忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[268]  [411]  [410]  [409]  [270]  [400]  [391]  [376]  [387]  [392]  [382
今日はえらい湿度が高くてムシムシしますね~。私は基本的にひどい汗っかきなので、暑くて蒸す日は気持ち悪くてしょうがないです。なので、クーラーのお世話になりっぱなし。しかし、クーラーのせいで暑いのに風邪をひくこと多数。この前など、朝、寝ぼけてクーラーつけてからまた寝たらしく、寒くて起きたり。その時は短時間だったから、風邪はひかなかったけど・・・・。
今年は気をつけよう。

それはともかく。
浜口奈津子氏の新作。短編集タイプじゃなく、一冊が全部通しの連作の恋愛ストーリー。

悪魔より優しい_浜口奈津子

浜口奈津子『悪魔より優しい』

「その声と男としての魅力に惚れ天才テノール歌手タケルのマネージャーとなった佐野小鳥(さのことり)は、タケルの女としての生活もしながら世界中を飛び回る。しかし、タケルの過去の女たちが次々と登場し、とんでもないことにばかりなるのだった・・・」
小学館----プチフラワーコミックス-----2007年-----390円-----印刷/大日本印刷

浜口奈津子氏の描くスピードはかなりのもののようで、けっこうなテンポで単行本が出ますね。
この作品は、天才オペラ歌手(?)の日本人(ハーフ)のタケル(24歳)と、そのタケルのマネージャーにして彼女である小鳥(21歳)が、タケルが過去に関わったヤバい女たち(誘拐ビジネス一家の娘、貧乏時代に結婚した子持ち女、死病にかかった娼婦)が登場し、歌うこと以外のことで散々な目に巻き込まれる、という連作。あ、あとホテルオーナーで、ヤバい仕事をしてるタケルのストーカーの男も登場。いろいろ酷い目にあったりも。

しかし、この作品はいつもよりかはちょっといまいち。たぶん、小鳥の魅力がどこにあるのかよくわからないことや、タケルが天才歌手であることが全体を通して言われているにもかかわらず、その技量そのものが解決のネタになってないからとか、基本が第三者による巻き込まれ型の話だけということとかが原因かも。あと、ラブラブ具合が少し弱いとか。まあ、そこらへんはあまり突っ込まないけど、とりあえず、SIGのP228(もしくはP226?)ではロシアンルーレットは出来ない、ということだけは突っ込んどきます。

この前、浜口奈津子氏の他の作品『獣の年頃』を買いました。

獣の年頃_浜口奈津子

浜口奈津子『獣の年頃(けもののとしごろ)』

「外資系の企業で働く柳瀬あおいは、皆から完璧な女としてみられているデキる女。しかし、彼女には過去に彼氏の弟を『喰った』という過去があった。人生最大の汚点として考えるあおいの前に、その弟・酒匂夕(さこうゆう)が副社長の指導碁の先生として現れ・・・」
小学館----Judy comics----2004年----390円

これは久々に読み直しましたが、ほんとに素敵でした。特に、表題作の「獣の年頃」は、ここ数年の中ではもっとも良かった作品かも。
あ、もちろん、他の三つの短編も非常に質が高く、よい一冊となっていますよ。

   
「バラ色の明日 完全版 6」「わがまま天国」「悪ノ娘 緑のヴィーゲンリート」「愛する人はひとり」
---------------------------------------------------------
関連サイト
judy
http://www.judy.jp/
小学館 コミック -@PetitComic-
http://www.petitcomic.com/

この記事もどうぞ。
若き天然系の未亡人が、訳ありのイケメンが揃うカフェで。円城寺マキ『ヨルカフェ my sweets knights』第1巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/174/
甘~い恋を兄弟としよう! 鮎川未緒『背徳は甘く蝕む』。これって、実はかなりイってます。
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/231/
愛することで淫らになることを自分に許すのなら。鳴神ゆった『不埒な天使 淫らな花』
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/205/



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[08/20 Briankaw]
[08/17 FXBrokerHet]
[08/01 hair bundles]
[07/28 adidas superstar blue and white]
[07/24 StanleyDathy]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]