忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[2021]  [2034]  [2020]  [2019]  [2017]  [2016]  [2015]  [2006]  [2272]  [2005]  [2004
岡崎武士『精霊使い(せいれいつかい) Elementalers(エレメンタラー)』第1巻

岡崎武士『精霊使い(せいれいつかい) Elementalers(エレメンタラー)』第1巻

「地球のあらゆる物質に宿る精霊たちと交感し、その力を使うことができる精霊使いたちは、太古より幾度もの『精剣戦争』を繰返してきた。現代でそれがまたも行われた時、日本は巨大な津波に襲われる。水の精霊使い・支葵(しき)は、精霊使いの能力を強める『増殖者(ディーパ)』の麻美を連れ去るが、麻美を愛する少年・覚羅(かぐら)は彼に抵抗する。しかし、あっさりと切り倒され、瀕死の重傷を負う覚羅は、これによってエーテルの精霊使いとして覚醒するのだった・・・」
講談社--------KCDX---------2007年--------552円

岡崎武士氏がかつて「ニュータイプ」で連載していた作品。1巻の初版は1990年だから、もう20年も前になるのかー。角川書店から出た単行本は全4巻でしたが、2007年に講談社から全三巻で新装版が出ました。
今回まとめて三冊買って読んでみました。



岡崎武士『精霊使い(せいれいつかい) Elementalers(エレメンタラー)』第2巻

岡崎武士『精霊使い(せいれいつかい) Elementalers(エレメンタラー)』第2巻

講談社--------KCDX---------2007年--------552円

剣を持ち、精霊を操り、宝珠と呼ばれる魔法のような力を振るって戦う精霊使いたちの、延々と続く闘争を描いた作品です。
とあることで個人的に印象的な作品でもあるのですが、当時は作品が面白くてしかたなかったですねー。
今読むと作品内でのブレが目立つけど、作画の凄さは今見てもハっとします。


岡崎武士『精霊使い(せいれいつかい) Elementalers(エレメンタラー)』第3巻

岡崎武士『精霊使い(せいれいつかい) Elementalers(エレメンタラー)』第3巻

講談社--------KCDX---------2007年--------552円

これ、真の敵という感じのキャラ・鞘継との戦いの前で終わってしまいます。どうやら、作者の岡崎武士氏が、病気などのため漫画家としての活動を中断したからのようです。もっとも、それ以後もちょくちょくカラーイラストなどの仕事などはなさってたようですが。
作品の方は、実は小説で最後まで書かれたそうです。小説の作家さんは檜村美月氏。三冊でて完結。さらに、この新装版の最後で、描き下ろしが8ページ有り、戦いが終わった後の話を描いています。麻美と水滴の精霊使い・飛沫の会話。

久々に読みましたが、面白かったです。本当に大好きな作品だったから、というのもありますが、今出しても通用するレベルはありますね。
最近の絵柄はさらにシャープに美麗な感じになってますが、昔の絵も好きですよ。

で、なんで急にこれを読んだかと言うと、この前「月刊ヤングマガジン」を買ってみたら、なんとここで岡崎武士氏が新作の連載やってるんですよね!
まさか漫画家としての活動を再開しているとは。
月刊ヤングマガジン2010年6月号

『月刊ヤングマガジン』2010年6月号
講談社--------2010年-------380円

これで「レッツ☆ラグーン」という作品をやってます。すでにもう10話もやってるようなので、単行本も出してくれるんじゃないかと楽しみにしています。

ちなみに、この雑誌でこの号から、「天然あるみにゅーむ」のこむそう氏が「ツナミ!ちゅー意報」という新連載をはじめています。あと、話題になってた「熱いぞ!猫ヶ谷!!」ってここで連載してたのか。結構読む漫画あるなー。

  
「精霊使い(エレメンタラー)〈1〉Quo vadis」「精霊使い DVD」「BASTARD!!—暗黒の破壊神 完全版 02」
そういや、アニメの「精霊使い」があるってのは知ってたけど、見たことないなー。今度見てみよう。
---------------------------------------------------------

YMで「アルティメットガチンコ」高橋の女子高生バトル始動(コミックナタリー)

映画「十三人の刺客」を森秀樹マンガ化。ビッコミ増刊にて(コミックナタリー)

なぜ女は「萌え」を嫌悪するのか…倉田真由美「現実の女性に相手にされず二次に走るオタク達が悪い」(痛いニュース)

2000年代のアニソンを詰め込んだ「ゼロ年代 珠玉のアニメソングスペシャル」が8月に3時間スペシャルとして放送決定(GIGAZINE)

スーパースト4開発陣 「難しいことは気にせずガチャガチャ触って」(まにあっくすZ)

日本映画「隣人13号」がハリウッドでリメイクへ

警察による支配がほぼ完了した首都圏の風俗店事情

NTTと角川子会社、9月にクラウド型サービス開始(新文化)

サプライズ満載の『良子と佳奈のアマガミ カミングスウィート!』公開録音の模様をお届け(ファミ通.com)

モノボケをしようとする澪さん(イニシャルG)

美希(発光ダイオードplus)

御坂(ネコマミレの描きなぐり)

ハートキャッチに余念が無いいつきさん(Digital Flyer)

轟先輩&ぽぷら(趣味を織り交ぜる日記)

  
「彼と彼女の(オタク)2 1」「スーパーストリートファイターIV PS3」「隣人13号 1」
---------------------------------------------------------
関連サイト
hAPOI'S ROOM(はぽい処。岡崎武士)
http://www.h3.dion.ne.jp/~hapoi/
講談社コミック
http://www.kodansha.co.jp/comic/
アニメNewtypeチャンネル公式サイト
http://anime.webnt.jp/

この記事もどうぞ。
懐かしくて手にとった。佐藤秀人(NAS-O)『SEIGI!!(セイギ)』。近未来SF超常アクション。
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/578/
腹腹時計と銀英伝。米村孝一郎氏の読み切りもある。創刊2号『月刊COMICリュウ』2006年12月号
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/950/
可憐な少女と巨漢の精霊課刑事コンビが謎の殺人事件に挑む。大迫純一&米村孝一郎『神曲奏界ポリフォニカ ザ・ブラック(THE BLACK)』第1巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/1370/
ニーナの素晴らしさを十全に表現したコミカライズ作品。深遊&雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス  CHROME SHELLED REGIOS』第1巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/60/



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[08/04 マミヅク]
[04/10 マミヅク]
[04/10 kb]
[03/26 マミヅク]
[03/24 風の谷の名無しさん]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]