忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
屍姫_第23巻_赤人義一

赤人義一『屍姫(しかばねひめ)』第23巻
(完結)
スクウェア・エニックス----------ガンガンコミックス---------2014年---------438円

赤人義一(あかひとよしいち)氏の「屍姫」の最終巻です! 
屍姫 23(DMM)
PR
九二枝&大森藤ノ&ヤスダスズヒト『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』第1巻

九二枝&大森藤ノ&ヤスダスズヒト『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』第1巻

「冒険者のベル・クラネルは、ダンジョンでの素敵な異性との出会いを夢見ていたが、ある日、強力なモンスターに追われ死にかけた所を、美人でトップクラス冒険者のアイズ・ヴァレンシュタインに助けられ一目惚れしてしまう。彼女を想うベルが冒険者として急成長しだしたのはそれからだったが、それにはワケがあって・・・」
スクウェア・エニックス---------ヤングガンガンコミックス-------2013年--------533円

ダンジョンRPG風世界観ファンタジー系のライトノベル「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」のコミカライズです。原作はこれがデビュー作の大森藤ノ氏。作画は「ジャッジメント・オーバーマン〜放課後の結社〜」の九二枝(くにえだ)氏。
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 漫画版 1(DMM)
三部けい『鬼燈の島-ホオズキノシマ-』第1巻

三部けい『鬼燈の島-ホオズキノシマ-』第1巻

「離島・鬼燈島にある施設・鬼燈学園は、問題がある子どもたちを迎え入れていた。そこに新たにやってきたのは、小学四年生の鈴原心(すずはらこころ)とその妹・夢(ゆめ)。わずか数人の生徒と教師だけで運営される廃校を利用した学園は、生徒たちの間で共有されている恐るべき秘密があって、一部の生徒はここから脱出しようと動きだすのだが・・・」
スクウェア・エニックス-----------ヤングガンガンコミックス-------2008年-----------514円

現在「僕だけがいない街」を連載中の三部けい氏が昔描いた作品。「魍魎の揺りかご」の前に描いていたやつです。
学校しかない孤島にやってきた兄妹が、島の恐ろしい秘密に巻き込まれていくサスペンスホラー。
鬼燈の島~ホオズキノシマ~ 1(DMM)
三部けい『魍魎の揺りかご』第1巻

三部けい『魍魎の揺りかご』第1巻

「とある高校で行われたアフリカでの井戸掘りボランティアを行う修学旅行。その帰路は客船での航海だったが、インド洋上で謎の転覆事故を起こす。さらにはその閉じ込められた船内で発生した、謎の凶暴化による殺人の連鎖。逃げ惑う生徒たちは、恐怖の中で必死に生き延びようとするのだが・・・」
スクウェア・エニックス-----------ヤングガンガンコミックス-------2010年-----------514円

現在「僕だけがいない街」を連載中の三部けい氏がその前に描いていた作品。
修学旅行の高校生が船が転覆して・・・って、セウォル号の事故の時まっさきにこれを連想しました。まあ、それで取り上げたってわけじゃないですが。ちなみにアーススターでやってるフェリーが転覆する漫画「HOLY HOLY」は実際に単行本1巻の発売が延期になったそうです。
今回は「鬼燈の島-ホオズキノシマ-」を読んだ流れで読みました。実は連載していた「ヤングガンガン」は途中で買うのやめちゃったので、結末を知らなかったのです。五巻の途中あたりからが読んでない部分でしたが、今回まとめて全部買いました。
魍魎の揺りかご 1(DMM)
村田真哉&いふじシンセン『アラクニド(ARACHNID)』第10巻

村田真哉&いふじシンセン『アラクニド(ARACHNID)』第10巻

「組織の殺し屋の中でも異常な強さを誇るディノポネラ。彼女は集中力を自在に操り、藤井有栖(アリス)と同様に『静止した世界』で動ける能力を持っていた。有栖は彼女の速度とパワーに圧倒され、手も足も出ずに打ちのめされるのだが・・・」
スクウェア・エニックス---------ガンガンコミックスジョーカー-------2014年--------571円

