忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[395]  [394]  [390]  [388]  [381]  [379]  [378]  [377]  [374]  [373]  [372
初恋限定。ハツコイリミテッド第3巻_河下水希

河下水希『初恋限定。(はつこいリミテッド)』第3巻

「有原有二(ありはらゆうじ)を想う女子高生・山本岬(やまもとみさき)。決戦となるバレンタインデーはもうすぐ。しかし、せっかく用意した高級チョコレートは、偶然ぶつかった怪しげな男のチョコレートの包みと取り間違われてしまう。渡すか渡さざるべきか悩む岬は気づかないが、それは愉快犯の作った時限爆弾で・・・」
集英社----------ジャンプコミックス--------2008年------390円

『初恋限定。』の第3巻!
山本岬がバレンタインに渡すかどうするかで迷い・決断する話「チョコレートボマーの憂鬱」、千倉名央が美術部のOBと桜の絵を完成させようとする話「コノハナサクヤ」、変な女・演劇部部長の不動宮すみれが、楠田と江ノ本慧の間をかき回す「カッパファイト」、水泳部マネージャーとなった渡瀬めぐるに後輩が勝負を挑んでくる「キラキラ☆プール」が収録。
有原にチョコをあげるかどうか迷う山本岬は、年下の幼馴染み・財津衛からチョコが欲しいと言われてしまいます。しかもそれを聞いていた有原あゆみは、衛がとられてしまうことを心配し、別所小宵と一緒にこれを妨害しようと画策。有二にチョコを渡しうまくいけば邪魔者がいなくなると考えた2人はそのことを岬に告げます。この時の会話で、渡すのはやめようと想っていた岬も、「ドキドキするならそれはもう恋」というあゆみの言葉で考えを変え、告白することにしたのです。夕方五時に呼び出しうまく行くかとおもわれたのですが、あゆみはその岬のチョコの箱が、愉快犯の用意した爆弾の箱だということを知り、待ち合わせ場所へと急ぐことになるのです・・・

今回表紙も大人っぽい顔つきで飾ってる、この漫画で一番のお気に入りの山本岬ですが、このバレンタイン騒動で一応の決着ということになりましたね。意外とあっさりケリがついたような。衛も別所くんもきっぱり振られたわけですが、当の有原だけはよくわかってないという。岬のいい娘っぷりがたくさん見れたし、清々しく(というかチャラになって)彼女の心理的な一区切りをつけられたので、こういう今後を想像させる形でよかったんじゃないでしょうか。なんか、もっとギャグで落とすのかとおもったら、しっかり女の子らしいイイ恋愛話になってましたね。

千倉名央の美術部OBとの話はこの作品の中でも一番オーソドックスな少女漫画系の恋愛話になってました。イケメンで絵が上手くて生き方までかっこいい先輩が登場し、絵を一緒に描くという行為を通じて想いを育み、最後は想い出を残してフェードアウト。なんて王道な! でもとても素敵な話に仕上がってて楽しませてもらいました。

演劇部部長・不動宮すみれは、楠田をカッパ役で劇に登場させたいとスカウトするんですが、楠田も彼女のおっぱいに惑わされてフラフラと。巨乳とメガネとツインテールの3つを持つ中学二年生なんて、私はどこかの神様かと見間違えるところでしたが、実は卒業する先輩たちのために健気に頑張る少女でした。だから、健気に胸の谷間にキュウリ挟んで誘惑したりとかって! ちょ、おま、それはやり過ぎだ!wwwww
ああ、こんなキャラが1話だけなんてもったいない。

水泳部の話「キラキラ★プール」では、マネージャーの渡瀬めぐるのところに新入生で中学時代の後輩だった久間菜の花(きゅうまなのか)が登場。高1なのにスク水幼女というめぐるちゃんとは好対照の女の子登場ですよ。勝手にめぐるをライバル視して勝負を挑んでくるこの後輩と、いやいやながら勝負して、しかも負けてしまうめぐる。なにもかも嫌になってマネージャーすらやめてしまったわけですが、友達との会話の流れから、水泳できない理由でもある胸をもっと見せてみようということに。こうしてはじまった「バストアピールキャンペーン」は、ブラをゆるめ、ボタンを少しはずし、たぷんたぷんぷるるんっとおっぱいを揺らして、道ゆく男たちの注目の的に。しかし、そんな彼女を叱責する菜の花ちゃん。そしてプールへと連れ戻しにきた武居先輩はめぐるに競争しろと言ってくるのですが・・・
うーん、この話もよかった。この手のコンプレックスネタは結構好きなので、作品の中では一番みてて楽しい女の子ですよ。
めぐるちゃんの「私から水泳とったら何が残ると思う?」って質問に、岬と江ノ本のふたりは「胸」って言ってますが、まだメガネがあるじゃないか! 大丈夫! 巨乳でメガネってだけで、通常の三倍は価値がありますよ!

巻末のおまけ漫画「限定少女。」は、通称「はいてない娘」こと安藤そあこちゃんが、美術部でデッサンのモデルをやるハメに。もちろんはいてない状態で、です。今回は作者も書いているように一線を越えてます。
みんなにこんな恥ずかしい自分を見られることに快感を感じて股間を濡らしていたと思われる彼女ですが(この記事には私の想像が入っています)、部員がこぼしたバケツの水でさらにびしょ濡れに。乳首透けと濡れ服のボディラインを披露してくれました。よし、次の巻はもっと凄くだ、ドゥサンダー
(そういや、この女の子の名前が「安藤そあこ」なのは「あそこ」が見えそうな娘だからなのか?)

オムニバス形式を取り入れ、飽きさせない複雑な人間関係を見せるこの作品ですが、残念ながら連載終ってしまったようですね。単行本はもう一冊でるそうです。

---------------------------

“中国・少女レイプ殺人”、「レイプではなく腕立て伏せだった」と中国公安庁発表
この言い訳はすげぇ。頭おかしいだろ。どうやってこれで納得させることが出来ると思ったんだろう?

水着エロフ。(北見サイクル本八幡支店)

七夕に近いのでおりひめさま。 (プラスチックガール)

ピクサーCGアニメ、ジョリー最新作に勝つ 北米興収
長編アニメ最新作「WALL・E/ウォーリー」が人気らしい。

西洋骨董洋菓子店のアニメがスタート
って、もう3日からはじまってんのか。ドラマは最低でしたが、アニメはどうでしょうか。


---------------------------
関連サイト
集英社「週刊少年ジャンプ」公式サイト | ポップ ウェブ ジャンプ
http://jump.shueisha.co.jp/home.html

この記事もどうぞ。
水泳をやめたのは巨乳のせい、というめぐるちゃん登場。河下水希『初恋限定。(ハツコイリミテッド)』第2巻 イロヅキ コミュニケーション
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/238/
いちごを上回るラブコメっぷりの初恋まみれの群像劇。河下水希『初恋限定。(ハツコイリミテッド)』第1巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/103/
オッパイロマンチストが紡ぎだす、明るくHな恋物語。フクダーダ『相思相愛ノート』
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/67/










PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[08/20 Briankaw]
[08/17 FXBrokerHet]
[08/01 hair bundles]
[07/28 adidas superstar blue and white]
[07/24 StanleyDathy]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]