忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[1161]  [1160]  [1159]  [1158]  [1157]  [1156]  [1155]  [1154]  [1153]  [1152]  [1151
ハガネの女第1巻_深谷かほる

深谷かほる『ハガネの女』第1巻

「35歳独身の女教師・芳賀稲子(はがいねこ)は、半年の無職を経て、知人の教師の誘いである公立小学校に仮採用される。ここでは四年さくら組に問題があり、今年になってから教師が三人もやめているという。芳賀はこれをなんとかするためやってきたのだが、教室にいたのは先日スーパーでそこらじゅうにツバを吐きかけていた少年・会田優介だった。このクラスにはそれ以外にも問題があるようで・・・」
集英社------クイーンズコミックス------2008年------400円

問題のある学校に赴任した女教師の奮闘記。人のためならいくらでも頑張れる「ハガネの女」と渾名されたこともある芳賀は、問題の解決の糸口をなんとかつかもうと各生徒、各家庭の問題に立ち入っていきます。モンスターペアレントの親や子供の言動を見るとキチガイかと思いますが、えー、という結末に。一応、この一巻で一つの区切りはついてるので、一巻だけでも楽しめます。
とかく、こういった教育ものは読んでてムカつくことがありますが、これもそうでした。漫画としてはなかなかか。

しかし、大人視点から子供を扱った漫画って、子供に甘いですよね〜。これが一番ムカつきます。
この話の中で一番悪い子供も家庭もなんら罰せられないままで終わってしまいます。この無力感というか、爽快感の無さというか、これが辛い。
この個人主義、自意識過大の時代において、現在の学校教育の方法論が間違ってるかと思われます。社会が変わったのなら、制度を変えないと。



鈴木先生第6巻_武富健治

武富健治『鈴木先生』第6巻

双葉社-----アクションコミックス------2008年------819円

先生ものといったら、今一番熱いのはこれでしょうか。
でも、最近の鈴木先生は、ちょっと二枚舌っぽいというか。
学活、ホームルームで生徒たちによって「セックスしやがって!」とつるし上げを喰う鈴木先生。彼がそういうのがイイッ、っていう趣味の人なら詰られながらその場でズボンの中で粗相して、万事OKなんですが、そうはならないんだろうな〜。


  

-----------------------------------------------

ジャンプで連載32年の偉業…漫画家・秋本治に密着した「情熱大陸」完全版 (まにあっくすZ)
身内の子にキモいと言われてしまうようなおっさんですが、漫画はネタ漫画として非常にいい。

さあ4周年! 恒例『アイドルマスター』今年のライブは4つの都市をツアー!!

【衝撃事件の核心】摘発理由は「水着の中に手」 無法地帯「着エロ」にみる児童ポルノの“境界線”
凄いな〜、最近のは。

双葉社、新企画「ゆうびん小説」立上げ

久しぶりのカラー漫画でっす(TANA's BLOG)
『ちょいS』でやってたけど休刊しちゃったので、『天魔』に移籍するそうです。よかったよかった。「およめさまHONEYDAYS」はそのまま二話からはじまるみたい。

シグとエリオの塗ったやつ(詩音のHP)

  
そういや「アイスエイジ」が二期に入りましたね。
-----------------------------------------------
関連サイト
internet YOU
http://you.shueisha.co.jp/
ハガネの女(深谷かほる)(漫画偏愛主義)
http://www.asahi.com/showbiz/column/manga_henai/TKY200809110198.html

この記事もどうぞ。
中学校は問題がいっぱい。悩める鈴木先生の奮闘。武富健治『鈴木先生』
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/255/
恐るべき三つ子たちが巻き起こすゴタゴタ三つコメディー。桜井のりお『みつどもえ』第1巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/835/
りんの想いの前に自分とレイジとの想いの違いはあるか? 私屋カヲル『こどものじかん』第6巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/831/


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[12/18 panitalq]
[12/18 pocscoqk]
[12/17 mercersocr]
[12/17 edirnesu]
[12/17 edirnehz]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]