昆虫を模した超絶の技術を持つ殺し屋たちの戦いを描くバトルアクション「アラクニド(ARACHNID)」の最新刊が発売になりました。もう10巻ですよ!
作画はいふじシンセン氏。原作は「ヤングガンガン」でやってた「JACKALS」の村田真哉氏。連載は「月刊ガンガンJOKER」。


谷川ニコ『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』第1巻

谷川ニコ『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』第1巻

「自分が喪女である現実を見ない少女・黒木智子。女子高生になれば自動的にモテると思っていたが、入学して二ヶ月も経っていながら友達はおらず、声をかけるものさえいない日々。こんなはずじゃなかったと苦悩する智子だが・・・」
スクウェア・エニックス------------ガンガンコミックスONLINE--------2012年------476円

勘違いしまくりの喪女女子高生・黒木智子の見たくない感じの高校生ライフを描く人気作品です。作者は谷川ニコ氏。連載は「ガンガンONLINE」。


タカヒロ&田代哲也『アカメが斬る!』第1巻

タカヒロ&田代哲也『アカメが斬る!』第1巻

「帝歴1024年。千年続く巨大な帝国は組織も人も腐敗しつくし、悪のはびこる世の中となってしまっていた。田舎から出てきた少年タツミは、困窮する故郷の村を救うため、帝都へとやってくるのだが、ある事件をきっかけに、反帝国の革命軍が組織した暗殺部隊『ナイトレイド』に入ることになる。タツミは帝国を打倒するため、仲間たちとともに超兵器『帝具』を使い、凄まじい暗闘の中へと身を沈めていく・・・」
スクウェア・エニックス---------ガンガンコミックスJOKER--------2010年----------------581円

原作をみなみそふとのタカヒロ氏、作画を田代哲也氏が担当する、暗殺者たちが活躍するアクションダークファンタジー「アカメが斬る!」をまとめて読みました。今のところ、9巻まで出てますが、全部一気に読んでしまうような面白さです。
連載は「ガンガンJOKER」。


とある魔術の禁書目録漫画版第12巻_近木野中哉

近木野中哉&鎌池和馬&灰村キヨタカ『とある魔術の禁書目録(インデックス)』第12巻

「学園都市ではじまった全学校参加の運動会・大覇星祭。上条当麻もクラスの一員として棒倒しなどで奮闘する。しかし、外来者に開放された学園都市には招かざる客もやってきていて・・・」
スクウェア・エニックス-----------ガンガンコミックス-----------2013年-----------419円

大人気ライトノベル「とある魔術の禁書目録」本編のコミカライズ12巻目です。大覇星祭編ですね。作画は近木野中哉氏。連載は「少年ガンガン」。原作では9巻のところになります。


村田真哉&匣咲いすか『CATERPILLAR(キャタピラー)』第1巻

村田真哉&匣咲いすか『CATERPILLAR(キャタピラー)』第1巻

「昆虫に見立てた殺し屋たちを要する『組織』。そこの『蟲』のひとりとして働く女『芋蟲』稲生美樹。圧倒的な強さを見せる彼女に、襲いかかる同じく蟲の『パラポネラ』。最強の蟲といわれる彼は何者かに雇われ彼女を狙うのだが、それには姉の美香の死とも関わりがあり・・・」
スクウェア・エニックス---------ヤングガンガンコミックス-------2012年--------571円

超絶の殺人技術を持つ昆虫の名を名乗る殺し屋たちの戦いを描く「アラクニド」のスピンアウト作品である「キャタピラー」ですが、この前3巻が出たところで未完のまま終わることになってしまいました。それは作画担当の匣咲いすか氏が、今年の4月にお亡くなりになったため。まだ27歳だったそうです。ご冥福をお祈りします。


カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
6 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]