忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
吉川景都『わたし、オタリーナですが。』

吉川景都『わたし、オタリーナですが。』

マガジンハウス--------------2008年---------1200円

「片桐くん家に猫がいる」や「子どもと十字架 天正遣欧少年使節」の吉川景都氏がまだ四コマとかメインでやってた頃描いたオタクについてのエッセイ漫画。
各章は「オタリーナの生態編」「恋するオタリーナ編」「オタ休日編」「楽しい同人誌編」「わたしのお仕事編」となっています。
わたし、オタリーナですが。(DMM)
PR
田中圭一『昆虫物語 ピースケの冒険』

田中圭一『昆虫物語 ピースケの冒険』

「静かな森の中。人知れず戦い続ける昆虫たち。オケラのピースケは日本最強を目指し、多くの昆虫たちとの戦いを繰り広げるのだが、いつもなぜか下品なことに・・・」
アスペクト-----------2005年-----------1000円

昔、「週刊少年サンデー」で連載されていた半擬人化昆虫漫画です。作者は田中圭一氏。これはアスペクトから出てるA5サイズの新装版です。


えのきづ『琴浦さん』第1巻

えのきづ『琴浦さん』第1巻

「人の心が読めることで人と上手く付き合えない高校生・琴浦春香。だが、同級生の真鍋義久だけは孤立する彼女に関わろうとするのだった。そんなエロいことばかり考えている真鍋に翻弄されながら、琴浦の世界は変わろうとしていて・・・」
マイクロマガジン社--------マイクロマガジンコミックス--------2010年------800円

アニメでブレイクした「琴浦さん」の第1巻です。作者はえのきづ氏。


サイトウミチ&KAKERU『お気の毒ですが、冒険の書は魔王のモノになりました。』第1巻

サイトウミチ&KAKERU『お気の毒ですが、冒険の書は魔王のモノになりました。』第1巻

「若くして魔界の新王・ヴェルモート13世。しかし、才能溢れ容貌にも恵まれた魔王は自らの満たされない想いを果たすため、メイドのサラを連れただけで地上へと進出する。ロッテンベルク王国の城を陥落させた魔王は、ルナス姫をペットとし、ここを地上征服の拠点とするのだが・・・」
日本文芸社---------NICHIBUN COMICS------2013年--------571円

春ごろに出た単行本ですが、KAKERU氏が原案とのことで、いまさらながら気になって読んでみました。
魔界で何もかも手に入れた魔王が、自ら何かを手に入れるため、地上進出を企み、地上の人びとを圧倒していく悪逆非道の征服漫画。タイトルなげえぇぇぇ。
作画はサイトウミチ氏、原案は「魔法少女プリティ☆ベル」や「天空の扉」のKAKERU(バー・ぴぃちぴっと)氏。「コミックヘヴン」で連載中。


山崎童々&三浦しをん『木暮荘物語』

山崎童々&三浦しをん『木暮荘物語』

「ある日、繭のアパートの部屋にひとりの男がやってきた。それは数年前に音信不通になって別れたと思っていた元彼の並木だった。だが、半年前から繭は伊藤という男と付き合っていて・・・」
祥伝社---------フィールコミックス---------2011年--------933円

映画も公開する「舟を編む」の三浦しおん氏の原作小説を漫画化した作品。作画は山崎童々氏。
成田マナブ&神津しおん『先輩のカノジョ』上巻成田マナブ&神津しおん『先輩のカノジョ』下巻

成田マナブ&神津しおん『先輩のカノジョ』上巻下巻
「会社員の楠瀬順平(くすのせじゅんぺい)は、先輩社員・大槻の部屋で飲み会に参加するが、その時、先輩の彼女・宮坂しほりに紹介される。だが、その夜、雑魚寝する楠瀬が夜中に目が覚めて見たものは、大槻としほりがセックスしている場面だった。しかも、しほりは楠瀬と目があったのにもかかわらず、そのまま行為を続けて・・・」
日本文芸社---------ニチブンコミックス---------2013年--------各620円

成田マナブ氏の新作「先輩のカノジョ」が上下巻になって発売になりました。原作は神津しおん氏。「プレイコミック」での「バブルガム」のコンビですね。
恋は思案の外_花田祐実

花田祐実『恋は思案の外』

「酔うとキス魔になるOLの留美は、久々にいきつけのバーへ行ったのだが、そこには見慣れない青年・浩平が・・・。その場ですぐさまキスしてしまった留美だったが、ここでバイトしている彼のことが気になって、度々店に行くようになるのだが・・・」
祥伝社-------フィールコミックス--------------1999年---------933円

花田祐実氏のちょっと昔の単行本「恋は思案の外(ほか)」です。この前ひさびさに手に入れたので、読んでみました。
1999年か〜。驚くほど作風が一貫してる人ですな(画風はちょっと変化してる)。
多田由美『神様の名前』

多田由美『神様の名前』

「汚い男ガードナーに頼まれて逃げた女房が連れて行った子供を誘拐した二人組。しかし、子供はあっさりと死んでしまう。うろたえる二人は警察に追われながら、子供の母親に会いに行き・・・」
美術出版社-------------2000年--------------1300円

多田由美氏の単行本のひとつ「神様の名前」です。
収録作品は、「神様の名前」「Someday never comes」「庭の木」「アンジー」「テディベア」「ガールフレンズ」「見つめていたい」「tide」の8本です。
ながさわさとる『千一夜におぼれて ジュダールの王冠』

ながさわさとる&オリヴィア・ゲイツ『千一夜におぼれて ジュダールの王冠』

「ニューヨークに住むカルメンは、一年半前、砂漠の国ジュダールのファルーク王子と関係を持っていたが、妊娠したことを秘密にしたまま三ヶ月で別れていた。しかし、突然彼女のアパートメントを訪れたファルークは、怒りを秘めながら自分の娘に会わせろと言い・・・」
ハーレクイン−−−−−−−−−−−−−ハーレクインコミックス-------------2012年--------600円

久々にハーレクインコミックスの記事です。作者がながさわさとる氏なんですが、「マリア様がみてる」の漫画版を描いていた「長沢智」と同一人物かも。どこにも同じ人か書いてないんですよね。でも絵は似てます。
原作はオリヴィア・ゲイツの「The Desert Lord's Baby」。「ジュダールの王冠」シリーズのひとつです。
えすとえむ『うどんの女』

えすとえむ『うどんの女』

「美大の学食で働く35歳の女・村田は、いつも素うどんばかり食べている学生キノが気になっていた。そして、その学生キノもまた学食で働く年上の女性が気になってしょうがない。そんな二人が徐々に知りあっていくのだが・・・」
祥伝社----------フィールコミックス---------------2011年-------648円

闘牛漫画「Golondrina-ゴロンドリーナ」のえすとえむ氏の描く、おばさんと青年の微妙な関係を描く作品。BL系が多い作家さんですが、こういう恋愛モノも凄い。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[08/20 Briankaw]
[08/17 FXBrokerHet]
[08/01 hair bundles]
[07/28 adidas superstar blue and white]
[07/24 StanleyDathy]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]