本からキャラデザまでこなした梅津作品。
『A KITE(アカイト)』とつながってるお話。砂羽も登場します。少女の殺し屋が犯罪者たちを殺していく、という話と、なぜかSFものが合体してます。主人公の女子高生・もなかが殺し屋なんですが、その父のオルドは宇宙飛行士で、彼が土井という男の開発した特別な食事を食べたことで肉体が変化してしまい、怪物になってしまいます。この宇宙での展開と、地上でのもなかの日常&殺しの展開が交互に進み、強引にこれがクロスしていきます。
PR
『涼宮ハルヒの激闘』
はじめPSPあたりのソフトかと思ったよ。最近の同人ゲームの出来の良さは異常。
『涼宮ハルヒの戸惑』もやってみたいな。

非行グループ「レッドリボン軍」、中高生を暴行で強制加入 会社員(22)ら含むメンバー15人逮捕(痛いニュース)
たぶんメンバーにはオカマやら獣人やら多彩なキャラが。でも鳥山明涙目。

---------------------------
貞本氏のキャラデザは良かったかと思います。

時をかける少女


監督/細田守『時をかける少女』

「女子高生・紺野真琴はある日、ひょんなことから時間を自由に行き来する『タイムリープ(時間跳躍)』する力を手に入れる。能天気な彼女はせこい事に使いまくるも、あることを修正しようとして大変なことになってしまうのだが・・・」
原作/筒井康隆----------角川書店------角川エンタテインメント---2006年----4935円----キャラクターデザイン/貞本義行-----98分

筒井康隆の名作『時をかける少女』(映画は1983年)が現代版(しかもアニメ)となって作り直された作品。もう、筒井作品というか元ネタとか知名度だけ流用して、ほぼ別の話。しかし、この作品は大変素晴らしい傑作アニメとなりました。
2006年01月23日
レース不足のレースアニメ『IGPX』の第1期が終了。「明日へ」向って走ってください
スパゲティのミートソースで市販されている280g入りのやつは二〜三皿分ですが、最近は水を追加して七回分くらいにまでは増やすことが出来るようになりました。

 

この前の放送で終わりかと思われた『IGPX』ですが、どうやら第2期がすぐさま始まる様子。『TVステーション』で最終回マーク付いてたから勘違いしてました。もしかして第1期の最終回という意味でつけられたのか?
話としてもこの1クール分で話が一応区切りが付いたんですが、どうもこのアニメはおかしい。

第1期の最後と思われる第13話「明日へ」でチーム・サトミが優勝してよかったよかった、という感じなんですが、このアニメはどうにも盛り上がりが・・・、という内容でした。はじまった時は当時はじまった中では一番出来がいいかもしれないとか思ってました。しかし、なんというか話の「入りと抜き」というか話の強弱の付け方というか、テンポが変なんですよ。各話ごとの終わり方も後引き止めとしては中途半端なのが多いし、キャラの言動も空回りしてるような。優勝した時もなんか全然感動がないです。
どうも。この前友達の家に行った時、「『ガサラキ』のDVDを見せてくれ」と言って、すげなく断られたマミヅクです。

2006/02/28

それはともかく。
その時はもう一人いた友達の要望により、『舞-乙HiME』の最新話を見ることに。はじめの数話でやめてたので、色々説明を受けてやっと『乙』の方の舞台が未来の話だと理解。どんな未来だ。展開も分からなくなってるのでいまいち話の方は分かりませんでしたが、でも「永遠の17歳」とか、初代とひっかけたネタを出すのはちょっと面白かったです。
そのあと友達が、ついでに初代『舞-HiME』の方の面白いところを見たがったので、17歳ネタの回とか、アリッサが死ぬ回とか、あかねちゃんが酷い目にあう回を見ました。何故か友人たちの間ではあかねちゃんが人気高いんです。
久々に見ましたが初代はほんとに面白いですね。

今まで気付きませんでしたが、玖我なつきが実は強そうでいて実は弱いしあんまり活躍してないことを知りました。友達、馬鹿にしまくりです(酷い)。
この記事は20091101に書きました。

ストレンヂア無刃皇譚DVD

『ストレンヂア 無刃皇譚』

「赤池国で明国出身の超絶技能を持つ集団に追われる少年・仔太郎は、廃寺で襲撃を受けたさい、「名無し」という浪人と出会う。彼に救われた仔太郎は、代価を払って彼を雇い、目指す寺まで連れていってもらうことになる。しかし、特別な儀式のために仔太郎を欲する明の武装集団は追手をかけ・・・」
BONES---------安藤真裕/監督--------出演/名無し:長瀬智也/仔太郎:知念侑李/祥庵:竹中直人/羅狼:山寺宏一/領主:石塚運昇/重郎太:宮野真守/萩姫:坂本真綾/将監:大塚明夫-----2008年-----3990円

ボンズが作った劇場版アニメでアクション時代劇という作品。
あるサイトの人がめちゃ褒めしてたので観てみましたが・・・・うーん、微妙かも。
『狼と香辛料』の第5巻が出ましたね。
で、漫画化とアニメ化が決まったわけですが。

