忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[653]  [589]  [588]  [587]  [24]  [586]  [585]  [584]  [577]  [327]  [43
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

結局、『ブリーチ』の残りの巻を二度に分けて全部買いました。

bleachブリーチ21巻_久保帯人

久保帯人『BLEACH(ブリーチ)』第21巻

「朽木ルキア(くちきるきあ)を助けたものの藍染惣右介(あいぜんそうすけ)たち裏切り者は尸魂界(ソウル・ソサエティ)より立ち去った。そして、ひとまず現世へと戻ることにした黒崎一護(くろさきいちご)に対し、ルキアは、私は尸魂界へ残る、と言うのだった・・・」
集英社----ジャンプコミックス------2006年-----390円

尸魂界編がここで終了。藍染たちの陰謀には屈したけど、ルキアは無事、みんなも現世に帰ることに。しかし、ルキアは尸魂界へ残り、一護たちだけが帰る。戻った一護は、尸魂界でもらった「死神代行許可証」を使い、死神としての活動を続ける。だが、そこにルキアはいないのだった・・・みたいな。そんな現世での生活となりますが、ここに、敵にまわった藍染の配下たる破面(アランカル)、そして謎の集団・仮面の軍勢(ヴァイザード)が登場します。
虚(ホロウ)の上位たる大虚(メノス)たちが仮面をはがして強い力を手に入れた(崩玉の力でそうなる)アランカルたちは、現世にきた護廷十三隊の隊長・副隊長クラスでも苦戦するという強さ。さらにヴァイザードたちも尋常じゃない強さを見せつけます。
一護の前にヴァイザードの一員として勧誘しにきた平子真子(ひらこしんじ)は、連載の第一話に顔だけ出てる(扉ページのとこ)人物です。21巻にしてやっとですよ! (てか、私はあの人物はずっとコンの生前の顔だと思ってました)


bleachブリーチ21巻_久保帯人

久保帯人『BLEACH(ブリーチ)』第22巻

集英社----ジャンプコミックス------2006年-----390円

アランカル側も強いやつらばかりですが、その中でも体に番号をつけた中のトップ10が『十刃(エスパーダ)』と呼ばれ(アランカル関連はスペイン語から用語をとってる)、藍染の側近となってます。この22巻の表紙のウルキオラはたぶんその中でも最強クラスか? 30巻までの間で本格的な戦闘はまだない。
この22巻で破面たちに一護たちがやられたので、護廷十三隊から数人が現世へやってきます。日番谷、乱菊、一角、弓親、恋次、そしてルキア。ふふふふ、ここからルキアがやっと活躍ですよ。あのやりとり再びですよ。

bleachブリーチ21巻_久保帯人

久保帯人『BLEACH(ブリーチ)』第24巻

集英社----ジャンプコミックス------2006年-----390円

24巻の表紙は十刃のグリムジョー・ジャガージャック。暴れん坊。一護のライバル的な存在になってくのか? てか、それははじめウルキオラの役目かと思ってたけど。グリムジョーが喧嘩相手なら、ウルキオラが織姫との関係を描かれているので、恋のライバル的な感じか?

bleachブリーチ21巻_久保帯人

久保帯人『BLEACH(ブリーチ)』第27巻

集英社----ジャンプコミックス------2007年-----390円

織姫は、ウルキオラに脅迫されてホロウたちの世界である虚圏(ウェコムンド)へと行くことに。(ここらへんの展開がちょっと不自然な感じはします)
ルキアに嫉妬したり、頑張らなきゃ的な気持ちを抱いたり、力不足から仲間ハズレにされて悲しかったり、と、色々その内面を描かれる場面が多かったのですが、あの一護との別れのシーンとかすごい切ないいい場面です。
この巻で一護と茶渡と雨竜が虚圏に行くので、また現世とはおわかれ。たつきたちをもっと描いてほしかった。千鶴も。
そういやある作家さんが23巻で弓親が虚の匂いがするとか言うシーンのあと、たつきの場面になったんだから、そこらへんたつきに対する伏線かも、とか書いてましたね。うーむ、そんな感じか? 確かに一護の家に一番近いのは小学校が同じたつきだろうし。
いや、まあ、この漫画、どうも矛盾する設定とか伏線があったりするので、そこらへんあまり気にしてもしょうがないかもしれない。伏線の消化されなさとかは結構激しい。思わせぶり、だけどスルー、みたいな。ドン観音寺の話が終わったあとに言ってた、あの映像がみんなを大変なことに巻き込むことになるとは、って話はどうなったんだ。

bleachブリーチ21巻_久保帯人

久保帯人『BLEACH(ブリーチ)』第30巻

集英社----ジャンプコミックス------2007年-----390円

これが最新刊の30巻。
で、虚圏での虚夜宮での戦いは、内容的には実のところ尸魂界編のやり直しみたいな感じ。今度は織姫が助けられる番。ルキアは願った通り活躍してくれてるけど、こんなに強かったのか? と思うほど。ちょっと拍子抜けた。まあ、戦い方もかっこいいし(まるで尸魂界編で活躍できなかった分をここで取り戻すかのように)。あの現世での弱さは義骸のせいだってことか。
しかし、海燕がまた出て来るとは。この調子だと織姫の兄とか、一護の母とかも出てきそうだな。
虚圏編で最も良かった部分は十刃よりも、自分的にボケ田舎臭い破面少女のネルがいい。ネル・トゥ、ドンドチャッカ、ペッシェたち三兄妹。もう、たまらんほど面白い。笑いまくってます。ちんここねる。

