忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[292]  [291]  [290]  [110]  [269]  [335]  [272]  [295]  [325]  [324]  [330
かなり前に書いた記事みつけたので、いまさら掲載。すでに三年がたっていたのか。

---------------------------

シリウスKC発売記念
本日というか昨日、12月22日に講談社の新漫画雑誌『月刊少年シリウス』の単行本シリーズであるシリウスKCが新創刊されました。
第1回目の刊行タイトルは
藤山海里『龍眼--ドラゴンアイ』、旭凛太郎『Double Cross裏切りの十字架』、白井三二朗『DearMonkey 西遊記』、佐々木ミノル『炎天のいろは』、鈴木敦『はりだま退魔塾』、加藤和恵『ロボとうさ吉』、そしていーだ俊嗣&あさのあつこ『テレパシー少女蘭』のそれぞれ1巻です。
なかでも『はりだま』と『蘭』は買いです。『西遊記』『炎天』もなかなか。チラシに『龍眼』が「人気No1」って書いてあったんだけど、そうなの? 自分の好みとはちょいずれてます。
『シリウス』には実力のある漫画家が何人か揃ってて漫画も比較的質が高いように感じますが、なんというかビッグネームが無いのと強力な個性が打ち出されていないのが、今後の生き残りにおいて問題になるかもしれません。全体的に新人や準新人・マイナー作家が多く、新規の読者が「この作家さんがいるから買う」という集客力に欠ける部分があり、新雑誌としては問題かも。ただ、どの作家も新人ばなれした(同人誌で活躍してた人もいる)画力・漫画力の持ち主ですから、今後には期待できるでしょう。
中でも自分が注目してるのは光永康則氏の『怪物王女』、ふる鳥弥生&根本新両氏の『幽霊旅行代理店ソウルメイトツーリスト』ですね。この二つは来月第1巻が出ますから、これは是非おすすめ。
あと、BL系でいくつか描いてたたかなぎ優名氏の『四季使い』もいい漫画です。来月に1巻出ます。これは、ゲーム『式神の城』をおもしろく漫画化した時のコンビ、是空とおる氏をふたたび原作者とした作品で、設定がよく出来てますし、ノリもいい。

さらに『きみはペット』で有名な小川彌生氏の『バロック』、「週刊少年サンデー」で連載していた田中ほさな氏の『乱飛乱外』、『妹選手権』で独自の地位を築いた堂高しげる氏の『もえちり!』、まがりひろあき氏の『魔女っ娘つくねちゃん+』、『ロードス島戦記』の漫画化をしてた越智善彦氏の『海の人』、UGO のいちば仔牛氏の『圏外です』、最近大活躍の雑破業氏と組んで石川マサキ氏が描いた『魔法使いのたまごたち』(この漫画好きだ)と、どれも面白いものばかりです。
『シリウス』にはこういった良質の漫画が揃ってるので、今後も雑誌の大きな柱になってくれることでしょう。しかし、やはりこれだけでは足りないのも事実。今後半年以内にケタ違いのネームバリューのある漫画家を呼び込むことが出きるかどうかが、この雑誌が休刊するかしないかの重要なポイントになるのではないでしょうか。
講談社といえば派生雑誌の多いことが特徴的な会社で、すでにマガジンだけでも週刊、ヤング、月刊、スペシャル、グレート、Z、ワンダー、とありました。この『シリウス』は、ヤンマガ増刊からの派生であった『アッパーズ』が休刊となった後を受けての雑誌だったはず(雑誌名の『シリウス』は、『アッパーズ』で連載していた『妹選手権』で登場したクラブの名称「シリウス」から取ったという説もある)。『ヴィンランドサガ』や『ローズヒップ』のように雑誌間での移動もありうるので、堂高しげる氏が証言しているように、雑誌間での漫画家の闇取引が行われているのであれば、今後、週マガなどからの転向組がてこ入れとしてあるかもしれませんし、マガSPで『スクールランブル』の外伝がやってるように、同時平行型で連載があるかもしれない、という期待はできるものと考えられます。

---------------------------



『月刊少年シリウス』2008年8月号
(最新号)



『月刊少年シリウス』2006年三月号
(アマゾンで出せる一番古いやつ)

---------------------------
関連サイト
少年シリウス
http://www.sirius.kodansha.co.jp/

この記事もどうぞ。
シリウスKCの『怪物王女』の第1巻と『四季使い』の第1巻がとうとう出たのでさっそく購入。女』がオススメ
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/273/
決戦に備え、南の島に訓練しに来たあきらたち。たかなぎ優名&是空とおる『四季使い』第5巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/119/
そうだとしても・・・姫を守ると決意する! 光永康則『怪物王女 Princess Resurrection』第6巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/47/

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[08/20 Briankaw]
[08/17 FXBrokerHet]
[08/01 hair bundles]
[07/28 adidas superstar blue and white]
[07/24 StanleyDathy]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]