忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[1184]  [1183]  [1182]  [1181]  [1180]  [1178]  [1177]  [1175]  [1176]  [1174]  [1173
デウスXマキナ第1巻_烏丸渡

烏丸渡『デウス・エクス・マキナ(デウスXマキナ。Deus Ex Machina)』

「かつての大戦で戦闘兵器として活躍した自ら思考する人型の機械クロックワーカー。このクロックワーカーが悪用されることを取り締まる帝国機兵管理局CWAのメンバーであるマキナは、クロックワーカーのデウスとともにクロックワーカーを探して辺境の町バルバラまでやってきた。その町では権力者のメンデスが、地下闘技場でクロックワーカーを使っているというのだが・・・」
アスキー・メディアワークス------電撃コミックス------570円

『コミック電撃大王』で連載中の西部劇的異世界を舞台としたアクション漫画。作者は『マリンアタック』の烏丸渡(からすまわたる)氏。
機械文明は機関車とか初期の車とか、20世紀初頭あたりのレベルなんですが、クロックワーカーという機械人形だけは存在する世界。ちょっと『パンプキンシザーズ』に設定の要素が似てるかも。登場するロボット(どうやらゼンマイ仕掛けらしい)の、クロックワーカーは自分で考えますし、喋ったりも普通にします。そんなクロックワーカーが前の大戦で使われたという過去があるのですが、今は平和な時代で、「ぶっそうなもの」という扱いをされてしまうようなものとなっています。
これを悪用するのを取り締まるのが、帝国機兵管理局(CWA)です。金髪ツインテールで尊大で傲慢で残酷な美少女マキナと、それに付き従うクロックワーカー・デウスは、その一員として、いうことをきかないクロックワーカーを倒す仕事をやらされることになります。どうやらクロックワーカーについて何か思うところのあるマキナは、クロックワーカーを破壊することに執着していて、手段を選ばず倒そうとしていきます。武器はウィンチェスターライフルみたいなレバーアクション方式の銃。

彼女についていくデウスは、かなり人間的で理知的なクロックワーカーで、どうやらなかなか強いみたいです。
そんな彼らにひっついていこうとするのは、はじめの話で知り合った少年ルークです。彼は父母をクロックワーカーに殺され、強くなりたい、自分を変えたい、ということで無理矢理マキナたちについてきてしまいます。そしてことあるごとにマキナのキツい言葉に傷つくことになるのです。

はじめは主人公のマキナが「どこでもすぐ脱ぐ娘」だってことを知って買ったんですが(ぇー)、読んでみたら凄く面白かったです。とにかく、マキナが凄く気になるキャラクターでして、全裸でルーク少年の頭を足で踏みつけた上で抉るようなキツイ台詞を言いまくったり、出された食事をひっくりかえして失礼極まりなかったり、上司に逆らうほどの不遜な態度とかがたまらないです。
いやはや、(態度が)キツめ美少女萌えな人は超買うべきかと。

実は『マリンアタック』は未読だったので、このあと買いにいってきます。

  

そういえば、原作より面白いともいわれる『とある科学の超電磁砲』がアニメ化かもしれないそうです。次号で「重大発表」とあれば、アニメ化フラグでしょう。
---------------------------------------------------------

美女が隣で接待…中国の「美女ネットカフェ」が話題に(痛いニュース)
ちょっと中国行ってきます。

39の新情報が飛び出した! PSP『初音ミク』ステージの模様をレポート!

韓国女優の“遺書”報道で自殺原因再調査
チャン・ジャヨン。韓国版の『花より男子』に出演の女優だそうです。

リクエストを頂いた東方の霊夢(電脳DEカキかた教室)

  
「ベルスタア強盗団」「狼たちの傷心」「ピースメーカー(PEACE MAKER)」。
「バージニアウルフシリーズ」懐かしいな。
---------------------------------------------------------
関連サイト
QUE SERA SERA(ミシディアオオカミorみしでぃあ狼or烏丸渡)
http://www.geocities.co.jp/AnimeComic/9623/
月刊コミック電撃大王
http://daioh.dengeki.com/
デウス・エクス・マキナ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%AD%E3%83%8A
「近年の漫画・ゲームなどでは「機械仕掛けの神」という訳語を字義的に解釈したネーミングがなされることがあるが、本来の意味・用法とは異なる。」とあるけど、まさにこれはその通りで、それは意図してでもあるかと。人間の方が「マキナ(機械)」とは・・・

この記事もどうぞ。
人々を苦しめる戦災に立ち向かう陸情3課の活躍を描く。岩永亮太郎『Pumpkin Scissors(パンプキンシザーズ)』シリーズ、10巻まで
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/818/
巨大列車の上で繰り広げられるスピードアクション。椎葉周『アルティメット・ファクター』第1巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/776/
竹村雪秀の18禁初期作品集。竹村雪秀『ナタリィに銃と花束を。(Guns & roses to natalie)』。レア本です。
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/721/
囚われの雪輝を救いに来た4人。しかし由乃の罠が待ち構えていて・・。えすのサカエ『未来日記』第6巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/378/
「未来日記」の神様もデウスエクスマキナ。そういや、『トリニティ・ブラッド』のキャラの1人もそういう渾名ついてましたね。







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[08/20 Briankaw]
[08/17 FXBrokerHet]
[08/01 hair bundles]
[07/28 adidas superstar blue and white]
[07/24 StanleyDathy]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]