狼と香辛料



こんな感じのホロになりそうです。
キャラデザはしまほっけの黒田和也氏。制作はIMAGINだそうです。監督は高橋丈夫氏。
アニメの公式サイトは8月10日から開設予定とのこと。
http://www.spicy-wolf.com



しかし、電撃の缶詰の電撃徒然草をみると、どうやら支倉氏は、ゲーム廃人のニートだったらしい。(ぇー

BACCANO!_DVD第1巻

『BACCANO!(バッカーノ!)』第1巻

原作/成田良悟-----制作/ブレインズ・ベース-------出演/小野坂昌也、あおきさやか-----監督/大森貴弘----5985円
第1幕「副社長は自身が主役である可能性について語らない」
第2幕「老婦人の不安をよそに大陸横断鉄道は出発する」

禁酒法時代のアメリカを舞台に、不死の肉体を手に入れた男女たちと、それに関わる大勢の個性的なキャラクターたちのはちゃめちゃな物語。
原作は電撃文庫の同名タイトル。作者は成田良悟氏。
これ、原作からしてすさまじく面白いです。
で、アニメ化されたものを見てみたのですが、凄い上手い。演出の妙というか。原作のはじめの方を読んでる人なら、二重丸でオススメできます。
どうも。『タクティカル・ロア』の第3話と第4話を見て、いろいろ不安な気分になってるマミヅクです。

この前の日曜日にやった『エウレカセブン』でOP・EDが変わってましたね。一番はじめのOPEDが良かったけど、それ以降どんどん駄目になってったので悲しかったのですが、今回のオープニングは良かったです。



NIRGILIS(ニルギリス)『sakura』2006年3月1日CD発売

まあ、やっぱりはじめのOPEDが一番でしたけど、これはこれで良しです。
それにしても、オープニングで渦巻銀河をバックにしてタイトルが出る、ってのは前に見たような。テレビの『Zガンダム』だったっけか?


現在、『タクティカルロア』と『Fate/stay night』が同じ時間にやってるので見辛い。まあ、他のチャンネルで違う時間にやってるからずらしてますが。
ちょっと前に友人と話してた時、二人とも原作ゲームをやってなかったので、『Fate』が元々は18禁か全年齢か分からなくて意見が分かれましたが、やはり元は18禁のようです。今までのところではそういった表現はまったく無いみたいですが、深夜放送だし今後はあるのかな?
で、この作品、どうやら魔術師たちが過去の英霊たちを呼び覚まして使役し、「聖杯」を巡って争う、という内容らしい。歴史的人物も出てくるやもしれないと期待してます。
ひとりで作ったアニメといえば新海誠氏の『ほしのこえ』が衝撃的でしたが、新海氏のほかにもそういったことをしてる人がいるみたいです。

ペイルコクーンDVD

吉浦康裕『ペイルコクーン』

「未来において人は巨大構造体の中にひっそりと暮らし、汚染から逃れていきていた。あらゆる過去の風景は消え去り、なにもかもが記録の上でのことでしかない。そんな中、ウラとリコはそうした記録を復元する『記録発掘局』で働いていた。ウラはそうした記録の中の世界に憧憬を抱いていたのだが、ある時不思議と気になる映像と出会い・・・」
エイベックス------2006年-----2940円

この吉浦氏のことはまったく知らなかったのですが、会社の人に教えられて、DVDまで借してもらいました。
二十分ちょっとの作品ですが、その完成度の高さに驚きます。自分的には完成度だけなら、『ほしのこえ』を上回るかと。
『攻殻機動隊 S.A.C. Solid State Society』を見ました。『攻殻機動隊』のアニメシリーズ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』の長編作。
面白い! 今、三回目みてます。

攻殻機動隊 S.A.C. Solid State Society

『攻殻機動隊 S.A.C. Solid State Society(ソリッド・ステイツ・ソサエティ)』

「草薙素子がいなくなってから2年。2034年、公安9課は人員も増やしトグサが指導的役割を担う新体制へと移行していた。そんな中、亡命してきていたシアク共和国の元独裁者の関係者が空港で立てこもり事件を起こす。しかし立てこもり犯は『傀儡廻(くぐつまわし)が来る』と言い残して自殺してしまう。さらに立て続けに起こる工作員の自殺。独裁者の起こそうとした報復バイオテロと消えたウイルス。2万人もの児童誘拐。謎が謎を呼ぶ一連の事件の裏にはSolid State(ソリッド・ステイト)というより大きな謎があるようなのだが・・・」
原作/士郎正宗----監督/神山健治----プロダクションI.G--2006年

私、勘違いしてました。アニメの新シリーズなのかと思ってたんですが、ひとつの長編だったわけです。それも時系列的に、アニメシリーズと漫画原作の全部の後にまわる部分を扱っていて、作品としてもアニメ版を踏まえた上で原作のネタを使いつつオリジナルシナリオを作っています。
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]