忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[60]  [61]  [200]  [341]  [59]  [58]  [57]  [56]  [184]  [55]  [54
いやっほう。今日、職場にいたダメ女が辞めましたよ。ばんざーい。なんか、昨日は来てたけど、今日は電話で「辞めます」って言って辞めたらしい。ちょっと、何その辞め方!
人を馬鹿にしたような態度だし、みに・・面白い顔だし、背中に入れ墨あるし、仮病使うし、ソーカだし、顔ピアスだし、年末に辞めたバカともどもほんと辞めてくれてよかった。
と、いうようなことをマミヅクの中の小さなモンスターが言っていました。

---------------------------
そういうわけで、津田雅美氏の新作。

eensy-weensyモンスター第1巻津田雅美


津田雅美『eensy-weensy モンスター(イィンシィ ウィンシィ モンスター)』第1巻

「派手な幼なじみ、竜崎のばら(りゅうざき)と御堂蓮花(みどうれんげ)に囲まれて地味街道をひた走ってきた五月七花(さつきなのは)。平々凡々、温厚なのが取り柄くらいと自分でも思っていた彼女でしたが、高校に入ってからはある男が気になり出す。みんなからちやほやされ王子とさえ呼ばれる常磐葉月(ときわはづき)。七花は、そんな彼が、だいっ嫌い。その薄っぺらい人間性にイライラしまくって心の中では罵詈雑言の数々が湧き出てくるのだった。自分の意外な面を知った七花だが、これはよくないと、抑えるように心がけようと決める。しかし、あることがきっかけで、思わず本人に暴言を吐いてしまうのだった・・・」
白泉社-------花とゆめコミックス-------2007年--------390円



eensy-weensyモンスター第2巻津田雅美


津田雅美『eensy-weensy モンスター(イィンシィ ウィンシィ モンスター)』第2巻

「五月七花を見ていると変な気持ちになってしまう常磐葉月は、ついに自分が彼女に恋していることに気づく。自分の気持ちに愕然とするが、やけに意識してしまうようになり、挙動不審に。それを七花に怒られ、つい告白してしまうのだが・・・」
白泉社-------花とゆめコミックス-------2008年--------390円

『彼氏彼女の事情』で有名な津田雅美氏が出した新作。二巻も買ったので紹介します。


天然系気味の平凡少女が、素直だが王子気取りの勘違い男を嫌いだす。けれど、それは思わぬ方向へ事態を動かすことになる。自分の心の悪意の部分に気付いて、葉月に対して気まずい七花。しかし、そんな七花をすっかり見直してより良い自分を目指して自己改革を行う葉月。そんな2人の互いに分かってないけどすれ違い気味のおもしろラブコメ。

前の『彼氏彼女の事情』が後半グダグダで読まなくなって結末すら知らないのですが、今回のは前半は非常によかったです。津田雅美氏の作品は初期のころから『カレカノ』のはじめの方までが凄い好きで、そこらへんに戻ってほしいのですが、これはかなりいい感じ。ただ、二巻部分はちょっと2人の関係や言動にイライラするところもあり、もったいなかったかな。それにモンスターの役割をもっと明確にしておいた方がよかったかも。

腹の中の毒虫に気付いた七花。そして七花の言葉(暴言)をきっかけにして、自分が独りよがりでワガママで勘違いしまくってたキラキラピエロ王子だと気付く葉月。2人は互いに抱く想いから、徐々に接近していくのです。この2人の心境の変化が、その都度その都度面白く丁寧に描かれてて面白い。

これを読み始めた時は、『カレカノ』が超人の男女を主人公にしたラブコメだったので、今度はそういった超人レベルの人たちの間で生きる平凡な人間を主人公にして、そうした超人たちを平凡視点でコロがすのかな、とか思ったのですが、そうじゃなかった。
まだ確定ではないけど現状を説明すると、互いの違いがありながらも、それがお互いをより良くする・より良い力が働くという状態の2人が、それぞれに真実を勘違いして実際の状況とは逆のことを考えていたりするというのを見ておもしろがる漫画、という感じ。前作もそうでしたが、二面性を突いた表現が上手いです。その場面も、差異が大きいほど面白い。思考潮汐力、とでもいうか、そんな力が2人とその周りに働いて、どんどん何もかもを変えていってしまいます。
うーむ、やっぱり上手いなぁ。なんにせよ楽しませてもらえる学園ラブコメですよ。
なんか、毎号ごとに漫画内でも一ヶ月経ってる、という形で話が進んでいきます。

あと、「eensy weensy(イィンシィ ウィンシィ)」とは「とっても小さい」の意、だとか。

---------------------------------
関連サイト
白泉社オンライン
http://www.hakusensha.co.jp/top.shtml

この記事もどうぞ。
先生と生徒の秘密の結婚ラブコメディ。田中メカ『キスよりも早く』第2巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/4/
催眠術にかかれば碓氷のことが嫌いになる? 藤原ヒロ『会長はメイド様!』第4巻
転校生できましたか、『星は歌う』は。白泉社『花とゆめ』2007年17号。あと『しゃにむ』がIH決着。
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/11/


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[08/20 Briankaw]
[08/17 FXBrokerHet]
[08/01 hair bundles]
[07/28 adidas superstar blue and white]
[07/24 StanleyDathy]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]