まあ、がーっとここまで読んで思ったのは、良い意味でも悪い意味でもジャンプ漫画だなぁ、っと。前に『Q.E.D.』の加藤元浩氏が、漫画のジャンルには「ジャンプ漫画」というものがあるようだと言ってましたが、まさにその枠にはまってます。能力バトルもののキャラクター漫画。でも、そう言うだけでは収まり切らないスケールと深さを持つ作品です。とにかく面白くするためには伏線とか設定とかすら放り出す勢いのある展開。多量のキャラクターを出し過ぎてちょっと各キャラごとを掘り下げることを阻害されてる感じもありますが、出て来るキャラみんなが魅力的というのも凄まじい。

まあ、ともかく、この漫画は無茶苦茶面白かったです。やはり途中で読むのやめたのは気の迷いだった。
30巻の最後ではウルキオラと一護が対面。どうなるのか非常に気になります。ジャンプまた買いはじめようかな、くらいは思った。

ちなみにヴァイザードの中ではひよ里がお気に入り。矢胴丸リサはおさげメガネでセーラー服でエロ好きは狙い過ぎやろ、とか思ったけど、実質的な文句はひとつもない。是非、千鶴と絡ませて出してくれ。

今度やる劇場版アニメが、日番谷隊長がメインなのは、人気があるからみたいですね。人気投票でも不自然な第二位。実は組織票があったので、一護とか、しょうがなくこのような票数になったのかも。


久保帯人で思い出したけど、この前出た『イブニング』最新号で新連載が始まった『よんでますアザゼルさん』の作者の名前が「久保保久」氏っていう変な名前です。

 

---------------------------
今日はレンタルビデオ屋に『ブリーチ』のアニメ借りに行った。それくらい盛り上がってる。まあ、借りたいとこが借りられてて結局借りてないけど。

ある知り合いと買い物にいった時、その人は店員から商品の説明を受けたのですが、何故か聞いたらきいただけで反応が無い、決断しないのですよ。何それ、とか思って、決められないなら他のを見てからにしたら、と言ってなんとかその場を逃れたのですが、あの対応はいただけないなぁ。店員だって暇だから相手してくれてるわけじゃなく、仕事としてやってるわけなんだから、「何も要求しない、決断しない」というのは仕事の邪魔をしてるわけです。「説明受けたんだから買え」っていうわけじゃなく、買う買わないにかかわらず、「どうするのか」というのを自分から表明しないと。明らかに店員さんが反応待ってる状態なんだから。店員さんを待たせ、ただ商品を見てる、何も言わない、なんてのは駄目だと思う。せめて、もう説明はいいですよ(こちらはあとで勝手にやりますよ)、ということぐらい言わないと。(しかも、実はその人はそこで買う気・その日に買う気はまったく無く、どんなもんかと見にいっただけなのでした。)
ということを随分前に思ったのですが、すっかり忘れてたので思い出した今書く。ちなみにその人は私より上位の人なので、その人にこんなことは微塵も言ってない。

---------------------------
関連サイト
ブリーチ(ジャンプ公式)
http://jump.shueisha.co.jp/bleach/index.html
BLEACH WEB EDITION
http://comics-news.shueisha.co.jp/common/bleach/
ブリーチドットコム
http://www.j-bleach.com/
ブリーチ・TVアニメ公式
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/bleach/main_index.html
劇場版BLEACH ザ・ダイヤモンドダスト・リベリオン もう一つの氷輪丸
http://www.bleach-movie.com/index.html
BLEACH(wiki)
http://ja.wikipedia.org/wiki/BLEACH

この記事もどうぞ。
ちびっこ破面のネルが一護の危機に覚醒し、なんと巨乳美女に大変身。久保帯人『BLEACH(ブリーチ)』第33巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/193/
一護とグリムジョーの死闘の行方は・・・。久保帯人『BLEACH(ブリーチ)』第32巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/102/
とうとう一護がウルキオラと激突! 久保帯人『BLEACH(ブリーチ)』第31巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/3/
中学校は問題がいっぱい。悩める鈴木先生の奮闘。武富健治『鈴木先生』
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/255
オレンジ髪の高校生が死神をやることに。大人気作品・久保帯人『BLEACH(ブリーチ)』第1巻~第7巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/569/



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[01/09 raiders game jersey]
[01/06 adidas gazelle noir homme]
[12/29 bob adidas]
[12/25 KeithAvark]
[12/25 kyrie irving wine jersey]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]