忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[3552]  [3546]  [3563]  [3545]  [3566]  [3544]  [3542]  [3539]  [3543]  [3562]  [3565
宇河弘樹『猫瞽女(ネコゴゼ)』第1巻

宇河弘樹『猫瞽女(ネコゴゼ)』第1巻

「革命政府によって支配される戦後日本。盲目の三味線弾き『瞽女(ごぜ)』にして女剣士の夜梅(ようめ)は、幼い行者・鶯の連れ合いとなり、復讐のため二本尾っぽの世界革命執行人を探し求めるのだが・・・」
少年画報社---------YKコミックス---------2015年-------575円

「朝霧の巫女」の宇河弘樹氏の新作「猫瞽女(ネコゴゼ)」の第1巻が発売になりました。
連載は「ヤングキングアワーズGH」
猫瞽女-ネコゴゼ- 1(DMM)



今度の新作は、短篇集「おるたな」に収録されている「炎情の猫三味線」に似たノリの作品で、必殺仕事人&任侠モノ&共産圏暗闘&座頭市&ネコミミ、といった感じといえば良いんでしょうか。
盲目で三味線弾きをして放浪の生活をする人たちを「瞽女(ごぜ)」といいますが、そんな瞽女の組織から離れたはぐれ瞽女の夜梅(ようめ)が、実は三味線に仕込み刀を仕込んだ凄腕の盲目の剣士で、行者の少女・鶯の復讐を助けることになります。
ソビエトに支配された戦後みたいな世界観であり、そして、人間がみんなネコミミな異世界でもあります!(尻尾あり)
鶯は家族を殺された復讐をするため、二本尾っぽの世界革命執行人(チェキスト)を探していますが、厳しい世情で人々を食い物にするヤクザ、反共組織、世界革命執行隊などが蠢く中を戦い続けていくことになります。
そしてまた、夜梅の所属していた瞽女たちの組織も、暗殺などを裏の生業とする組織で、彼女らもまた夜梅らに絡んできます。

全体的に任侠・ヤクザ物のノリが強く出てますが、しゃべりがカッコよくて素敵。チャンバラ&ドンパチに多少超常の力も加わって、バトルもいい感じです。それに怪しげな設定も加わって、カッコよさは倍増ですよ! またもワクワクさせてくれる作品になりそうで、今後の展開が楽しみです!

   
「おるたな 宇河弘樹短編集 II 」「春風のスネグラチカ」「月刊YOUNGKING OURs GH(ヤングキングアワ-ズGH) 2015年 05 月号 」「はなれ瞽女おりん」
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

宇河弘樹「猫瞽女」1巻、ソ連に占領された日本舞台に盲目の三味線弾き描く

ゲーム『ラブプラス』のプロデューサーとイラストレーターが揃ってコナミを退社! ラブプラスまじで終了か・・・

「名探偵コナン」不定期連載へ 作者が入院のため

あの花スタッフ新作映画『心が叫びたがってるんだ。』の公開日が9月19日に決定!

リアル来良学園も?「デュラララ!!」10周年&アニメ2期記念しイベント続々

文教堂、「アニメガリミテッドストア渋谷パルコ店」に600人超が行列

「ホワイトデーのお返しちょうだいよ!」と夫(31)の首を絞めた妻(42)逮捕…大阪

ゲームのデータを人質に身代金を要求するマルウェアが発見される

「人殺す練習したかった」=中3逮捕、ヤギ襲撃で侵入-イスラム国影響か・警視庁
川崎の事件もイスラム国の影響なんだから、アニメどうこうでマスゴミはごまかすなよ。

海外「漫画家ってスゲー!」 人気漫画家の作画風景に外国人が感動
これには日本人だって驚くよ。

中国オタク「日本の主人公は日常守りたがり過ぎ」
これは確かにw

 
「ガールズ&パンツァー リボンの武者 1 」「花紡ぎの針 -ジゼルカ画廊-」「W(ダブリュー) -三嶋くろねART WORKS- 限定版」「機動戦士Vガンダム Blu-ray Box I」
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
関連サイト
Catfood.Eater(宇河弘樹)
http://www.boreas.dti.ne.jp/catfood.eater/
日瑠子陛下行幸のようす(宇河弘樹)
http://hiruko.cool.ne.jp/
【蛸グラフ】(宇河弘樹)
http://blog.goo.ne.jp/tacho_g/
宇河弘樹 (HIROKI UGAWA)@ugawa Twitter
https://twitter.com/ugawa
少年画報社 / 月刊YOUNGKING OURS GH
http://www.shonengahosha.jp/monthlyyk/

この記事もどうぞ。
「朝霧の巫女」の外伝や火星トランスセクシャルSFものとか。宇河弘樹『おるたな 宇河弘樹短篇集2』
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/3543/
黄泉軍と現世軍の最終決戦。忠尋の行き着いた結末とは・・・。宇河弘樹『朝霧の巫女 平成稲生物怪録』第9巻(完結)
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/3112/
物語は悲しい運命とともに最後の戦いへ突き進む。宇河弘樹『朝霧の巫女 平成稲生物怪録』第8巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/2883/
二年振りの新刊! 加筆修正多数! ついにスサノオの狙いが明らかに。宇河弘樹『朝霧の巫女 平成稲生物怪録』第6巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/1796/
少女の義母となったのは、死んだ母にあまりにも似た同い年の叔母で・・・。新作百合短篇集。宇河弘樹『二輪乃花』
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/2944/
子供が子供であることを思い知る。しかし何かしたいというその想い。宇河弘樹『STANDARDBLUE(スタンダードブルー)』
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/1092/
トリケラトプスの少年が暴君竜に立ち向かう・・・! 所十三『AL(アル)』全4巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/3469/
人魚な上に極道の娘。そんな娘に助けられたおかげで・・・。木村太彦『瀬戸の花嫁』第1巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/221/
盲目の剣士と未来視の少女の戦い。DOUBLE-S(ダブルエス)&たかしげ宙『死がふたりを分かつまで』シリーズ、第8巻まで
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/802/
サクリファイスと戦闘機がペアとなって戦う。言葉使いの妙。高河ゆん『LOVELESS(ラブレス)』シリーズ
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/1201/




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[12/18 iridebulm]
[12/18 panitalq]
[12/18 pocscoqk]
[12/17 mercersocr]
[12/17 edirnesu]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]