忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[363]  [362]  [361]  [359]  [358]  [357]  [354]  [355]  [353]  [352]  [1199
百舌谷さん逆上する第1巻_篠房六郎

篠房六郎『百舌谷さん逆上する』第1巻

「とある小学校に転校してきた女の子、百舌谷小音(もずやこと)。実は彼女は『ツンデレ』という自分の感情が上手く制御できない病気だったのだ。はじめは面白がって構う同級生たちだったが、たまりかねて逆上した百舌谷さんは、何も知らないイジメられっ子・樺島(かばしま)をブチ殴ってしまう。その後、彼女からクラスのみんなの前で言ったことは、自分は皆が嫌いだから構わないでくれという提案だった。多くがそれに従う中、ガキ大将の竜田揚介(たつたようすけ)は相変わらず構ってくるのだが・・・」
講談社------------アフタヌーンコミックス--------2008年-------524円

ツンデレ漫画は数あれど、ここまでツンデレを面白おかしく描いた人はひとりもいないでしょう。『アフタヌーン』で絶賛連載中の『百舌谷さん逆上する』が、とうとう単行本になりました。
『IKKI(イッキ)』で連載していた『ナツノクモ』が打ち切りになってしまい、どうなることかと思っていましたが、『空談師』時代の古巣へと逆戻りして、これまた凄い漫画を描き始めた篠房六郎氏ですが、篠房六郎氏のダークサイドがこれでもかこれでもかと詰め込まれ、鬱とギャグが渾然一体となって極悪に突き抜けた作品になっています。

この作品世界における「ツンデレ」とは、いわゆる世間一般に認知されているような萌え萌えなものではなく、「ヨーゼフ・ツンデレ博士型双極性パーソナリティ障害」というれっきとした病気なのです。
そんな病気になってしまった少女・百舌谷小音(もずやこと)ちゃん。金髪美少女で、ツインテールのツンデレロリと聞けば、もう萌えずにはいられない人も多いでしょうが、この娘はそんじょそこらのツンデレとは大違いです。口の悪さは最悪最低、自分の病気のこともあり、世を拗ねて、諦観・達観した稀に見る扱いにくい女の子です。
その百舌谷さんが転校して入った5年2組での大騒動が描かれるのですが、これがもうたまらないくらい面白い。クラスで一人孤立する百舌谷さんと、その下僕とされたカバ夫こと樺島くん、そして百舌谷さんにちょっかい出してるうちに変なことになってしまう竜田くんが、これでもかというくらいドツキ合いと罵詈雑言の応酬で楽しませてくれます。
はじめは面白がってた竜田くんですが、悪い実兄のそそのかしで、百舌谷さんに告白してデートすることに! もちろんそのデートも只ではすみません。
そして百舌谷さんの下僕として働かされはじめた樺島くんは、徐々に殴られることの意味を(小学生なのに)見い出してきてしまいっ!?
変態ここにアリ! ツンデレここにアリ! 極上のツンデレ学園ラブコメがここにアリ!!
これ読まずしてツンデレを語ることなかれ。(いや、それはやめとk

なんか著者近影とかあとがき漫画とかカバー下漫画とかで、やさぐれた感じというかちょっとイってる感のお姉さん的な描き方されてますが、自分で女性だというのははじめて? ずっと男性だと思ってたけど、『ナツノクモ』の後半あたりではじめて知って吃驚した憶えがあった。
しかし、あとがき漫画とか酷いな。扱いが。ヌルオタク後輩も酷い。

正式病名は『虐殺器官』の伊藤計劃氏が考えたそうです。
----------------------------------------

今月は買う漫画の数がえらいことになるのは分かってましたが、ほんとに酷いことに。今日だけで五冊。「百舌谷さん」「イムリ」「ヴィンランドサガ」「メイド諸君」「ジャバウォッキー」で、まだ三冊読んでないよ。寝たい。



オオツカマヒロ(オタクビーム)氏が表紙を描いてる『新・萌えるヘッドホン読本』(岩井喬)が発売になりましたね。

荒木飛呂彦先生、川端康成「伊豆の踊子」の表紙を手掛ける!
『人間失格』の小畑健に引き続きか。でも、読ませるためにはこういう手もありかな?

SNK(餓狼伝説)_不知火舞(Nakenashi Wisdom)

---------------------------
関連サイト
篠房六郎日記
http://cgi.din.or.jp/~simofusa/cgi-bin/jinny/
(現在更新停止中。mixiの方でコミュ持ってますが、これも最近はあまり更新されなくなりました。ただ、イラストは見れます。)
月刊アフタヌーン
http://www.e-1day.jp/afternoon/news/
ツンデレ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%AC
第弐位相(伊藤計劃公式)
http://d.hatena.ne.jp/Projectitoh/
篠房六郎
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AF%A0%E6%88%BF%E5%85%AD%E9%83%8E
ツンデレは病気 「百舌谷さん逆上する」1巻発売(アキバblog)
http://blog.livedoor.jp/geek/archives/50685613.html

この記事もどうぞ。
「無限の住人」のアニメ化が発表されましたよ! 『月刊アフタヌーン』2008年5月号
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/170/
911後の世界の様相がうまく書かれてるSF。伊藤計劃(いとうけいかく)『虐殺器官』
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/63/
誰もが誰かを救いたがっているのに。篠房六郎『ナツノクモ spinning web』第8巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/104/
シリアスとギャグの緩急が絶妙。篠房六郎『ナツノクモ』シリーズ。見えないものが見えてくるのが素晴らしい。
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/19/


「百舌谷」は「もずたに」じゃなく「もずや」です。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[11/21 Virginia Williams]
[11/12 UGG靴 カンコク コピー]
[11/05 Andrea Gibson]
[08/04 マミヅク]
[04/10 マミヅク]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]