忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[496]  [494]  [486]  [479]  [478]  [477]  [476]  [474]  [473]  [806]  [462
セラフィック・フェザー01うたたねひろゆき

うたたねひろゆき&森本洋『セラフィック・フェザー(SERAPHIC FEATHER)』第01巻

「植民が進む21世紀の月面。事故死したかつての憧れの人・ケイのために月へとやってきた大見スナオだったが、月では密かに星人と呼ばれる存在の超技術を巡り、陰謀がはじまろうとしていた。そんな時、スナオが出会った少女はかつてのケイにそっくりで・・・」
講談社-----アフタヌーンコミックス-----1994年-----505円

この前完結したSF漫画『セラフィックフェザー』を通しで読んでます。とりあえず8巻まで手に入れたので、そこまで読みましたが、凄い懐かしいですね。1巻は1994年ですよ。『アフタヌーン』で14年がかりの長期連載作品となったわけです。しかも、原作者が途中で代わるという変なこともありました。2巻までは森本洋氏(『ロマンシング サ・ガ』の漫画で原作してる人と同一人物?)、3巻からは武田俊也氏。
異星文明の落としだねを拾った人びとの策謀と戦いを描く作品ですが、うたたねひろゆき氏のエローい絵がたっぷり暴れまくりました。話の方は謎を秘めた設定とスリルある出し抜き合い、そしてなによりド派手な超能力・超戦闘力バトルが満載。

ただ、話の盛り上げ方というかテンポやノリがちょっとズレ気味だったような気がして、実は連載の方は、『アフタヌーン』はずっと買ってたにもかかわらず、途中から読んでなかったりしました。読み直してみてわかりましたが、だいたい6巻くらいから読んでなかったです。うたたねひろゆき氏は一枚絵の魅せ方は異常に上手いのですが(ですから各話の扉絵はいつも楽しみにしてました。ガキには毒なくらい)、アクションや感情を表すような場面となると見づらいという作家さんで、話の方も説明不足が目立ち、雰囲気や思わせぶりが先行しすぎるきらいがあります。でも、通しで読むと判るのですが、話も見せ方もどんどん上手くなっていってて、盛り上がりを楽しみながら読む事ができました。14年という歳月は伊達じゃないわけですよ。
現在、9巻まで出てますが、九月には残りの二冊が同時に発売されるようです。

アティム=マザク。セラフィック・フェザー04うたたねひろゆき ファーン。セラフィック・フェザー03うたたねひろゆき

この話、とにかくアティム=マザクが最高でした。昔はマザクのエロいシーンごとに興奮してたような気がします。(最低です
いや、だって毎回着エロなんですよ。こんなかっこで街中歩くなんて、痴女か?
アペプに恋してる褐色肌の女の子ファーンも乳が凶悪でしたが、マザクにはかなわない。

ヒシカ。セラフィック・フェザー07うたたねひろゆき ケイ。セラフィック・フェザー02うたたねひろゆき

あとヒシカ女史も好きなキャラでした。ヒロインのケイは、ちょっと騒ぎ過ぎの感があって、かわいさがもったいないことになってました。
しかし、1巻の表紙は何度みてもおっぱいに剣で切り込み入れてるのが痛そうです。なんでこんな構図に?

  

『セラフィック・フェザー』のフィギュアがあったような気がしましたが、amazonだと出ないですね。
アティム マザク (ガレージキット)
マザクのでした。他にもあるみたいですが、だいたいマザク。
---------------------------
ギアス漫画(殆ど死んでいる)
ウザ男VS.ウザ子。

夏でありますぅ〜〜。(ふかふか天職)
鉄腕バーディー。アニメの方は1話だけみたけど、古典的なアニメっぽさがあってよかった。

【ネリエル・トゥ・オーデルシュヴァンク/BREACH】
ネリ服は確かに脱げてしかるべき。

オンラインゲーム世界大会:一足先に「金メダル」 日本代表“王者”韓国撃破 ゲットアンプド
今頃ネット上で韓国人たちが「国辱だ」とか言ってるかも。まあ、チーム戦で勝ってるから大丈夫かな。

スタジオジブリが養成所 アニメ制作で国内人材を発掘

まんが甲子園、多治見西が最優秀 2位岡豊、3位高崎東
最近では高校生デビューの作家とかあんまり聞かないですね。昔は少女漫画だと中学生デビューとかあったのに。
全体的に作家のレベルがあがったから、難しいかもね。

先日、マミヅクの住むマンションの上の階の人間がひとり出てったか、もしくは追い出されたようです。家族内での問題だったのか、凄い量の荷物がまとてゴミに出されてました。まあ、他人の迷惑顧みずで自分勝手なチンピラだったので私としてもいなくなってせいせいしました。あー、しかし、あとは残った家族が犬ごといなくなってくれればいいのですが・・・。そういやこのマンション、ペット禁止のはずだけど、なんで飼ってんだろ。大家の関係者か?

---------------------------
関連サイト
e-1day
http://www.e-1day.jp/

この記事もどうぞ
子供と対面する吾郎。その頃ロストマンは? 太田垣康男『MOON LIGHT MILE(ムーンライトマイル)』第16巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/235/
白井黒子がテレポートで大活躍。冬川基&鎌池和馬&灰村キヨタカ『とある科学の超電磁砲(レールガン)』第2巻。
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/310/
侵略の意図を表した宇宙人と巨大な大砲を装備したロボットで戦う。園田健一『砲神エグザクソン(THE CANNON GOD EXAXXION)』シリーズ
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/447/

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[12/18 iridebulm]
[12/18 panitalq]
[12/18 pocscoqk]
[12/17 mercersocr]
[12/17 edirnesu]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]