忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[571]  [568]  [567]  [566]  [71]  [277]  [276]  [275]  [274]  [472]  [273
どうも会社のやつらは、良いものを作ろうとかそういう気がまったくない、というか、面倒臭がってるようでして、私がせっかく手間をかけて質問しに行っても、微妙に邪険にするんですが、このムカツきをどうすれば?
思いつきでいろいろ始める社長がバカで、バカ息子が営業の中でやりたい放題やってたり、上司が無気力で積極的じゃなく、ひっかぶるハメになった問題を下に押しつけるカスだとか、そこらへんはまあよくあることだしなんとか耐えよう。しかし、最低限、良いものを作ろう良い仕事をしよう、という気持ちだけは欲しかったなぁ。
そんな今日の半日でした。

---------------------------

アニメ放映中の怪物王女の最新刊第5巻が発売になりました。今回の表紙の武器は決闘で使ったレイピアです。

光永康則『怪物王女 Princess Resurrection』第5巻

光永康則『怪物王女 Princess Resurrection』第5巻

「リリアーヌ姫のもとに、かつてのマイナスを帳消しにするほどの情報を携え、あの蠅男がやってきた。彼は姫に、姫の仇たる王族の所在を教えるというのだった。そして姫はヒロたちを連れ、山間部の街へと向かう。そこには謎の女戦士と、かつて姫の血の戦士たちを壊滅させた死霊が放たれ、地獄と化していたのだった・・・」
講談社----シリウスKC----2007年----533円

アニメが放映され、名前が知られ、しっかりと受けたこの作品ですが、これで五冊目。これの効果って『少年シリウス』の売り上げに貢献して出てるのかな?

リリアーヌ一党は、蠅男の情報から山間部の街へ(G県って岐阜県か?)向かい、セブラン王子の血の戦士ミカサの攻撃にあいます。彼女は蠅男によって強化されていました。そして、さらには、街の中に死霊が溢れ、大変なことに。「死霊」は、まあゾンビのことなんですが(てか、この話そのものが、『ドーン・オブ・ザ・デッド』の・・・)、これのせいでリリアーヌは前の血の戦士たちを失ったのです。セブランこそリリアーヌにとって仇であり、この街を脱出した後は買う物裁判を経て、セブランとの決闘ということになりました。この巻は、まさにこのセブランとの決着の巻ともなっています。
また、この死霊で壊滅した街の話で、姫たち王族の正体がはじめて明かされます。(というかヒロがはじめて知る)。
彼ら王族とは、不死鳥の一族だったのです。それ故に彼らは成人して死ねなくなる前に継承者を選び出す必要から兄弟で互いに争っていたのです。不死鳥には、その血を飲むと不老不死になるという話もありますし、これでとうとう話の筋が通ってきました。この5巻はそういう重要な巻なのです。
セブランとの戦いには勝利するリリアーヌ姫ですが、まだ兄のエミールが残っているし、さらに吸血鬼につかまったままの姉がいます(この姉がまた凄いセリフぶっこきますよ)。さてさて、今後、どういう展開となるか非常に楽しみですね!

ところで、私、まだアニメ見てないのですが、どうなんでしょ。いつかまとめてみれればいいなぁ。

あと、この巻の壊滅した街の話の最後で、フランドルの電源スイッチを変質者的な方法でつけたおっさんを殺す時、リリアーヌが銃で狙いますが、この時つぶる目って、逆じゃないの?

もちろん巻末に『地獄に道連れケルベロッテちゃん』も掲載されています。

次号の『少年シリウス』は怪物王女が表紙。電ノコですよ!
次の巻は年末だそうです。

あと、9月28日発売の、白泉社の『ヤングアニマルあいらんど』には光永康則氏も参加するようです。『キミキス』特集号ですが、それに関してなのか、それとも別にやるのか?

   
「怪物王女(1)」「怪物王女 vol. 3 [DVD]」「ノンスケール豪華版~姫 from「怪物王女」」「世界の怪物・神獣事典 (シリーズ・ファンタジー百科)」
-----------------------------------------------
関連サイト
フェニックス(wiki)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9
怪物王女アニメ公式
http://www.tbs.co.jp/anime/kaibutsu/
少年シリウス
http://www.sirius.kodansha.co.jp/
ドーンオブザデッド(allcinema)
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=318590

この記事もどうぞ。
そうだとしても・・・姫を守ると決意する! 光永康則『怪物王女 Princess Resurrection』第6巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/47/
シリウスKCの『怪物王女』の第1巻と『四季使い』の第1巻がとうとう出たのでさっそく購入。<
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/273/
アニメ放映開始! ヒロの下僕生活がとうとうお茶の間に登場。光永康則『怪物王女 Princess Resurrection』第4巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/276/
アニメ化決定! 姫が下僕の扱い方を大公開。光永康則『怪物王女』第3巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/275/
キャラが出そろってきましたよ。まともな女の子は一人もいませんが。『怪物王女』第2巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/274/

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
4 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[09/24 Sarah Carlson]
[09/22 ブランドコピー]
[09/21 Natalieben]
[09/18 韓国ブランドコピー時計]
[09/17 Sarah Carlson]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]