忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[1255]  [1253]  [1303]  [1252]  [1251]  [1250]  [1249]  [1248]  [1247]  [1246]  [1245
川原正敏『海皇紀(かいおうき)』第33巻

川原正敏『海皇紀(かいおうき)』第33巻

「海の一族同士の戦いは、海将ジトの裏切りにより、ギリギリの判断が下され、停戦となった。ファンと海王ソルは、旗艦の上で会談することになる。全員を下船させた上での一対一の話し合いは、ファンの言葉がソルをロナルディアとの同盟をやめさせるかに見えた。しかし、腹心マルキュリは自らここで・・・」
講談社------月マガKC------2007年-------400円

「海皇紀」は、はるか未来、近世か中世くらいまで技術レベルの落ちた地球が舞台らしい世界で、覇をとなえようとする大国ロナルディアに立ち向かう海の一族の将ファン・ガンマ・ビゼンの活躍を描く海洋冒険活劇もので、合計1000万部を売り上げる大作ですが、やっとこさ34巻まで読みました。今回はジーゴ・サナリア編の27巻からまとめて読んだ。
一応、33巻で海の一族内部での対立が終わり、ファンはやっと海の一族を率いてロナルディアと戦うことができるようになって、話はこれから最終段階へと入ります。10年がかりでとうとうここまで来ましたよ。最後の盛り上がりはやはりフォレストととの大海戦となるのでしょうが、ライとの対決とかあるのかも?

33巻ではファンの右腕たるジンが死に、海王ソルの方も腹心マルキュリを失って、痛み分けな感じですが、なんにしても失うものが大き過ぎましたね。和解する展開は読めてましたが、まさかこうくるとは。今後の戦いとかに影響がでなきゃいいのですが。

34巻では海の一族たちの連携でウォルハンの快進撃がとうとうロナルディアの隣国まで及びます。ロナルディアも本腰で動きだすのですが、いまのところまだまだファンやロンたちの方が上手をいっているようです。さらにはなんとファンの母親だという女まで出て来て、まだまだ面白くなっていきそうです。

現在39巻まで出ています。
  

それにしても、キャラクターが多い上にあまり名前呼ばないから冒頭にキャラ紹介をちゃんと入れるとか、久しぶりに出たキャラにはキャプションで名前を入れて欲しいですね。

今回気づきましたが、「海皇紀」って表紙が毎回毎回ファンで、だれが主人公の漫画なのか凄く判り易いです。まあ、船が表紙に入ってることが少ないから海洋ものだとは解りにくいけど。てか、この作者さんは「修羅の門」の時代から表紙の描き方がこーゆー感じでしたね。キャラのみピン見せ。一枚の見せ絵が苦手なのかも。

  
---------------------------------------------------------

ソニー、動画投稿サイトから撤退=「日本版ユーチューブ」、2年で幕
「eyeVio(アイビオ)」というのがあったそうな。知らなかった。・・・・まあ、youtubeとニコ動強過ぎか。

YouTube の 1 日あたりの推定損失額は 165 万ドル(スラッシュドット)

円城寺マキ「ヨルカフェ。」待望のドラマCD化(コミックナタリー)
あれ? 単行本で言ってたのは、ドラマCDだったのか。てっきり実写ドラマ化くらいやるかと思ってました。

大河に短パンはかせてみました(SANDWORKS)

乳リベンジ(油屋)

秋山澪(臥竜岡)

  
「蟹工船」「タクティカルロア」「大航海時代Online ~Cruz del Sur~」
---------------------------------------------------------
関連サイト
月刊少年マガジン
http://kc.kodansha.co.jp/magazine/index.php/04777
海皇紀
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E7%9A%87%E8%A8%98

この記事もどうぞ。
ジュゴンに育てられた少年たちと少女・琉花の出会いが海にまつわる不可思議な物語へと巻き込んでいく。五十嵐大介『海獣の子供』第1巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/188/
子供が子供であることを思い知る。しかし何かしたいというその想い。宇河弘樹『STANDARDBLUE(スタンダードブルー)』
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/1092/
秀逸な海洋SF漫画。山下いくと『DARK WHISPER(ダークウィスパー)』1巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/1014/
戦う者の姿を見よ。傑作架空世界戦記。佐藤大輔『皇国の守護者』シリーズ
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/18/

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[12/18 panitalq]
[12/18 pocscoqk]
[12/17 mercersocr]
[12/17 edirnesu]
[12/17 edirnehz]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]