忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[1570]  [1565]  [1564]  [1563]  [1561]  [1560]  [1558]  [1559]  [1557]  [1556]  [1555
おくさん第1巻_大井昌和

大井昌和『おくさん』第1巻

「とあるマンションに引っ越してきた夫婦。その奥さんである沖田恭子(32歳)は、さっそく隣りの部屋に住む九坂(くさか)家の次女・萌(もえ)と知り合うが、恭子のおっぱいの大きさは小学五年生の萌に衝撃を与えることになるのだった・・・・」
少年画報社-----ヤングキングコミックス-----2009年------533円

「一年生になっちゃったら」などの作者・大井昌和氏による新作「おくさん」の第1巻が発売になりました。「月刊ヤングキング」連載。
爆乳の持ち主で、能天気というか天然な性格の人妻の日常生活を描く作品です。

ある街のマンションへと引っ越して来た、おくさんの沖田恭子とその夫のだーさん(ダーリンだからだーさん)。おくさんは、溢れんばかりの夫のだーさんへの愛と、まさに巨乳ではなく爆乳というに相応しいおっぱいの持ち主。ついでに言うとお尻もおっきくて、お腹の贅肉も多め、というイロイロな意味でのナイスバディな32歳の美人人妻さんです。

彼女は結婚六年目ですが子供は無く、いまでも新婚みたいに夫LOVE♥の状態で、そうした表現がそこらじゅうに出てきます。しかし、彼女の思い溢れる言動は、ときに周りの人たちに奇異に見られてしまったりして笑いを誘います。
マンションの隣人には、九坂家という一家がいて、若葉・萌・きららの三姉妹がちょっとした場面でのおくさんの奇行の目撃者となり、関わってきます。彼女たちは、おくさんがそのおっぱいを揺らしたりするのを見たり、だーさんの見送りで恥ずかしいことしたりしてるのを見たり、着替えがなくて高校時代の制服を着て出てくるのを見たりしてしまいます。
あと、そのお腹のお肉が気になるおくさんが、フィットネスクラブに通おうかということになるのですが、そこの会員であった三輪・小渕・野々宮の人妻三人組がおくさんと友達になります。彼女たちとの会話も、ファミレスで性生活の告白(!)とか、楽しいことになりますよ。

「手首が丸ごと・・・ふわふわだ・・・!」

これ、隣の家の長女・若葉がもののはずみで、おくさんの胸の谷間に手をずっぽし・・・もとい、すっぽり突っ込んでしまった時の発言です。こんなハプニングとか、日常茶飯事ですから!(多分)
なんだかそのふわふわボディと楽しい言動を見ているだけで、こちらの顔がゆるみまくるような、おくさんの朗らかな日常生活を存分に楽しめる良作です。大井氏の軽妙でHな描写と細やかでいて深い描写の合わさった作風も活かされていて、大胆だけど下品さがまったくなく、読後感もとても良いです。
なんといっても、この作品で、おくさんの夫「だーさん」は、一度も顔とか台詞とかが出ない演出がされているのですよ。もう、これは自分がそのだーさんの立場にあると思いやすいようにしてるとしか! 「ああ、そうか。このおくさんは俺の嫁か」と妄想してみるのも一興かと。(要妄想力

10月には「ちいちゃんのおしながき」6巻「ちいちゃんのおしながき繁盛記」1巻が発売されて、「一年生になっちゃったら」の5巻は12月発売予定だそうです。

  
「一年生になっちゃったら 1」「くらしのいずみ」「花と奥たん 1」
---------------------------------------------------------

今日は古本屋で美人さんがいたんですが、スカートの後ろにスリットが結構深くまで入ってて、なんか尻の下の部分か、太ももの一番上あたりなのか、たぷっとした部分が見えるんですよねー。都会は凄いなぁ。

声優の神谷明、「名探偵コナン」毛利小五郎役“解任”
「契約上の問題と、信・義・仁の問題とだけ申し述べたいと存じます」とだけ説明ってなんでしょうね。

はじめの1巻:「黄昏乙女×アムネジア」 美少女幽霊と追う“学校の怪談”
気になってるんだけど、まだ未読。どうしようかなー。

岡田外相、米軍再編計画の見直しを提起 米国務次官補と会談

美貌とバイオレンスのダーティーヒロイン! ゲーム「WET(ウェット)」
70年代シネマのリスペクト、って金髪白.痴美人がギャアギャア悲鳴あげるとか?

押尾被告立件へ 女性死亡本格捜査、処置に違法性の疑い
どう考えてもおかしい対応だったしな。まあ、状況だけだけだから殺人の判決にはならないだろうけど。こいつの家は金持ちらしいから、いい弁護士とかつけるんだろーし。

「ハヤテ」2巻のパッケージは水着のヒナギク!

ピンクおっぱい地獄変(闇に蠢く)
咲とのどっちが・・・・

地下鉄擬人化(AskRay.jp)

お狐様の半脱ぎタイツ(もしゃろぐ)

十六夜アキさんライダースーツ胸元全開(Draw Go(仮))

 
「よつばと! 8」「超弩級少女4946 1」「LOVE SYNTHESIZER!」
DG-10。
どうでもいいことですが、「ヤングキング」と「月刊ヤングキング」って別の雑誌なんですよね。前者は月二回、第2第4月曜発売。雑誌名がまぎらわしいって。
---------------------------------------------------------
関連サイト
大井昌和の報告
http://d.hatena.ne.jp/ooimasakazu/
月刊ヤングキング
http://www.shonengahosha.jp/monthlyyk/index.php
奥さん(32歳・巨乳)観察マンガ 「おくさん」第1巻(アキバblog)
http://blog.livedoor.jp/geek/archives/50886533.html
爆乳人妻によるちょっとエッチなコメディ漫画「おくさん」(newAkiba.com)
http://www.new-akiba.com/archives/2009/09/post_17149.html

この記事もどうぞ。
大井昌和の新連載「おくさん」(のおっぱい)に魅了された。『月刊ヤングキング』2009年2月号
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/766/
性の境界を越えたギャップに萌えるのは日本の文化。そういうのが大好きな豪華作家陣が結集。少年画報社『チェンジH pink』
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/1448/
高2男子が一年生の女子小学生になってしまい・・・。大井昌和『一年生になっちゃったら』1巻から最新4巻まで
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/1376/






PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[10/14 ブランド激安市場]
[10/07 psytorrpy]
[10/02 exttorrms]
[10/01 クリスチャンルブタン 財布 コピー]
[09/27 Natalieben]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]