忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[1123]  [1126]  [1125]  [1124]  [1122]  [1121]  [1120]  [1119]  [1118]  [1117]  [1116
ライトノベルアワード2007チラシ

『ライトノベルアワード2007』というのが行われるようです。角川系の各社、スニーカー文庫、富士見ファンタジア文庫、富士見ミステリー文庫、電撃文庫、ファミ通文庫の、「ライトノベルアワード2007」と書かれた帯のある対象作品の中で、五部門を選ぶというものです。帯についている投票券でどれかの部門の1作品を選ぶことが出来ます。
5つの部門は「ラブコメ」「学園」「アクション」「ミステリー」「ノベライズ」だそうです。

対象作品は次のとおり。

・ラブコメ部門-------『ご愁傷さま二ノ宮くん』『神様ゲーム』『とらドラ!』『まじしゃんず・あかでみい』
・学園部門--------『鋼殻のレギオス』『アンダカの怪造学』『アスラクライン』『学校の階段』
・アクション部門------『レンタルマギカ』『煉獄のエクスード』『とある魔術の禁書目録』『鋼鉄の白兎騎士団』
・ミステリー部門------『マキゾエホリック』『SHI-NO シノ』『断章のグリム』『文学少女と死にたがりの道化』
・ノベライズ部門------『エウレカセブン』『かりん増血記』『ガンパレード・オーケストラ』『モンスターハンター』

ノミネート作品がこのような選択をされたのには、販売促進のためのイベント、という側面があるからじゃないかと。ノベライズ部門以外では、アニメ化された作品がひとつも無く、さらにコミカライズされているものが多い。つまり、さらなるメディアミックスをどれでやるのかを選考するためのレースという感じでしょうか。

自分が選ぶとしたら、こんな感じ。
ラブコメ部門-------『ご愁傷さま二ノ宮くん』(読んだことないけど、漫画化したのがこの前『ドラゴンエイジ』に載ってて面白かったから)
学園部門-------『アスラクライン』(『鋼殻のレギオス』とどっちか迷いますが、「学園」部門という点にこだわってアスラ。レギオスはファンタジー部門というのがあれば一番でしょう。もしくはアクション部門に入ってれば)
アクション部門-------『とある魔術の禁書目録』(これこそ学園部門でいいんじゃないかと思いますが?)
ミステリー部門--------?(どれも読んだことないので。しかし、富士見ミステリー文庫がこれとれないと問題では?)
ノベライス部門--------『かりん増血記』



あと、『とある魔術の禁書目録』の小冊子を貰いました。

とある魔術の禁書目録ノ全テ小冊子

『とある魔術の禁書目録ノ全テ』プレビュー版
ストーリーの概説とキャラ紹介が載ってます。

これの最後に『とある魔』のラジオドラマ化が決定したとあります。ラジオ『電撃大賞』にて放送。土曜か日曜の深夜みたいです。
コミック化やラジオドラマ化までしたんですから、やっぱりアニメ化は目前と考えていい作品かと。

  

-----------------------------------------------
参照サイト
ライトノベルアワード2007
http://www.kadokawa.co.jp/lightnovel-award/
電撃大賞
http://www.mediaworks.co.jp/users_s/dengeki/
http://www.joqr.net/blog/nopan/

この記事もどうぞ
耳つき先輩がかわいく咳してくれますよ。西野かつみ『かのこん』。妖怪たちが集まる学園もの。
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/472/
逆しまの世界がやってくる。藤原祐&椋本夏夜『レジンキャストミルク』第6巻 。ネア先生よろしくお願いします(何が?)
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/1063/
ストイックでサーカスティックでオプティミスティック!『ROOM NO.1301』#6から#8。シーナ&バケッツが大活躍。あと予定通りホテルで大変
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/971/



この記事へのコメント

TBさせていただきました。
あと、無断で申し訳ないのですが、少し引用もさせてもらいました。
不都合があれば修正しますので、そのときはコメントでもしてくださればと思います。
Posted by イーール at 2007年05月07日 02:23

部門ごとの振り分け方が失敗だと思います。
ところで、やはり選ぶ作品は人それぞれですね。イチオシを挙げます。
ラブコメ部門は神様ゲーム。コメディ色強し。
学園部門はアスラクライン。三雲岳斗はランブルフィッシュで学園描きの一人者となったと思われる。ラブコメもあるし。毎度の曖昧哲学もあるし。
アクション部門は甲乙つけがたし。
ミステリー部門はマキゾエホリック。ネタに走ったキャラ設定に捉われない。展開予想不可能。
ノベライズ部門はかりん増血鬼。原作をより引き立てます。

ノベライズ部門は、シリーズ全巻通して読むのならガンパレードシリーズが一番読み応えがあると思いますが…ライトじゃないし、ある種ノベライズを超えているというか。

既に買ってしまっている作品が多くて投票できないのが腹立たしいというか、新規読者狙いの経営戦略が情けないというか。
Posted by みっよっっち at 2007年05月07日 04:23


>イーール さん
とりあえずどうぞどうぞ。

>みっよっっち さん
部門の振り分けが微妙なのは同感。割り切れない作品もあるので、一括でやった方がよかったような・・・(もしかしたら、部門ごとで票がバラけるのを防ぐために強引に設定したのかもしれませんが)。
ノベライズの『ガンパレ』はなかなか評判はいいようですね。販売展開としては成功かもしれないけど、アワードをどう活かすのかはよく分かりませんね。
Posted by 管理人マミヅク at 2007年05月08日 02:08

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[11/21 Virginia Williams]
[11/12 UGG靴 カンコク コピー]
[11/05 Andrea Gibson]
[08/04 マミヅク]
[04/10 マミヅク]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]